GIVE THE WORLD 経営者 遠藤大輔
えんどうだいすけ

遠藤大輔

新潟県生まれO型
職業:GIVE THE WORLD 経営者
趣味:トレーニング、サウナ
座右の銘:あなたの中の最良のものを

神奈川大学工学部卒業。新卒で保険系SIerに入社、5年間システム開発を経験する。入社3年目を迎える春、二足草鞋でベンチャー企業に創立メンバーとして携わる。社長に次ぐNo.2として、企業の発展に寄与する。その後2019年9月株式会社GIVE THE WORLDを創立。パーソナルジムBEYOND川崎店を出店し、湘南藤沢店、武蔵小杉店、本厚木店、たまプラーザ店を続けて出店。大好きなジムを経営しながら、一目惚れした湘南の地で暮らす。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

友人がパーソナルジムを開業したことがきっかけで、友人のお店を応援すべく入会しました。初期は週2日程度のまったりペースでトレーニングを続けていましたが、同じジムに通うモデルの小原優花さんがボディメイクのコンテストに出場する事になり、トレーナー達と応援に行きました。努力してステージで輝いてる選手達に自然と惹かれている自分に気付き、それを機に、自身もボディメイクのコンテストへの出場を決意しました。出場を機に、食事やトレーニングの意識が更に向上し、敗北も味わいながら、年月を増すごとにフィットネスの世界にのめり込んでいきました。そのフィットネスへの熱量が、遂には自身でジムを開業するまでに至りました。

現在の仕事への想い

一言では言い尽くせませんが、昔から基礎中の基礎を大切にしています。時間を守る、ライバルが寝てる間に起きて活動する…など幼少期の父の姿に色濃く影響を受けています。時間に関連して、『即レス即支払い即対応』は大切にしています。また、“働く”の基礎が出来上がる若い時期に、これらの基礎が心身に刻まれるかどうかによって、先々のビジネスマン人生を大きく左右すると思っています。弊社を選んでくれた原石達は、一人残らずダイヤモンドにしたいと思っておりますので、基礎の植え付けには相当こだわっております。

あなたにとって覚悟とは

新卒で5年間勤務した職場を退職した時は、覚悟しましたし、人生のターニングポイントだったと思っています。それまではボーナスも出て、固定給も安定してもらえる企業勤めでしたが、そこを退職して、完全歩合制の会社に転職しました。成果をあげなければ1円ももらえない環境、飯も食べれず、両親も養えない環境に行くことは相当度胸のいることでした。母親も最初は心配そうでしたが、何事も結果次第で人の評価は変わります。親を守れる器量がついた時、やっぱり親や親戚の評価は変わりました。「親が、嫁が、」と他人の反対を、挑戦しない言い訳にしがちな方は多いですが、結果を出す覚悟があれば必ず一歩踏み出せるはずだと思っています。本気なら身内ぐらい口説けなきゃ何をしてもダメです。

カッコイイ大人とは?

どんな業種でも業界でも、自分を持っていて、かつそのありのままの自分を曲げることなく結果を出している人は本当に格好良いと思います。だから僕の仲のいい経営者は、先輩も友達も普通の人がいません。変わり者だらけです。しかし、子供の頃のままそんな自分を曲げずに結果を出しているので、皆さん言うことや、やることが格好良いです。借り物の名言ではなく、彼等自身の体重が思いっきり言葉に乗っているのです。

今後の展望

抽象的な表現で申し訳ありませんが、何人の職員の人生を変えられるか?また職員の先にいるお客様の人生をどれだけ変えられるか?これが目標です。 職員だけでなく、職員の先にいる家族やパートナーの方々のことを、精神的にも物質的にも豊かにしたい。そのために会社を拡大しています。

若者へのメッセージ

2011年は3.11がありましたし、2001年は9.11がありました。大体10年に一度ぐらいは世の中に大きな災厄が訪れているということを言いたいのです。それが人為的なモノであれ、自然発生的なモノであれ、親もお爺ちゃんお婆ちゃんも、ご先祖様も全て乗り越えてきたのです。乗り越えてきたから、こうして僕らは生きています。だから僕らだって必ず乗り越えられます。世の中から笑顔が減りやすい時期ではありますが、神様が「こいつは助けてやらないと」って思うぐらい努力していれば、必ず報いがあります。僕らは試されているのです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ゴルフツアープロコーチ 谷将貴

ゴルフツアープロコーチ
谷将貴

東京医科大学 泌尿器科学分野 教授 大堀理

東京医科大学 泌尿器科学分野 教授
大堀理

タレント コロッケ

タレント
コロッケ

お気に入り

寿司下駄

西新宿に住んでいた頃、沢山可愛がってもらった『美家古鮨』さんの大将の形見です。常連さんにも「僕の息子」といつも紹介してくれて僕の新宿のお父さんでした。「大ちゃんは絶対成功するからね!あんたは心が良いんだ。今は大変だけど、絶対大丈夫だからね!」という温かい言葉が今も耳の奥に残っています。

記念ケトルベル

独立前に世話になっていた会社の社長と後輩達が、1店舗目のジムである「BEYOND川崎店」を開業した時に、開店祝いで贈ってくれました。