インフィニットポッシビリティーズ  経営者 藤中秀樹
ふじなかひでき

藤中秀樹

広島県生まれB型
職業:インフィニットポッシビリティーズ 経営者
趣味:音楽・スポーツ鑑賞、旅行・ドライブなど
座右の銘:生きたいように生きる!

小学校4年生のころより「死」というものを意識しはじめる。「何のために人は生きているのか?」「死んだらどうなるのか?」「人生とは?」という事を真剣に考え、悩むようになる。しかし、具体的な解決策もなく、悩むだけで勉強することも具体的に行動におこすこともなく20代半ばまで中途半端な生活を続ける。幸せな人生を求めながらも、パニック障害、喘息、腎結石など様々な病気などマイナスな出来事を契機に、自分自身の人生を見直すようになる。病気や障害を持つ方の役に立ちたいとの思いから、24歳で医療福祉業界に転職するが現実は利益主義などにより患者や働くスタッフにとって幸せな環境ではないことを知り、理想と現実のギャップに悩む。30歳の時、医療機関に関係するすべての人が幸せになれるような理想の病院を作るために、資金なし人脈なしの全くのゼロの状態から新規病院を立ち上げる。その後「自分らしく自由で豊かな人生を送れる人を増やすこと」や「自立したもの同士が相互支援を通して楽しく希望溢れる社会を実現すること」をテーマに、計3件の新規病院の立ち上げをはじめ、経営コンサルタント、投資運用、健康食品化粧品販売、農業など6つの会社を立ち上げ、経営者の傍ら起業支援や個人コンサルタント業務などを行っている。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

小学校4年生のころより「死」というものを意識しはじめ「何のために人は生きているのか?」「死んだらどうなるのか?」「人生とは?」という事を真剣に考え、悩むようになりました。しかし、具体的な解決策もなく、悩むだけで勉強することも具体的に行動におこすこともなく20代半ばまで中途半端な生活を続けていました。幸せな人生を求めながらも、パニック障害、喘息、腎結石など様々な病気などマイナスな出来事を契機に、自分自身の人生を見直すようになりました。病気や障害を持つ方の役に立ちたいとの思いから、医療福祉業界に転職するが現実は利益主義などにより患者や働くスタッフにとって幸せな環境ではないことを知り、理想と現実のギャップに悩み、医療機関に関係するすべての人が幸せになれるような理想の病院を作るために、資金なし人脈なしの全くのゼロの状態から新規病院を立ち上げました。その後は、自分らしく自由で豊かな人を増やすために必要な事業を展開しています。

現在の仕事への想い

頭で考えたり計算したりすることが大切な時もありますが、自分自身の心の声を大切にしています。「これをやったら儲かる」とか「世間的に、あるいは周りを考えるとこうしなければならない」と頭で考える判断ではなく、自分自身が心から楽しいと思えること、やりたいと思えること、ワクワクすることを1番大切にしています。その心の声を優先していくこと。また、「自分さえよければいい」という自己中心的な考えではなく、また「他人のためになるなら自分が我慢すればいい」という自己犠牲的なものでもなく、他人に貢献していくこと、他人が喜ぶこと、つまり「ギブアンドギブ」がイコール自分自身の喜びとなることを大切にしています。

あなたにとって覚悟とは

大きく分けて2つの覚悟があると思います。一つは人からの評価を気にせず、自分の正直な思いを伝えていくこと。相手の思いを尊重しながらもきちんと自己主張をするということです。もう一つは自己原因で考えることです。人はどうしても楽な方に流れてしまいがちですが、他人や環境など他者のせいにしない。自分の選択に責任を持ち自分から道を切り開いていこうとする姿勢と行動が人生の質を大きく変えていきます。その為には常に自分自身の心の声を聞き、自分らしく行動することが必要ですが、それには勇気がいります。多くの人が持っている「人に嫌われたくない」という思いで、周りに気を使い、他人と合わせながら生きていても自分らしく自由で豊かな人生を築いていくことはできません。

かっこいい大人とは

自分らしく生きている人は皆、カッコイイと思います。自分らしくとは、「人から嫌われるかもしれない」「変に思われるかもしれない」というような恐れから、他人や周りに合わせてしまっている生き方ではなく、自分自身の心の声を大切にして、自分の正直な思いを伝えていくこと。自分がワクワクすること、やりたいことを実践している状態だと考えています。

今後の展望

「自分らしく自由で豊かな人を増やす」ことをテーマに健康、お金、人間関係のトータルサポートをしていく仕組みづくりのために「関わる人すべてが幸せになる」コミュニティプロジェクトを進めています。例えば健康関連では、一人でも多くの人が「ピンピンころり(健康寿命を延ばし、最後まで人生の質を上げていく)」を目指すための教育や良質な健康食材や健康食品の提供などを行うコミュニティの構築。これにより、日本全体の労働力の向上や日本の医療費が削減されることで社会貢献にもつながります。その為には、十分なお金や時間も必要になるので、個々の経済的なサポートや相互支援する仕組みづくりも同時に目指していきたいと考えています。

日本を背負う若者へメッセージ

皆さん一人一人、誰もが無限の可能性を秘めています。その可能性に気づいてください。その為には、自分自身の心の声を聞くことが大切です。ほとんどの人が頭で考えて生きています。頭で考えている状態(頭の声)はチャレンジをしようとしません。変化を求めません。「やめておいた方がいい」「そんなことをしたら人から嫌われる」など否定的な意見の声です。もっともらしい頭の声を優先して生きていても結局、後悔の人生が待っています。そうでななく、心の声は自分の使命に基づいた声です。ワクワクすることや心の底から出てくるやりたいことは、自分らしい人生のエッセンスに溢れています。人生は一度きりしかありません。後悔しない人生を送るために勇気をもって決断しましょう!今、「関わる人すべてが幸せになる」コミュニティプロジェクトを進めていますので、興味がある方は是非メッセージをください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元ラグビー日本代表 大畑大介

元ラグビー日本代表
大畑大介

元スピードスケート選手 黒岩敏幸

元スピードスケート選手
黒岩敏幸

 パラリンピアン 中西麻耶

パラリンピアン
中西麻耶

お気に入り

時計

3件の新規病院の立ち上げが終わり、新たに事業(3つ目の会社)を起こす時に購入しました。

社会人一年目の時にあるイベントの抽選会で当たったものです。他界した母からの贈り物だと感じています。