ティーエスシー 代表取締役 久保寺治
くぼてらおさむ

久保寺治

岐阜県生まれAB型
職業:ティーエスシー 代表取締役
趣味:船釣り
座右の銘:最高の時はこれから来る!

法政大学工学部在学中に、ソフトウェアの魅力に惹かれ、大学を中退し中堅ソフトウェア会社に入社、平成3年29歳で独立系ソフトウェア会社設立メンバとして有限会社ティーエスシー創業。10年間技術職リーダーとして様々なシステム開発に携わり、平成12年3月に株式会社ティーエスシーの代表取締役就任。理念経営を基に、社員を大切にする会社を最も重要と考え、経営計画書を作成し会社経営のバイブルとして、社員の価値観の共有を行い、過去7年間売り上げ拡大を継続している。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

ソフトウェアというものが騒がれていた時期に、どういうのかもわからないまま入ってみようというのが始まりでした。入ってみると自分で作ったプログラムで、思った通りに物が動く面白さに夢中になってしまいました。その後知人が会社を立ち上げるタイミングで声がかかり、自分たちで作り上げる会社の方が面白いのではないかと今の会社に入社しました。

現在の仕事への想い

会社は人間性を高める場所です。人間性は苦労して初めて磨かれていくものです。人間性は、良い習慣を身につけることによって高めることができます。人間の成功は、知識の多さではない。人を成功に導くのは「習慣」です。人としての「思いやり」「熱意ある誠実さ」「素直さ」「感謝する心」などの資質を高め、誠意をもって、社員間はもちろんビジネスパートナー様、お客様などすべてのステークホルダーと接することで、強い信頼関係が生まれてきます。そうすれば、自ずから会社は発展し、将来が見え、安心した生活と、幸せを実現できるでしょう。

あなたにとって覚悟とは

会社の代表として、社員を守ることが最も私にとっての責任であり覚悟です。ソフトは目に見えないからこそ、進捗が遅れていると言えず精神的に参ってしまう人がおり、そんな社員の声をより聞くことができるような制度を作るようにしています。社員にとって、「この会社の社員で幸せ」と思ってくれるような会社にしていきたいです。

カッコイイ大人とは?

人のために、努力し汗を流し、感謝されるような人はかっこいいと思います。自分を守るために何かあった時に人のせいにしてしまうことは多いかと思いますが、人間関係を良くするためには、初めに自分の何が悪かったのかを考えるようにする。過去と他人は変えられない。まずは自分が変わる。それが大事だと思います。

今後の展望

65歳で社長引退を宣言していますが、それまでにビジョナリーカンパニーとなる企業文化、風土を創り上げる事です。今の状況が変わった時に新しいものを作り出せるか、今後も成長していけるような基盤を作っています。現在は受託開発をやっていますが、今後は自分たちから商品を出して行きたいです。引退する前にそれを軌道に乗せることが目標です。

若者へのメッセージ

明るい未来を創るためには、自分自身がどうなりたいかを考えて、学び続けることが大切です。未来をつくるには次世代を担う人しかできない。やりたいことや、なりたい自分を想像して、未来に向けて行動し続けてください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

精神科医 名越康文

精神科医
名越康文

元スピードスケート選手 黒岩敏幸

元スピードスケート選手
黒岩敏幸

DJ 中島ヒロト

DJ
中島ヒロト

お気に入り

ビジョナリーカンパニー

何世代にもわたる永続企業にしていくために必要なこと(物)は何かが書かれています。今の会社を育てていくにあたり大切にしている本です。

(株)ティーエスシー 経営計画書

現在の会社の基盤を作り上げたもとになるものです。全ての方針や計画が記載してあり社員全員で同じ方向を向いていけるように1年に1回全社員に配っています。この経営計画書を作成したことで、その後の成長に繋がっています。