つきからデザインズ 代表 グラフィックデザイナー 松田龍太
まつだりゅうた

松田龍太

兵庫県生まれO型
職業:つきからデザインズ 代表 グラフィックデザイナー
趣味:ミニアコースティックギターと唄、ドライブと写真、お酒と料理、スケートボード町流し、キャンプ、アウトドア遊び
座右の銘:トゲ抜き キバ抜かず

兵庫県淡路市出身。神戸市立工業高専 電子工学科を卒業後、ロックバンド活動を行う傍ら、バックエンドエンジニアとなる。その後、クリエイティブな仕事で社会というキャンパスへ自分自身を表現したいと思い、グラフィックデザイナーへ転職を果たす。メンズアパレルブランドの会社でグラフィックデザイン業務に従事した後、日系コンサルタント上場企業の社長室にて、C.I. / V.I.デザインや、マーケターとアライアンスを組んだブランディング業務にグラフィックデザイナーとして数多く携わる。2017年9月15日より『つきからデザインズ』を立ち上げる。“ 想い ” や “ ココロ ” をグラフィックデザインへアウトプットすることを得意としたそのグラフィックデザインワークは、中小企業の方たちを対象としたローカルブランディングなど、多岐に渡る。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

20代前半にパンク・ロックバンドをやっていて、素人ながら、自身や友人バンドのロゴマーク / フライヤー / ポスター / webサイトのデザインなどをやっており、徐々にのめり込んでいきました。ただ、工業高専卒だし、デザインや芸術の教育なんて全く受けていなかったので、その道のプロになれるなんて全く思ってもいなかったし、想像すらできていませんでした。でも、大好きな80'sハードコア・パンクバンド / 日本のロック・バンドのレコードのジャケットに相当影響を受けたので、それらを消化した何かの活動や仕事をやりたいって想いだけはずっとありました。しばらく経ってバンドも解散し、ずっと雑貨屋やスープカレー屋のフリーターだったので、そろそろ本気になれる『プロフェッショナルの仕事』をしたいなって思っていた時…昔、先輩の雑貨屋で買ったレイモン・サヴィニャックのポスター図録を眺めていて…『デザイン』っていうのは、企業や会社・人の潜在的な課題を、視覚的に解決し、『見てて楽しい』をアウトプットすることだって気付きました。そして世の中に『グラフィックデザイナー』っていう職業があるってことを知り、『この仕事、生涯かけてやってみたい!』って想いました。それから、必至にデザインの勉強に励みました。徹夜ばっかりでしたが、大好きだったし、本気で遊べてとても楽しかったです。だからこそ続いたんだと思います。そして、メンズアパレルブランド会社・大手コンサルティング会社・クリエイティブエージェンシーでグラフィックデザイナーとしての勤めを経て、京都市のデザインオフィス『つきからデザインズ』を立ち上げることができました。

現在の仕事への想い

『それ、できるのは、俺ですね。』ずっと心にこう想って、デザインしています。そして、私がデザインした仕事でクライアントに奇跡が起こると想っています。『つきからデザインズ』と『松田 龍太』の役割は、ローカルのクライアント(会社・お店・人)がカッコよくなっていくようなデザインワークが多いです。地場産業の技術をたくさんお持ちの中小企業からカッコよくなれば、日本全体がクリエイティブに感じて楽しくなるし、『コト』『人』『モノ』の海外へのアプローチの仕方も、変わってくると思います。だからこそ、『つきからデザインズ』と『松田 龍太』は、ローカルブランディングを主体としています。情報が溢れまくっている時代でSWOT分析だとか、4Cだとかのビジネスメソッドも大事ですが、もうちょっと『土の匂い』がする仕事をスタイルにしています。例えば、代表者さまや担当者さまと、街をたくさん歩き、建築物の見学や食事をし…感じたことをディスカッションし、『こうだったら楽しいですよね』ってずっとブレストしていくことを大事にしています。そのように仕事を進めていき、最終的にコンセプトを決めて、ロゴマークなどの “ 目に見える ” デザインツールへと具現化していきます。とても時間がかかるし、効率が悪いようですが、そうすることで、クライアントの『コト』『人』『モノ』の魅せ方を大切にできるし、アイデンティティーを引き出すことができます。“ 本当に大切なコトは、目には見えないもの ” 。まずは目に見えることから、デザイン。そんな、モノづくり / 人づくり / コトづくり …街づくりに、今後も携わっていきたいと想います。こんな楽しい仕事があるなんて!まだ人生半周だけど、この仕事に就いてて良かった!と自信を持って言えます。

あなたにとって覚悟とは

私の存在が『必然』『必要』と感じた時です。それが、クライアントをデザインすることです。『龍太が、りゅうちゃんが居て良かった』『やっぱ、りゅうちゃんやな!』『これ、りゅうちゃんにしかできひんわ~』とか…クライアントや周りの友人たちに言われたら、とても嬉しいし、それはとてもプライスレスなことです。何より『楽しい』!!『絶対に成功させなきゃなんない!』っていう覚悟が芽生える。『俺だけがデザインできる。そう、俺にしかできない!』困難なこともたくさんありますが、自分自身が『必然・必要』と感じ、結果『楽しい』に変化していきます。それが星の定め。月の満ち欠け。感じることが全てです。しっかりと受け止め、心に従って、日々の『お仕事』や『暮らし』を続けて行くこと、それが、私にとっての覚悟です。

カッコイイ大人とは?

座右の銘にもなっている、トゲ抜き キバ抜かず。な人。年齢と共に『人当たり』が良くなって行くのが、良い歳のとり方のひとつだって思いますが、常にジョークとか言っていたり、丸い感じで想いやりがあり、楽しんでいる振る舞いをしながらも、『今に見ていろ!』っていう、向上心や反骨精神を、内に秘めている人。自身の決めた『間違っていないって想っているコト』を曲げず、『勇気』を持って、その通りに行動している人。そんな人に憧れますし、私自身もそうなっていけるようにって、日々想っています。何より「一緒にいて楽しい」大人がカッコイイ大人だと想います!

今後の展望

私のグラフィックデザインを使って、クライアントが『海外』へ行けるきっかけを創るコトです。日本の地場産業・中小企業の方々の『技術』や『芸術』、『文化』、『気迫』、『勇気』、そして『想い』は、世界でもトップレベルだと思います。そのクライアントが、私の紡ぎ出したグラフィックデザインを使って海外にアプローチをかけ、ビジネスを成功させることができれば、まずは目標達成。『土』を育てるようにブランディングをしていっているので、それが『風』となって、クライアントをどんどんと世界へ送り出すことができれば『世界へのブランド価値づくり』としては第一です。今はそれを達成できることが、『夢』です。

若者へのメッセージ

『好きなコト』をやりつづけよう!私の場合は デザインをひと言でいうと恋人。ブランディングをひと言でいうと愛の結晶。納品した後は、クライアントに手紙書きます。好きな人や大切な人へのラブレターですね。好きな女の子を口説く時も、洒落を効かして会話を楽しくしたり、手紙書いたりして頑張りますよね。それと同じように、『好きなコト』をやり続けると、『楽しいコト』に変わっていき、いずれは『自分のしたい仕事』に繋がって行くって想っています。そして、自分のインスピレーションを大切に。星の定め・月の満ち欠け・川の流れに身を任せ、感性に従い “ 想ったら行動 ”。それが、人が私のコトを必要としているということです。自分自身を大切にしてくれる、楽しいって想える、『必要・必然』ってインスピレーションを感じる、常に、気持ちいいと思うところに、身をおくこと。あと、『Never give up』よりも『Keep going』!日々の困難や不可抗力で疲れてしまってても、無理して『諦めねぇ』とか思わなくっていいです。おそらくあなたは、諦めていない。すでに、それを続けているはずだから。あなた自身を信じてそのまま、続けよう!誰かが見ていてくれています。大切なのは、『技術・芸術・スキル』や『やり方・方法論』じゃなくて、『どうやり通せるか』ということ。想像できる範囲の目標は、だいたい達成できる!いつも心にアツい気持ちを!最後に。トゲ抜き キバ抜かず。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

参議院議員 中西健治

参議院議員
中西健治

ロボット工学者 大阪大学教授 ATRフェロー 石黒浩

ロボット工学者 大阪大学教授 ATRフェロー
石黒浩

ウエイトリフティング選手 三宅宏実

ウエイトリフティング選手
三宅宏実

お気に入り

仕事のお道具

お名刺やステッカーはクライアントへ好印象効果的です。お名刺は『カッコよく』、ステッカーは『可愛く』。ルーミー万年筆はご発注頂いたクライアントへのお手紙綴り用です。モレスキンノートや筆記用具ペン(1.0mm 0.5mm 0.03mm 0.02mm)は、お打ち合わせのラフ画やアイデアスケッチ用。調子が良ければその場でアイデアが湧くこともアリます!

宝物のマントと切り絵

世界にひとつ。私だけの大切な宝物です。マントは京都市の手芸ショップ 『トランテアン』さんから。切り絵は、同じく京都市のアンティーク雑貨ショップ 『sutekki』さんから。全て0からの手づくりです。