株式会社コーチ・ジネッツ 代表取締役 吉里彰二
よしさとしょうじ

吉里彰二

東京都生まれO型
職業:株式会社コーチ・ジネッツ 代表取締役
趣味:剣道(七段)、唐津焼収集、園芸
座右の銘:「わくわく」「自然体」「慎独」

1982年に東京大学 経済学部 卒業後 三菱化成工業㈱入社し、初めの29年間人事に携わりました。その後三菱ケミカルホールディングスアメリカInc.社長、㈱三菱ケミカルホールディングス 執行役員監査室長、大陽日酸㈱ 取締役常務執行役員チーフコンプライアンスオフィサーを歴任し、2020年㈱コーチ・ジネッツ代表取締役として起業いたしました。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

20年ほど前、社内で公募制度を導入、人事として面談に立ち会ったとき、応募者の中で現状逃避型の社員は上司にも人事にも何も相談できないという実態を目の当たりにし、当時、厚生労働省の推進していた“キャリアカウンセラー5万人計画”に注目し、2006年に社内キャリアカウンセリング制度を立ち上げました。これがカウンセリング、コーチングの世界への第一歩です。その後、人材・組織開発部長として社内の様々な人間模様を見る中で、エグゼクティブコーチングの導入も視野に入れたが、当時は日本では時期尚早ということで実施には至らず。2011年アメリカ赴任。アメリカでのエグゼクティブコーチングの普及を実感し、日本でのエグゼクティブコーチングの重要性を確信しました。自分がコーチングを受ける立場を考えると、エグゼクティブの経験のあるコーチから受けたいという思いがあり、すぐにはコーチに転ずるのではなく、職務の中で社内コーチの役割も意識しながら、部長、グループ、会社社長、役員等とかかわってきました。コーチとしての独立は役員の任期を満了してからと考えていたが、還暦を機に一身上の都合で役員を退任し、独立の準備に入りました。

現在の仕事への想い

「話してくれてありがとう」「目的を明確に」「はずだの撲滅」が仕事の上で、そして人生の上での三本柱です。「話してくれてありがとう」は上司や親が、メンバーや子供が気まずいことを言うか言うまいかを迷いに迷った挙句に話してくれた時に感情を露にせず、相手に寄り添い事実として受け止めます。起こってしまったことはもう変えることはできません。これから先どのように対応するかが重要です。「目的」は何をするにも常に明確にしてきました。僅か10分程度の打ち合わせでも、1時間の会議でも、セミナーでも、まとまった文章を書くときも、目的は何かをお互いに、あるいは自分の中で確認します。そして、それが終わった時は目的の達成度を確認します。達成度に応じてその先の対応も変わってきます。「はずだ」ほど無責任な態度、言葉はありません。なんの確認もすることなく自分で勝手に思い込んでいます。結果、できていないことが後から判明し大慌て、ということがあまりにも世の中では多いです。そして今の課題は、①コーチとしてのコーチング、②エグゼクティブコーチングの普及活動、③経営者OBOGコーチの開拓の3つ。特に実際のコーチングではクライアントに対する関心、好奇心を大事にしています。クライアントはどのような行動、発言をしようともそれに対してコーチとしての価値観や経験に基づいた良し悪しの評価をするのではなく、その行動や発言の背後にある理由や目的は何かということにまず関心の焦点をあて質問を試みます。その後、本人に断った上で、情報提供としてコーチとしての考えや経験を紹介することはあるが、この情報を聞いてどのように判断をするかはクライアントの選択です。

あなたにとって覚悟とは

一歩踏み出したら後戻りはできないと気持ちを引き締め、何があってもやり抜くぞという強い意志、想いです。自分にとっての覚悟の瞬間は、エグゼクティブコーチ転身の為、還暦を迎えるその月に一身上の都合で取締役を退任したことです。

カッコイイ大人とは?

最後までやり抜き、あきらめない人や、いつまでも新しいことに挑戦している人です。また、自分に奢らず、どこかかわいらしい方や人が話しかけてくる、集まってくる人や自分という者を意識している方(発言、行動、身だしなみ等)非を認めることができる、謝れる人はカッコよく思います。

今後の展望

(株)コーチ・ジネッツのミッションとビジョンの実現です。ミッション「エグゼクティブコーチングを日本GDP成長の起爆剤に!」ビジョン①「すべてのCEO/COOにエグゼクティブコーチを」ビジョン②「コーポレートガバナンスコードに『CEO/COOはエグゼクティブコーチをつけているか』『指名委員会には、社内でエグゼクティブコーチングをしている委員がいるか』との質問が記載されている」ビジョン③「多くの質の高いエグゼクティブコーチ(経営OGコーチ)の誕生」自分自身はまずは後期高齢者である75歳まではバリバリと働きたいです。その後は人生100年を見据えながらエグゼクティブコーチはできるだけ長く続けることになると思います。現役のエグゼクティブと接することでビジネスの最前線に触れ、ボケ防止になります。剣道は身体が動く限りは継続、道場で死ぬことができたら本望です。息子は三人とも独立しているので、妻との時間(園芸、ゴルフ、晩酌、旅行)を大事にしながら、孫の面倒を見ていきます。

若者へのメッセージ

どうせ無理だろうと諦めるのではなく、それが達成できた瞬間を映像としてリアルに描き、そのことにわくわくするしましょう。潜在意識を信じ、大事にすること。他人を変えることはできません。自分の意識、考え、行動、発言を変え前に進むこと。何事も目的を持って、環境や相手の置かれた立場等を考えて行動して下さい。あなたの北極星は何ですか、どこですか?人の意見はあくまで情報提供、最後に決めるのは自分で人のせいにはできません!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

三味線演奏者 吉田良一郎

三味線演奏者
吉田良一郎

元宮崎県知事 東国原英夫

元宮崎県知事
東国原英夫

フリーアナウンサー 中村江里子

フリーアナウンサー
中村江里子

お気に入り

唐津焼三里窯

唐津焼陶芸家 三里窯 浜本洋好氏の作品。兄の経営する唐津焼 Gallery陶晃(utakaratsu.com)の第一期予算がこれを私が購入することで達成できるということで、初めての黒字を祝い“初”と命名し、箱に浜本先生に揮毫していただきました。

腕時計「japan」ゴールドモデル

時計企画室コスタンテが企画・製造している日本ブランドSPQR(スポール)で教育改革実践家の藤原和博氏(実は高校の先輩)がプロデュースしたjapanシリーズ第一弾のゴールドモデル。25本のみの限定生産で、私のシリアルナンバーは20/25。私の生年月日の数字を足すと20、妻の生年月日の数字を足しても20なので、20という番号を指定しました。