覚悟の瞬間(とき)

アウリスコンサルティング株式会社 代表取締役 武藤宗昭
むとうむねあき

武藤宗昭

福岡県生まれA型
職業:アウリスコンサルティング株式会社 代表取締役
趣味:司馬遼太郎さんの小説を読むこと
座右の銘:人間万事塞翁が馬

慶応義塾大学法学部政治学科卒業。旭化成工業株式会社入社し住宅営業に始まり不動産業全般を経験。平成29年に定年退職して同年アウリスコンサルティング株式会社を設立。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

新卒で入社した会社は総合化学メーカーでしたので、私は化成品営業を希望していたのですが、配属されたのは住宅事業部でした。以後、退職するまで一貫して不動産関係職種を経験してきまして、勤務地は転勤もなくずっと新宿のままでした。最後の職種は、不動産コンサルティング業でしたが、定年退職を1年後に控え、雇用延長を申請するかどうか随分と悩みました。しかし、これまで培ってきた経験と技能を、会社という世界ではなく社会の中で、不動産について悩ましい問題を抱えていらっしゃる方々のために役立てられないか、という思いが日々強くなり、起業を決断しました。

現在の仕事への想い

不動産に関する悩ましい問題とは、人それぞれ実に様々で千差万別です。自分はどこに相談に行ったらいいのか、そもそもその入り口で立ち止まっている方々も多くいらっしゃるのだろうと思います。不動産についてもやもやした悩みや実際に起こっている問題について、ご相談者の方に寄り添い、複雑に絡み合った糸を一つ一つ丁寧に解きほぐして、その問題を解決に導いていきたいとの思いが私にはあります。そこで大切にしている事は、誰に対しても「公平・公正」であることと「常に誠実であること」そして「ご相談内容を先入観なく、また、ご相談内容に根差す背景までお話頂けるようしっかりとご相談者のお話に耳を傾けるということ」を大切にしています。この思いを忘れないためにも社名を「耳(ラテン語でアウリス)」と名付けました。

あなたにとって覚悟とは

サラリーマン時代には、自ら解決することができない多くの問題に直面しました。その時に士業でいらっしゃる弁護士・税理士・土地家屋調査士・不動産鑑定士といった先生方に親身にご相談に乗って頂き、あるいは、私の先にいらっしゃるご相談者の抱えている問題を直接解決して頂いた事例に枚挙のいとまが有りません。定年退職前にお世話になった先生方に起業する旨の相談をしましたら「折角、雇用延長制度があるのにそれを利用しない手はないですよ」と助言されましたが、それでも起業をしたい旨をお話ししますと先生方は異口同音に「もし武藤さんが起業するのでしたら何でも相談してください。応援しますよ。」と言って頂けました。大変お世話になり、厚い信頼を寄せている先生方のご支援がなければ不動産コンサルティング業は成立しませんで、この時、企業の覚悟ができました。

カッコイイ大人とは?

父親と母親への感謝の気持ちを持っている大人。私が70歳や80歳になっても両親に対する感謝の気持ちを、周囲に素直に伝えられる大人になりたいです。それがカッコイイかどうか、はさて置いて、年長者が年少者に対して素直に「ありがとう、ありがとうございました」と言っている姿には安らぎを感じますし、その方のお人柄なり歩んでこられた人生の一角を垣間見る思いがします。
また、年を取ったことを理由にしない大人がカッコいいと思います。カッコイイというよりも、そういう大人に憧れています。何歳になっても何事かに打ち込んでいらっしゃる方々を拝見しますと、皆様例外なく若々しいですし、意欲に満ち溢れていらっしゃる。そういう大人(私は、既に61歳なので、私から見た大人とは80歳~100歳のイメージです・・・すみません)になりたいです。そして私自身、どんな事でもいいから、世の中や人のために役にたつ大人(年寄り)になりたいです。

今後に向かって

起業した以上は、会社を存続させないといけないので利益をあげることが第一目標です。お恥ずかしい限りですが、起業したばかりの会社にとっては切実な目標となっています。不動産コンサルティング業は労働集約型でかつ知識・経験集約型ビジネスですから、効率性を追求するとすぐに壁にぶつかってしまうのですが、とはいえ、経常利益を安定的に計上できる型というものがないと経営がすぐに行き詰まってしまいますから、その「型」を作り上げることが当面の目標です。夢は、アウリスコンサルティング株式会社を事業承継したい、という方が現れるような会社にしたい、という事です。具体的には、「不動産に纏わる悩みや問題は、アウリスコンサルティング株式会社に相談すれば、適切なアドバイスがもらえ、しかも、実際に解決してくれるノウハウを持っている会社だ」と世の中に認知してもらうことです。

若者へのメッセージ

老若男女を問わず、現状に満足している人は誰もいないと思います。私も同じです。不平不満を声に出して言わないまでも、心の中では「自分の能力が適正に評価されていない」とか「もう一度、中学生から人生をやり直したい」などとしょうもない事を考えることがあります。私が学生だった頃、不平や不満を両親にぶつけると必ず「どのように生きようとお前の自由だけど、将来、大人になって後悔するのはお前だからね」と何度も言われました。不平や不満を一杯抱えている若い方々がいるとしましたら「同じ言葉」を送りたいです。「今の積み重ねが将来だから、今、何をすれば将来自分を輝かせることができるのか」それを見つけて欲しいです。私も、まだまだ人生長い、いつかは輝きたい、と考え一所懸命に生きてます。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

有限会社エスアールシーカンパニー 代表取締役 佐藤弘道

有限会社エスアールシーカンパニー 代表取締役
佐藤弘道

衆議院議員 後藤田正純

衆議院議員
後藤田正純

神奈川県知事 黒岩祐治

神奈川県知事
黒岩祐治

お気に入り

朱肉とゴム印

長年お世話になっている税理士から頂いたもの。先生への感謝を忘れないため代表印押印時は必ず使わせてもらっています。

初代日本丸(原画)

会社設立時に妻から送られた絵画。作者が「勢古宗昭」と同名であることと会社の順風満帆な帆走を祈念して贈られたもの。妻からはいつも背中を後押ししてもらっています。