ZIGEN株式会社 代表取締役 烏山友幸
からすまともゆき

烏山友幸

長崎県生まれB型
職業:ZIGEN株式会社 代表取締役
趣味:スパイスカレー、ゴルフ、ぬか漬け
座右の銘:Seventh Generation

2004年4月からWeb業界へ進む道を決め、デザイナー育成学校へ入学。卒業後、バイトとしてECサイトのデザイナーを経験し、2006年冬、前職のECコンサルティング会社へ入社。WebデザイナーとECコンサルティングディレクター・プロデューサーを兼任しつつ2013年に前職の取締役就任と同時にメンズコスメ「ZIGEN」を立ち上げ、2015年に独立し現在に至る。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

2009年頃より、女性用のオールインワン化粧品が普及しだしたことがきっかけです。その頃、請け負っていたクライアント様で取り扱っており、1つで4機能を兼ね備えたこれこそ男性向けの商品なのではないかという思いが生まれ、いずれ自分でメンズコスメを立ち上げたいなと考えてました。2013年に前職の取締役になったと同時に、新事業として「ZIGEN」を立ち上げ、2015年に退社し、新たに今の会社を立ち上げ、メンズコスメ事業「ZIGEN」を引き継ぎました。

現在の仕事への想い

インターネットの普及により、消費者の物を買う一つの指標で、CMなどのイメージだけではなく、商品の原材料で選ばれる時代が来ると考えてます。弊社ではそれをふまえ、本質を追求した商品開発を心がけており、原価より商品力を最優先にするという点を第一に考えて、必要でない成分は可能なかぎり省き、人のお肌だけでなく、地球環境をも汚さないブランド作りを意識しております。また、お客様は商品が気に入っていただけたら次もご購入していただけます。過剰な割引サービスや案内、ステマといった不自然な見せ方で「買わせる」のではなく、いかにお客様の都合で自然な見せ方をして「買っていただくか」を心がけております。そうすると結局一番こだわる点は、「商品力」になるんです。

あなたにとって覚悟とは

一番の覚悟は2017年に「日焼け止め」と「シャンプー」を販売開始した時でした。日焼け止めは海に入る際に、シャンプーは生活排水として「海の汚染」に影響してきます。特にシャンプー市場はメンズでもとても大きいですが、その大半が水で排水溝に流れても生分解ができない合成成分でできてるものばかりです。結局は海に戻っていく生活排水による汚染を、メーカーとして少しでも緩和できないかと考え開発した商品は、原価も高くなり、一般的に多く出回っているモノと全く異なるな商品設計です。どこまでお客様に伝わって、少しでも環境を意識した消費をしていただけるかという点が、私の中での使命感と大きなチャレンジとなりました。

カッコイイ大人とは?

正しく未来を作っている、と感じた方は年齢問わずカッコイイですね。私の中では、今の主役は私ではなく若者や子供たちなんです。現在の豊かな日本があるのは大先輩方々のおかげなのですがその反面、地球環境の汚染問題は誰もが知っている大きな社会問題ともなってます。そのツケは結局すべて未来の子供たちに降りかかってしまうのを考えると、今日明日ではなく、10年、100年、200年後の未来を意識した経営・生き方をされている方が一人でも多く増えると嬉しいですし、私自身も普段からそういった企業様を「消費」として応援しています。

今後に向かって

「買い物は選挙である」という言葉を知り、まさにそうだと感銘を受けました。私もモノやサービスを選ぶ際、どの会社を応援したいか?を意識して選択・消費するよう心がけています。未来を考えた商品開発は手間と時間はかかりますが、子供たちに安心安全な商品を手掛けている企業がもっと増えていけば、きっと未来の子供にとっても幸せなことになるのではないでしょうか。弊社はお客様は若い男性が多いので、メンズコスメを通じてZIGENとして一人でも多くの若者に伝えていき、「環境を汚さない男」「エコな男子」がカッコいい、と思われる時代を作っていきたいです。

若者へのメッセージ

私は大人の役目は、次の世代に健全な環境を作り、正しい知識とを伝えていく義務があると考えてます。まずは大人をいろんな角度からしっかりと見ていただき、良いも悪いも全て吸収して、世の中のありとあらゆる物事の本質を見る癖をつけてほしいです。そして良い習慣を、皆さんの後輩や次の世代の子供たちへと引き継いでいただきたいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ヴァイオリニスト 高嶋ちさ子

ヴァイオリニスト
高嶋ちさ子

教育改革実践家 藤原 和博

教育改革実践家
藤原 和博

水中写真家 古見きゅう

水中写真家
古見きゅう

お気に入り

天日塩

塩は体の健康に欠かせない持ち運びが最も手軽な調味料なので、ミネラル豊富な天日塩をできるだけ取るように常にカバンに入れてます。

ハンカチタオル

もともと新陳代謝が人一倍活発なのかよく汗をかくのと、スパイスカレーをよく食べるのでかかせません。