燦リーガル司法書士行政書士事務所 代表 鈴木敏起
すずきとしおき

鈴木敏起

東京都生まれA型
職業:燦リーガル司法書士行政書士事務所 代表
趣味:作詞作曲・弾き語り
座右の銘:素直が一番

相続総合支援業務や民事信託(家族信託)支援業務を得意とし、東京司法書士会や(一社)日本財産管理協会主催の「遺産承継業務」の研修、(株)船井総合研究所主催の「民事信託実務研修講座」の研修など、専門職向けの研修講師を多数務める。直近では、(一社)信託制度保障協会の推進する「信託財務コンサルタント養成講座」のアドバイザリーボードメンバーとなり活動。士業、金融機関、建設・不動産などにおけるアドバイザリー経験をもとに民事信託制度を利用した財務マネジメント業務の推進と運営保障を担う人材育成のためのワークショッププログラムを考案し、2020年から金融業界や士業一般向けに提供する。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

シンガーソングライターを志した10代20代。当時は自己プロデュース力が足りず、メジャーデビューは成りませんでした。自分を支えてくれる近親者のことを想い、自分の人生は自分だけのものではないと感じたとき、一念発起し司法書士試験に挑みました。

現在の仕事への想い

現在のメイン業務といえる総合コンサルティング業務は、司法書士という資格を活かした、課題のあるクライアントの人生をプロデュースする業務と心得ています。クライアントの人生の節目に出会い、方向性を示し、課題を解決し、その後の人生に末永く伴走できる、このような崇高な仕事をすることができて、本当に幸せです。

あなたにとって覚悟とは

私の事務所、燦リーガルに勤務し、私を傍で支えてくれる職員の人生を色鮮やかなものにしたい。そのためにできることは何でも挑む、そうした覚悟を持って生きています。自分一人で生きて、それなりの幸せを掴むことは容易です。しかし、職員と実現したい世界観を共有し、焦がすほどの情熱を注ぎ、一緒に未来を切り拓くために、毎日4時30分の起床直後からエンジン全開で仕事をしています。

カッコイイ大人とは?

あらゆる事象を一度はマインドリセットして眺め直し、受容と発信のバランスをとりながら、人とのコミュニケーションをはかれる人と、身近で当たり前なことにありがたみを発見し、きちんと感謝の意を表現できる人です。

今後の展望

より大きな発言力を得るべく、自身のブランディングを研ぎ澄ませていきたいです。

日本を背負う若者へメッセージ

真の教養を身に着け、人格者になりましょう。知識や技術など小手先のものはほどほどにしましょう。人は人を選びます。自身の人格を磨くことで、より高次元の人格者に出会い、人生を豊かにしてくれます。仕事の成功は、自然とついてくるものです。当然に富もです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

戦場カメラマン 渡部陽一

戦場カメラマン
渡部陽一

旭山動物園元園長 小菅正夫

旭山動物園元園長
小菅正夫

格闘家 桜庭和志

格闘家
桜庭和志

お気に入り

ペンケース・名刺入れ

子どものランドセルを購入した鞄店にて、ペンケースと名刺入れを購入しました。日々忙しく、子どもとあまり遊べていない中、子どもに想いを馳せることのできる、憩いのアイテムです。

ギター

14歳から30歳まで、シンガーソングライターを目指して歌っていました。今でも、一年に一度くらいは、内輪のイベントで弾き語りをすることがあります。ギブソンのスーパージャンボをベースにした、エレアコ仕様にもできるモデルです。