株式会社コラボパートナー 代表取締役 宮原博之
みやはらひろゆき

宮原博之

千葉県生まれB型
職業:株式会社コラボパートナー 代表取締役
趣味:アクアリウム、映画鑑賞
座右の銘:努力に勝る才能はない

大学卒業後、通信機器のコンサルティング企業へ入社。その後、株式会社ベンチャーリンクへ入社し、約650店以上の飲食店の業態開発からマネジメント業務に携わる。2005年に株式会社八十八やを創業。2015年には上場企業の飲食業態開発のPM(執行役員)に就任する。2019年(株)コラボパートナー(飲食コンサルティング会社)を設立し、続けて2020年に一般社団法人ジャパンフードコンサルティング協会を設立。(経産省公認)日本経営士会・経営士、M&Aアドバイザーや調理師資格などを有し、多方面で活躍中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

母が複数の事業を手掛ける事業家で、お客様に価値あるサービスを提供し、どのようにマネタイズしていくかを、幼少期から見聞きし身近に感じていました。また父が僧侶という職業柄、世の中に貢献すること、人への接し方のあり方を常に考えさせられる環境で育ったと思います。それらが私の人格に少なからず影響を与え、その結果、自然とサラリーマンではなく起業する人生をイメージすることに繋がったように感じています。そして、コンサルティング企業での経験が現在の私に大きく影響を与えました。そのコンサルティング企業は起業家輩出機関を標榜し、当時33の事業業態、約6500店舗以上の経営支援を行うコンサルティング企業だったのですが、昨今はあまり大きな声では言えない、まるで不夜城のような勤務形態を常としていて、日々多くのコンサルタント達が必死に情熱を持って活動する活気のある会社でした。多くのご支援店舗があったため、コンサルタント達の施策や現場での成功事例、失敗事例、ノウハウが日々沢山集まってきて、それはもう大変刺激的な日々でした。経営者としての心構え、目的・目標からのアクションプランの立て方、マネジメントや課題解決手法等、実務通じ、経営者の方々と一緒になって学ぶ事が出来ました。ここでの経験と実績が独立への自信と覚悟に繋がったと確信しています。

現在の仕事への想い

より多くの飲食企業様と素敵なお店を作り続け、多くの地域を活性化していきたいと考えております。皆様も飲食店に入り、ここに入らなければよかった、不愉快な思いを感じた事はありませんか?そんな店舗でもはじめはお客様に喜んで頂こうと夢を持って始めたオーナー様の店舗だったと思います。いつしか内外的な要因から当初の夢を忘れ、良くない店舗状態になってしまうのです。国内の飲食事業所は約67万事業所と言われ、その入れ替わりは激しく、2年以内での廃業率は約49%強、3年では約7割が廃業し、10年後も営業している店舗は1割程度と言われています。数多くの店舗マネジメントを通して、成功する要因にはいくつか特別な要因がありますが、失敗する要因には共通項目があると感じています。店舗メンバー全員が「実際にお客様心理」を意識して行動し続けられるかが店舗の大きな価値に繋がります。飲食店は大きくても小さくても地域では個店勝負、ここが飲食店経営の面白いところです。店舗独自の成功要因や失敗要因、課題を克服できない要因が明確になっていないそんな企業様に弊社のナレッジやノウハウをご利用頂き、失敗を先回りし回避するための日常的な活動の組み立て、変化が益々激しくなる環境の中でも対応していける飲食店経営に役立っていきたいと考えております。飲食店経営にお困りになっている企業様、オーナー様の手助けをして、継続的に地域に愛される飲食店を沢山作って行きたいです。経営支援の幅を広げる為に飲食店支援のコンサルタントの方々のナレッジの場や研修の場として、一般社団法人ジャパンフードコンサルティング協会を立ち上げ様々な支援の場を広げております。

あなたにとって覚悟とは

私にとって覚悟とは目標と対になっていると考えております。目標達成までの道筋と課題内容も含めて克服しようとする心構えだと考えています。起業した当初は、ある程度の準備、課題を想定し臨みましたが、想定外の課題も出て来ますし信用というものがまだ少ない時点では思うように行かない事も沢山あります。そんな時でも将来の目標を忘れず、自分本意ではなく、世の中の役に立つものが提供できているのか、お客様が喜ぶものを提供し続けられているのかを確認しながら経営する事が肝要であると、心構えとして決めています。このような心構えが私にとっての覚悟です。

カッコイイ大人とは?

何事にも動じず、物事を分解、分析して活動している方。器量や徳のある方がカッコイイ大人だと感じます。「何事も全て自分の気持ち次第、捉え方次第で目の前の内容の在り方が変わる」と捉えられることが大切であり、同じ取り組みをしていても、ある人は「楽しい仕事だ、自分は幸運だ」と思い、一方では「つまらない仕事だ、自分には合わない」と感じる人もいる。どんな時にも将来を見据え、ワクワクするゴールイメージを持てる事が大事だと考えています。物事の全てにおいて、その人がどう捉えるかで気持ちも人格も人生も決まっていくように思いますし、どんな時も冷静に物事を分解して理解し、前向きに活動している方は例えまだ若い方でもカッコイイと感じます。

今後の展望

このたび飲食店経営に必要な重点管理指標のマネジメント、固定客化促進のアプリを開発いたしました。DXが進む中、飲食業界、なかでも中小企業のDXは少し遅れているような気がしております。これまでのコンサルティングからの重点管理指標を店舗で日々マネジメント出来て、また、店舗の固定客化、再来促進の為の活動が簡単にできるように開発したものです。このアプリの普及を進めて、より多くの飲食店経営を持続可能にし、地域に愛される店舗創出を加速していきたいと考えております。普及の為のパートナー企業や協会、団体も着々と集まってきております。

若者へのメッセージ

私もまだまだ発展途上ですが、ワクワクする鮮明なゴールイメージを持ち続けていれば、少しずつであっても全ては解決できるものと考えております。みなさんもゴールイメージを大切に、努力を惜しまず、一歩ずつ一緒に頑張っていきましょう。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ウォーキングドクター デューク更家

ウォーキングドクター
デューク更家

アテネ五輪競泳金メダリスト 柴田亜衣

アテネ五輪競泳金メダリスト
柴田亜衣

第10代世界フェザー級チャンピオン 斎藤裕

第10代世界フェザー級チャンピオン
斎藤裕

お気に入り

PC

なんといってもこれがないと仕事になりません。軽く、バッテリーのみで長時間稼働が出来るものを選んでいます。

iPad mini

打ち合わせメモ、スケジュール管理、情報収集動画、色々とサポートしてくれています。