ThickOne 経営者 稲垣太一
いながきたいち

稲垣太一

愛知県生まれA型
職業:ThickOne 経営者
趣味:旅行、ファッション、料理
座右の銘:唯足るを知る

帝京大学文学部卒業。新卒でホテルに入社、フロント勤務を3年経験、
退職後投資会社に入社し3年勤務、リーマンショックで会社が倒産の危機にあい
転職し総合ビルメン会社に就職。2018.5月に会社設立。
ビルメンコンサルティングとして活動、YouTube『ビルメンITチャンネル』開設。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

日本のビルメンテナンスや、衛生管理という分野において世界で一番優れていると思い、可能性を感じ起業いたしました。ただそこを担っているのは、現場の作業員の方々です。現場の作業員がどうすればもっと働きやすくなるかというのを考えた時に、コンサルタントとして様々な会社に行き、働く環境を高めていきたいと思っています。もともと日本人は文化や風習として、清掃などをマニュアルなくやっていたのですが、それが海外は当たり前ではないのです。「綺麗」に対するマインドが日本人は世界でもトップレベルに高いので、教育も含めてマニュアル化すれば、世界中に発信できると思っています。「物を大切に使いましょう」「物を綺麗に使いましょう」などの考え方は物心ついた時からずっと成り立っているので、そういった教育がビルメンテナンスを通して世界に発信できるんじゃないかなと思っています。

現在の仕事への想い

大切にしていることは「固定概念」を持たないことです。私のコンサルタントは、基本的に「変わったことを本人が自覚しない」というコンサルタントをしています。それは何故かというと、変化をするっていうのはストレスを感じてしまうからです。今までの固定概念もありますし、今まで言われたこと、やってきたことが否定されてえいると捉える人もいます。決して今までかけた時間は無駄ではありませんし、尊重されるものであります。だからこそ、それをプラスアルファで助けたいなって思いコンサルタントをしております。ストレスを感じないように、知らない間に仕事が楽になってるなと感じていただいて早く帰れるようになったとか、お客さんとコミュニケーションを取れるようになったと言ってもらえるのがありがたい瞬間と感じます。

あなたにとって覚悟とは

衛生管理や、清掃というのは、正直誰もがやりたくない仕事だと思っています。ただそれをやるとお客様からも感謝されますしその感謝を受けた従業員はめちゃくちゃいい顔になります。その中でもサービスをしている、現場の作業員の方の冷遇さも感じたこともありますし、社会的地位も当然感じるのですが従業員たちは、毎日働いて「ありがとうね」と言われることの方が価値が高いと感じています。そのような人たちがもっと多く笑顔になれるように、働きやすくするようにと、覚悟を持って仕事しています。

カッコイイ大人とは?

自分が何をやりたいのか、どう生きたいのかということを考えそれに対して、真摯に向き合い、正直に生きる、ごまかさない。そしてそれを周りに言える人が、かっこいい大人だと思います。隠さない、ごまかさない、やりたいことをやることは相当な覚悟がいるし、努力がいると思います。そのためには仕事だけじゃなくて、いろんなことに対して寝る間も惜しんでそれに向き合うこと。できない理由を探すんじゃなくて、絶えず向き合いながら考えて生きる人が、かっこいい大人だなと思います。

今後の展望

今、ビルメンテナンス業界は転換期を迎えています。それはビルの使い方が変わるからです。この転換期に、変わりたいと思っている会社様に対しては全力でサポートしたいと思ってます。今後は意識を共有する人と一緒に仕事がしたいなと考えていてそういう人たちと仕事をしていると、自分自身も高まるし楽しく仕事ができるからです。会社を大きくしたいとか、全員を救いたいとか、業界を変えたいとかというよりかは、自分の身の回りの分相応に仕事をしていきたいと思っています。また、個人の展望としては46歳でセミリタイアして世界中を見て回りたいです。

若者へのメッセージ

今までの働き方とは、全く違う働き方になっています。自分がどう生きたいのか、どう仕事をしたいのか。一つの会社でずっとやるのも自由ですし、様々な仕事をすることも自由です。今までの固定概念いとらわれずに、生き方を考えて、努力して、成長してほしいなと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

香川県 知事 浜田恵造

香川県 知事
浜田恵造

フリーアナウンサー 中村江里子

フリーアナウンサー
中村江里子

お笑いタレント 間寛平

お笑いタレント
間寛平

お気に入り

これも日本の伝統工芸である印伝で作られたもの。しかも海外向けにデザインされたものです。いつも心の中心には日本を思いながら、日本と海外との垣根をつくらず仕事をして行きたいという思いで使っています。

名刺入れ

日本の伝統工芸である印伝で作られたもの。鹿皮に漆で描かれている模様は輪繋ぎである。つまり人と人との縁を繋ぐという意味。出会った人との縁を大切にしたいという願いを名刺入れに込めました。