銀座さいとう法律事務所 弁護士 齋藤健博
さいとうたけひろ

齋藤健博

千葉県生まれA型
職業:銀座さいとう法律事務所 弁護士
趣味:仕事、ときどき鉄道
座右の銘:愚直

慶應義塾大学総合政策学部卒業後、同大学法学部法律学科、同大学院法科大学院卒業。司法試験一発合格後、1年間の司法修習を経て弁護士登録。虎ノ門法律経済事務所を経て、銀座さいとう法律事務所開業。弁護士ドットコム1位獲得。今日も全国さまざまな相談にのっている。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

人の気持ちに触れる仕事がしたいとの気持ちで今の仕事につきました。本当は理論で物事を考えたり、理屈を物事を考え整理するのが好きなんです。今やっている仕事の、離婚とか家族の問題とか、冷静な尺度とは最も対極にあるものです。弁護士の元に相談にいらっしゃる時点で、理不尽な気持ちを抱えていたりとか、とにかく許せなかったりとか、悲しかったりとか、言葉にできない気持ちを持って、いらっしゃいます。理論でいうとできない可能性があるものですが、目の前の人が苦しんでいるのに対して、何とかしようという気持ちが湧いてきます。より良い方向に向かっていこうと考えております。

現在の仕事への想い

24時間LINEと電話を公開し、いつでも寄り添っていける弁護士で居続けたいです。数多ある悩みが24時間広がっているのに、目の前にいらっしゃる依頼者の方が、どういうことに悩んでいるのかキャッチできないということが、自分自身にとってもどかしいと共に悔しいです。以前、離婚問題でどうしていいかわからない方が、大阪にいらっしゃった時に、すぐに東京から伺いました。その際に「革命だと思う」と言っていただいた時に、自分の仕事のスタイルが正しいか葛藤していた自分にとって、その一言をきっかけに「これでいこう」って思うことができました。

あなたにとって覚悟とは

解決に向かって動いていく時に、どう動くかを考え、何をとるのかを意識しています。依頼者の方がこうしたい!と思っていらっしゃるのに対し、時に法律の定めと乖離することがあります。他の弁護士から見たら不合理なことをやっていて、バッシングされていても、依頼者を取ろうって決めた瞬間がありました。一度は自分でも悩み、依頼者の方が事実をわかってもらいたいとか、法律だとこうなるのはわかってるけど、お互いのために話し合いをしたいとか、率直な気持ちを聞いてほしいとか、そのような純粋な気持ちに触れて、目の前の人がそう思っていらっしゃるのならば協力しよう!と思えました。

カッコイイ大人とは?

苦しみや不安を見せないというのはかっこいいと思います。依頼者の方の要望を聞いて、それは無理だ!と思うこともあるんですが、それでもなんとかしようと思って仕事しているので、理論だと出来ないとは言わないし、言えないです。納得できる無理な理由を依頼者の方に伝えた上で、こうしたらどうだろうかなど、建設的な意見になるように説明し、対応しています。

今後の展望

日々の仕事や依頼者の方への活動があるので、長期的な展望はできません。自分自身せっかちでお節介であるので、困ったらなんか言ってね!と皆様にお伝えしており、それが思ったより感謝されてます。これからもそう言った寄り添う弁護士として、続けていきたいです。その上で弁護士として困難に立ち向かい続けていきたいです。

若者へメッセージ

結果は出なくても頑張り続けることに価値があります。今頑張れないと明日頑張れない。明日頑張れないと明後日も頑張れないので、今頑張らなきゃいけないです。今頑張れば必ず自分に返ってきますので、まずは目の前のことを頑張ってください!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

少子化ジャーナリスト 白河桃子

少子化ジャーナリスト
白河桃子

プロ車いすランナー 廣道純

プロ車いすランナー
廣道純

日本大学医学部 医学部長・消化器外科教授 高山忠利

日本大学医学部 医学部長・消化器外科教授
高山忠利

お気に入り

弁護士日誌

ビッチリ予定が記載されている。たまのあきがあると、何かしら予定が入るのが不思議なところです。土日は弁護士は休みが多いのか、記入しにくいのが難点です。

ダレスバッグ

時代遅れのような巨大バック。昔の弁護士と言えば巨大なダレスバッグだった・・はず。時代遅れでも、重い書類が入るこのバッグを愛しています。