覚悟の瞬間(とき)

Lilyus 店舗デザイナー 坪祐里奈
つぼゆりな

坪祐里奈

千葉県生まれA型
職業:Lilyus 店舗デザイナー
趣味:少年漫画
座右の銘:地味に地道にコツコツと

筑波大学第三学群工学システム学類在籍時に結婚、出産。卒業後、CADオペ―レーターとして施工会社に新卒入社。その後、現場管理業務を行いつつデザイン、作図を独学で習得。2012年、店舗デザイナーとして独立。現在に至る。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

もともと遊園地を造りたいと思い、建築業界を目指していました。しかし学生時代に結婚、出産したことで、就活の際には当時超ブラックと言われていた建築業界は諦め、他の業界の企画等の職種で就活していました。ところが、ダメ元と思って1社だけ受けた建築関連の企業に受かってしまいまして。これはラッキーやってみよう!と思いそのまま就職することにしました。始めはCADオペレーターや施工管理として働いていましたが、やはり自分で考えたものを造り出したいと思い、デザインや製図を独学し今に至ります。

現在の仕事への想い

図面はラブレターだと思っています。お客様に対してはお客様の想いを私がデザイナーとしてどのような形で実現しようとしているか伝えるためのもの。そして施工サイドに対しては、「これを造って下さい」「これを一緒に実現させましょう」というこちらの熱量を伝えるものだと思っています。なので図面を描くことには力を入れています。製図に関しては以前、施工管理の仕事に携わっていた際に沢山の設計事務所やデザイナーの図面に触れ比較検証ができ、それらの良いとこ取りができたのがラッキーでした。

あなたにとって覚悟とは

学生での結婚&出産、就職、独立、海外での仕事を請けたときと、覚悟するべき瞬間は沢山あったはずなのですが、正直一般的に「覚悟」というような程大げさな心意気を持って臨んだ気はしていなくて。そういうときっていつも最後は覚悟というよりは「面白そうだからとりあえずやってみるか」という感じなんです。所謂覚悟の瞬間って私にとってはジェットコースターに乗るときの感覚に似ていると思います。基本ネガティブなので色々失敗したらどうしようとか、迷うんですが、結局、そのドキドキ感とかワクワク感やその先にあるものの方が魅力的に見えて好奇心が勝ってしまうんです。考えすぎると最終的に「ま、いっか。とりあえずやってみよう。」という結論に達してしまいます。ただそんな結論を最終的に選べるのは、そういう私の挑戦を応援してくれる人達に恵まれたというのがとても大きいと思います。

カッコイイ大人とは?

様々な面で余裕がある人です。時間や金銭面に余裕がある人、トラブルが起こった時にドンと構えていられる余裕がある人、他人に寛容になれる心に余裕のある人がかっこいいです。色々な人に会い、様々な経験を積んでこないとそこまで余裕はできないと思います。新人時代に現場でトラブルが起こった際に、落ち着いて対応していた先輩方はとてもかっこよく見えました。

今後の展望

目標は3つあります。1つは40代で商店建築という業界誌に載ることです。商店建築は学生時代から読んでいた想い入れある雑誌です。個人的な見解なのですが、建築のデザインや設計の業界では実務経験10年やってやっと一人前扱いで第一線で活躍している方々は40代以上のイメージです。なので、マイナスから初めて邪道な道を行った女性である私が、王道な道を歩み40代になって第一線で活躍している男性達と肩を並べることができたら面白いなと思いました。もう1つが、このまま離婚せず既婚子持ちのまま60歳までこの仕事をやり続けるということです。この条件でも例えばインテリアコーディネーターや住宅の分野で成功している方はいらっしゃるんです。ですが、店舗のデザイン設計という分野で結婚し離婚せず、子持ちで60歳までこの仕事をやり通した女性が本当に少なくて。だったらやってみたいなと思っています。3つ目は、同じ業界を目指す若い女性のモデルケースになることです。若者の働き方含め、少しでもプラスになってもらえると嬉しいです。

若者へのメッセージ

夢を叶えたいのならとにかく続けて欲しいと思います。それはブラック企業にずっとい続けろとかそういうことではなく、環境は自分で選択し変えていくべきだと思いますが、どんな形や場所だとしてもその業界は続けて欲しいということです。建築デザインや設計も10年続けて一人前と言われるような経験がものをいう職人の世界です。就職して、2、3年で芽が出ないからって辞めてしまうのは本当にもったいない。夢を叶えた人たちの最も基本的な共通点は夢を叶えるまで辞めなかったということです。だから絶対に叶えたい想いや意気込みがあるのなら、辞めないで欲しいなと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

落語家 露の団姫

落語家
露の団姫

FC東京 元監督 城福浩

FC東京 元監督
城福浩

バレーボール全日本男子監督 植田辰哉

バレーボール全日本男子監督
植田辰哉

お気に入り

計測・計算グッズ

仕事にかかせないスケールとレーザー計測器です。加えて、私は暗算が極度に苦手なので関数電卓を常に持ち歩いています。この関数電卓は大学の時に買ったものを未だに壊れず使い続けています。表に貼ってあるシールは息子が小さい時にくれたものです。

手帳

予定はスマホで管理していますが、タスク管理は手帳で行っています。色々試した結果、このメーカーのA5サイズのウィークリーがとても私には合っていてここ何年も新年1月に合わせて同じものを新調しています。表紙の色は毎年その時々の気分で変えています。