コンピュータハウス ザ・ミクロ東京 代表 豊田倫子
とよたみちこ

豊田倫子

愛媛県生まれA型
職業:コンピュータハウス ザ・ミクロ東京 代表
趣味:中国茶、オートクチュールフルール花びらメイキング
座右の銘:感謝

ヘルプデスクや検証技術者などを経て、約25年前から教育サービスに携わる。IT業界で得たノウハウを体系化し、ビジネススキルとしてリーダーやマネージャー研修、新人研修などのセミナー・研修に活用している。人材育成研修の受講生は約8万人。これまでに5000人以上の文章添削をしてきた。人材育成のために、書く力・話す力を基礎にコミュニケーション力を強化する活動を展開している。認定レジリエンストレーニング講師・中国茶インストラクターでもある。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私は、結婚、出産後に社会人として働くようになりました。その頃は、ヘルプデスクや検証技術者などを経験しました。現場に入ってみますと、文章1行で悩むことも多数ありました。コミュニケーションエラーを起こしてしまうと、人間関係にも影響を及ぼすことを目の当たりにして、「何とかしよう!」と一大決心をして、技術者に尽くすことが日本を良くすることではないかと思い、独立、起業に至りました。

現在の仕事への想い

コミュニケーションをスムーズにして頂いて、より良い人間関係、そして最大限力を発揮できる人材になって頂きたいと考えております。そのためには、若手だけではなく、若手を育成・指導するマネージャーやリーダーの方向けのセミナーや研修に力を入れております。これだけSNSが発達した今の時代でも、やはり文字コミュニケーションは無くならない、益々重要になってくると思います。短いから大丈夫というわけではありません。より良い人間関係が構築できて、風通しの良い組織が出来ればいいなと思っております。

あなたにとって覚悟とは

1番最初は、社会人になろうと思った時です。そして、社会人の中でもIT業界に進もうと思った時です。色々な手段があったと思うんですけれども、子どもに胸を張って将来、「こういう仕事をしてきたんだよ」と言いたかったのも1つです。スタートラインが同期の方より年が上でしたので、その分「私はスタートが遅れているんだ」という想いで必死になって勉強をしました。当時の上司より仕様書でも専門書でも毎晩寝る前に、「1枚読んで食べてしまえ」と言われました。当時私は、「ヤギじゃないから」と答えたんですけれども、それくらいの勢いで勉強しなさいと言われたんだと思います。そのIT業界で生きていこうと決心したときこそが、私の覚悟の瞬間でした。

カッコイイ大人とは?

思いやりのある人だと思います。私が昔、大学の友達のお母様が、その当時は大学教授をなさっていたのですが、その方から「教養」とは相手の立場に立って物事を考えられる、思いやりのある人だという言葉を頂いたことがあるんです。ですから、相手の立場になって考えることができる、柔軟な考えができる、思いやりのある大人がかっこいいと思います。

今後の展望

文章をリーダーの方やマネージャーの方に書くだけではなく、どのように添削指導をしていくのか、マインド面を含めて日本中の方々、特に技術者の方々に届けていきたいと考えております。そして、私の知り合いの方から「女の人生60歳から」という言葉を頂きました。私もこれからまだまだ挑戦できるかなと思っております。

若者へのメッセージ

人と比較するのではなく、自分の目標、目的を決めて頂いて、失敗を恐れずにチャレンジしてもらいたいです。エジソンだって、何千回の失敗をして成功を収めたと言われております。失敗から学ぶことは非常に多いと思います。失敗を恐れずにトライアンドエラーで進んでいって頂きたいと思っております。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ゴルフツアープロコーチ 谷将貴

ゴルフツアープロコーチ
谷将貴

プロ車いすランナー 廣道純

プロ車いすランナー
廣道純

放送作家 鈴木おさむ

放送作家
鈴木おさむ

お気に入り

手帳

私が独立するときに上司からいただいたものです。このスケジュール帖が黒くなるくらいスケジュールがいっぱいになるようにしたいと思いました。

花の日のカード

娘夫婦が母の日に送ってくれたカードです。