マルゴー 代表取締役 齊木智
さいきさとし

齊木智

山梨県生まれA型
職業:マルゴー 代表取締役
趣味:旅行
座右の銘:人生を楽しもう

山梨県立市川高校を卒業しマルゴーに就職しました。しかし、働いてすぐ(7月の夏前)、自分と言う人間に足りないことが沢山あると気が付き、両親に「今の自分では将来が全く見えない。もう一度勉強しなおしたい。学校に行き学問と言う勉強と社会(他社に就職)を見て社会勉強をしたり、人間関係の大変さを経験し、今後に生かしたい」と伝え、バブル真っただ中であったが「子供が勉強したいという事に気が付き、親としてはダメと言えない。本気でやってこい」と1年間マルゴーで働き、その後長野県に約4年、人生の勉強に出ました。その時の「人」の大切さを痛感し、友人知人、縦横の人間関係、雇われる人間の気持ちや組織を知り、「仕事は一人ではできない」「一人では生きていけない」「人が居て、自分が居て、物作りができる」と感じました。しかし、若輩者なので経験しわかっても活かせたのは、10~15年以上経ってやっと、心と行動が伴い、その気持ちを素直に表現できるようになり多くの「人と繋がり」少しづつ形になり、まだまだ発展途上中ですが結果にも繋がり始めてきたように感じます。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

幼稚園、小学校高学年までは、授業がおわれば会社に帰り、両親はじめ、祖母、叔父や叔母などが働いておりその姿も格好良く、興味を持ち、花火が大好きで打上がった花火を見ては「凄いな~」「俺の作った花火で多くの人を喜ばせたい」と単純に思っていた事が、この仕事についた経緯です。

現在の仕事への想い

我々の花火は一人では作れません。社員が一丸となって思いを込め1つ1つ手作りします。花火大会は花火屋の努力では開催できなく、主催者皆様はじめ、スポンサー様、協賛者様、有料観覧チケット購入者様、ボランティアスタッフ、警備関係者、音響業者、各資材や部材設置業者・・・多くの方々の支援、協力、努力で成り立っております。「物を作る前に人を作る」を今後も拘りを持って、努力精進して行きたいと思います。今後も社員を筆頭に、関わって頂くすべての「人」との繋がり、関係を大切にし皆様が喜び、感動し、心に残る花火を作り続けたいと思います。

あなたにとって覚悟とは

2018年11月1日に社長に就任しました。その時、「社員(パートさん含む)ファースト」「社員を守る」と言う覚悟しました。社員を守れると、会社も家族も守れ、お客様も守れて行き、全てが上手くいくと思う。社員との信頼や絆が強まり、お客様との信頼、絆も強まり、凄く良い人間関係や繋がりが生まれてきたと感じてます。

カッコイイ大人とは?

動揺せず、和やか、穏やかに凛としている多くを語らない人を惹きつけたり、人に尊敬されるような人です。見えないところで人を尽くせる人、私の父親のような方をカッコいいと思います。若い頃には反抗したりなどたくさんありましたが大人になればなるほど父親の口から自慢話や人にしてあげたことを一言も聞いたことがありません。私が大人になっていくにつれ、さまざまな人から「お父さんにはお世話になった」「助けてもらった」などをたくさん聞くようになり、その時にカッコイイな!と思いましたし父親のような存在になりたいなと思いました。いつかは父親を超える男になりたいなと今は思っています。

今後の展望

社員一丸となって、技術・伝統を守り、日本全国または世界各地で打上げ、花火を通して、絆や信頼関係が生まれ、世界中を笑顔一杯の平和にしていきたいと思います。挑戦を忘れず、同業他社、様々な業種とコラボレーション・タイアップして共存共栄し、みんなで幸せになって、発展・繁栄を目指して行きたい。

若者へのメッセージ

自分自身がまだまだの人間なので大きな事は言えませんが、自分自身にも良く言い聞かせている事です。「失敗を恐れず行動」し常に「挑戦」して欲しいと思います。失敗は諦めてしまうので「失敗」ですが、上手くいくまでやり続けるとその失敗は上手く為の「情報」「糧」「経験」になると思います。上手くいかなかった情報をたくさん集めることが「上手くいくための近道」になるかもしれないと思います。そして現状に満足せず「挑戦」する気持ちを忘れず、現状に留まらず「行動」にうつして欲しいと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

華道家 前野博紀

華道家
前野博紀

独立総合研究所社長・作家 青山繁晴

独立総合研究所社長・作家
青山繁晴

北京五輪・女子バドミントン日本代表 小椋久美子

北京五輪・女子バドミントン日本代表
小椋久美子

お気に入り

ジョギングシューズ

楽しく仕事し、食べ・飲み(お酒大好き)する為には、健康が第一です、その為にはスポーツをし、体を動かし、汗を流し、ストレスなども発散しております。出張にも持参し、年間120~140回(平均5~6KM)走ったり、ウォーキングしています。

iPad

様々な事を検索したり、画像や映像を取り、資料を保存したり、公私ともになくてはならない大切な物です。