3PM 代表社員 大貫康喬
おおぬきやすたか

大貫康喬

群馬県生まれO型
職業:3PM 代表社員
趣味:映画鑑賞、仕事
座右の銘:人生は絶対値

白鷗大学経営学部卒業。
新卒で銀行から300万円を借入し、地元にラーメン店をオープンします。10近い飲食の業態を展開するもなかなかうまくいかず、学習塾や便利屋、エステなどなんでもトライし、建設業の世界へ。ゼネコンの孫請けの立場で最大30名近い従業を抱えるも組織作りが下手で2度目の挫折を味わいました。当時建設の傍ら細々と活動していたBtoCの住宅メンテナンスの可能性を信じて最後の挑戦をしました。現在は過去の経験を生かした自社内のWeb×実働×教育というノウハウを生かし、電話カウンセリング事業の立ち上げ真っただ中です。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

本当に何も考えずここまできました。何かしたいことというよりも目の前にあった仕事をこなしていった結果、今があります。きれいごとを抜きにしてまずは社長になって稼ぎたい!その一心だけです。ただ20代にこなしてきた経験が嫌でも身についていて、感じることも、学習したことも沢山あってそれ生かしてしたいことを始めたのが30代といった感じです。20代は自分が変わろう変わろうと努力をしましたが人はなかなか変われない。仕事、お金や従業員というプレッシャーといつも隣り合わせで周りのことばかり気にしていました。30代になってからは自分のことだけ考えようと心に決め、自分にプラスになる選択だけを繰り返し行っていった結果今がいつの間にかあるといった印象です。

現在の仕事への想い

30代に自分のことだけを考えようと決めてからは今もその思いはぶれていません。ただ自分のことだけを考えると必然とステークホルダーの幸福度を上げていかないと自分にとってプラスにならないなと思います。だから自分が幸せになるために周りも巻き込んで幸せになろうという想いをもっています。仕事に対する思いよりはスタッフ含め今の私の取り巻く環境の充実度みたいなものが気になります。ですのでスタッフには仕事がつまらなくなったら明日辞めていいよといつもいっています。でも実際は困るのでスタッフがつまらなくならないような環境で仕事ができるように活動していま

あなたにとって覚悟とは

死まで覚悟をしたので何とも言えませんが、結果プラスに働いた覚悟は先述した自分のことしか考えない覚悟だと思います。これが性格的なものもあり結構大変で周りの目を気にしたり、環境の変化への不安があったりと意外と勇気のいる決断でした。なんとか会社としては回っている状態で敢えて従業員を0にして収入を断つ。これから何をやるのかも決まっていない状況で貯金も0。そして就職する気も0。あるのは過去の経験と焦りだけ。ただあの時この行動を起こしていなかったら今の自分はいなかったです。そもそも20代の失敗も自分で決めた道なのだから30代の道も自分で決めないと誰も決めてくれない。そう自分に言い聞かせて不安の中をただただ走り抜けたような気がします。ただこの行動を起こしてから意外と自分にとって大きな副産物もあり、今の自分の考えの基本にもなっていることですが、実は周りは自分のことなんか気にしていないということ。憎んでるひとはいたとしてもずっと誰かに憎しみを抱きながら生活してる人ってなかなかいないなと思いました。そう思ったときから20代の勝手な自分の思い込みの重圧がすっと軽くなった気がしました。だからこそ今もあの時の覚悟を大切に生きています。

カッコイイ大人とは?

自分の力量を過信せずに周りに気が使える大人はかっこいいです。ギャップ萌えみたいな感じですね。未だに水戸黄門や静かなるドンの演出には惹かれます。逆に飲食店で偉そうにしている人や人によって態度を変える人はいくら仕事ができても、いくらお金を持っていてもダサいなと感じます。

今後の展望

5年後や10年後のことはイメージわかないのでとにかく今日よりも明日の自分がもっともっと幸せになることです。そのためには周りも幸せにならないといけないことに気づいたので目の前の人、その隣の人、またその隣の人と幸せの連鎖が繋がれば自分の幸せのレバレッジにもなるかなと思います。世の中金だけではないと思いますが、そう言えるステージまで行ってみないとわからないのでまずはお金。まだそんなことが言えるような場所にたったことがないので。そしてそのステージまでたどり着いたらまた感じたことを実行します。その時は世の中愛だよねっていっているかもしれません。

日本を背負う若者へメッセージ

小職ごときの若造が偉そうに言える立場ではありませんが、とにかく周りの目を気にせずに自分の好きなことをやることが大切だと思います。いつの間にか自分の想いとは裏腹に大人になっているけれども子供のときと何も変わってないと多くの方が感じていると思います。これはダメ、あれはダメ、これは失礼、これは悪いなと勝手に決めつけて可能性を消している。その結果いつの間にかガチガチのオトナロボットになっている。小さいころは何で空は青いの?何で子供はできるの?となんでも興味をもったはずです。その興味をいつまでも持ち続けることがすごく重要です。周りから変人と思われるくらいがちょうどいい。人生65歳で引退するとして25歳のあなたはあと40年仕事をしますが実際に仕事時間はどれくらいなのか早めに気づくといい。40年÷勤務時間3(24時間÷8時間)÷出社日数1.5(365日÷約245日)=8.8年。あと約9年しか実働する時間はないのですからとにかく1~2年はやりたいことを我武者羅にやったほうがいいと思います。その1~2年で残りの6年の人生が大きく変わることを知っておいてほしいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

栃木県知事 福田富一

栃木県知事
福田富一

新内節三味線・人間国宝 新内仲三郎

新内節三味線・人間国宝
新内仲三郎

総合格闘家 所英男

総合格闘家
所英男

お気に入り

通帳ケース

初めてラーメン店を経営したときに事業用の通帳や印鑑をいれるために買ったアイテムです。少し壊れていますが今でも変わらず使い続けています。

アイマスク

仕事の移動中などにつけているアイテムです。効率よくリラックスできるので重宝しています。