覚悟の瞬間(とき)

株式会社ゲルニカ 代表取締役 伊勢木博貴
いせきひろたか

伊勢木博貴

大阪府生まれA型
職業:株式会社ゲルニカ 代表取締役
趣味:映画、音楽、ショッピング、スポーツ鑑賞、筋トレ、旅
座右の銘:運否天賦

関西大学商学部卒業。新卒で国内大手コンサル会社に入社、静岡の営業責任者を経験。その後、父親の会社に入社し取締役営業本部長を経験した後、会社売却などを経て2018年に独立し株式会社ゲルニカを立ち上げる。大型バッテリーのレンタルなどのエネルギー事業と米国産ブラックアンガス牛の輸入販売を始める。その後米国ユタ州に自社牧場を持ち、更に神楽坂にレストランをオープンするなど、ユニークなビジネスを展開している。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

経営者になって何か世の中に自分の実績を残したいと思ってはいましたが、なぜ今の仕事になったのかは正直よくわかりません。これまで経験してきた事や出会ってきた人たちから得た知識やスキルをもとに、自分が好きなことを追求しているうちにこうなりました。強いて言うなら、目の前のチャンスを逃さずにチャレンジしてきた結果だと思います。

現在の仕事への想い

企業にとって利益を出すことはもちろん重要なことですが、自分たちが楽しいと思えることで、且つそれが人々の役に立つビジネスでなければ手を出しません。利益が出るからといっても、面白いと思えないことはやりません。また自分達が手掛けるビジネスは、誰かの模倣ではなくユニークなもので、且つスピーディに実践することを心がけています。

あなたにとって覚悟とは

覚悟をしたという自覚は生涯ありません。あげるとするなら天命に従い、目の前のチャンスを逃さずに生きようと決めたとき、つまり非常に上手くいっていたコンサル会社を辞めて父親の会社に入社したときでしょうか。コンサル会社では成績も良く、部下からの信頼も厚かったと自負しておりますので、辞めたくなかったのが正直な気持ちです。今でもその時の仲間と会うと、当時に帰りたいと思うことがあります。しかしこれも天命と思って受け入れ、目の前の課題を着実にクリアしていく生き方を選択したときが、唯一覚悟したときかもしれません。その後はチャンスを逃さず、自分の心の声に従って生きてきており、嫌なこともありますが全てのことに意味があると信じ、それらを受け入れるようにした結果、充実した毎日を過ごせています。

カッコイイ大人とは?

答えになっているかわかりませんが、私がカッコイイと思う人は大人に見えないことがほとんどです。もちろん見た目(外見)は大人ですが、いつも子供のように笑っていたり、子供のように無邪気にビジネスを展開されています。要するに子供心を忘れず、自分の好きなことを追求し続けている人たちです。時には厳しい局面を迎えたり、重大な意思決定をしなければならなかったりという時がありますが、まるでスポーツやゲームの勝ち負けを決めるときのように、楽しみながら乗り越えているように思います。ただし24時間戦闘体制のような人たちばかりですが。

今後の展望

当面の目標は今もっとも力を入れている牛肉のビジネスをしっかりと形にして、たくさんの人たちに私たちの牛肉を通じて笑顔になって欲しいということです。その後は今のビジネス(当社ではプロジェクトと呼んでいます)だけに留まらず、たくさんのプロジェクトを立ち上げ、利益の確保と社会貢献という両輪をしっかり回し続けられる会社に成長していきたいです。そしてその姿が一つのロールモデルとして後世に刻まれていけば最高です。

若者へのメッセージ

自分自身を信じ、時間を無駄にせず、目の前のことを確実にこなしていくことが大切です。全てのことに意味がある、そう思って困難な場面でも挫けず、自分自身の気持ちに正直に生きて欲しいです。周囲の意見や社会の風潮に流されず、自分だけの人生を追求することが、幸せへの第一歩だと私は考えています。人生の終わりを迎えるときに後悔を少しでも少なく、しっかりチャレンジできたと満足のいく生き方を目指して欲しいです。人生の物語の主人公は自分自身、どんな素敵な物語にするかは自分次第です。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

山形県知事 吉村美栄子

山形県知事
吉村美栄子

弁護士(元農林水産大臣) 山田正彦

弁護士(元農林水産大臣)
山田正彦

第99代内閣総理大臣 菅義偉

第99代内閣総理大臣
菅義偉

お気に入り

幸運の一枚の100ドル札

信頼する人とラスベガスに行った際、その人が大当たりした際にくれた100ドルです。信頼する人のエネルギーと大当たりした運気をまとっていると信じ、常にカードケースに入れて持ち歩いています。

時計

父親からもらったHUBLOTの時計です。父は感謝する存在であると共に、いつかは超えたい人でもあります。お互い照れくさいので、あまり頻繁に連絡を取らないのですが、この時計をつけると身近に感じることができます。