株式会社Reve Bois Michel 代表取締役 樋口雄基
ひぐちゆうき

樋口雄基

長野県生まれO型
職業:株式会社Reve Bois Michel 代表取締役
趣味:設計、スノーボード、ギター
座右の銘:着眼大局

新潟工科専門学校卒業。2級建築士の資格を取得。新卒で設計事務所に入社、公共施設の体育館・工場・住宅デザイン・店舗の設計など経験を積み、その後ハウスメーカーに就職、新潟全域の住宅を設計施工。平成25年独立。設計、施工、デザインの他農業や雑貨販売など多方面で活躍中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

幼少期、自宅を建てる際に大工さんの手伝いをして建築に興味を持ち、高校時代では進学した学校で山の木を切るという経験から木材に興味を持ち、高校卒業後建築の専門学校へ進学しました。大工コースを選択し骨組みの関係性などを学びその後研究生となり2級建築士の資格を取得。卒業後、設計事務所やハウスメーカーでの経験を経て独立し現在に至ります。

現在の仕事への想い

オシャレさを第一のコンセプトに、遊び心を大切にするライフスタイルを住まいのデザインを通してご提案しています。作るところからエンターテインメントとして捉えているため大人も子どもも楽しみながら暮らせることを大前提に単に「欲しい家」ではなく「新しい喜びのある生活」をご提案しています。デザインだけでなく快適性についても追及し、高気密・高断熱・エコ志向を基本に省エネルギーを重視しています。さらに収納や動線、空間設計におけるアイディアをご家族の好みや暮らし方に合せてご提案していきたいです。「住宅はファッションと似て過剰にお金を掛けたり、流行を取り入れれば良くなるわけではなく、住む人の感性に合せなければ長く付き合えるものにはならない。その感性の部分に持てるアイディアの全てで寄り添えたら」それが私のポリシーです。

あなたにとって覚悟とは

私が覚悟を持ったのは開業すると決めた時です。高校時代に素直な自軍ではなく、その時に両親が悲しむ姿を見て人生を改めようと決心しました。そこから建築士を目指し設計事務所に就職したが勤務時間に拘束され家族との時間も取れないため開業を決意しました。開業したことで家族と過ごす時間を得ることが出来、不安もありましたが覚悟して開業に踏切って良かったと思います。

カッコイイ大人とは?

木梨憲武さんに憧れています。多彩な分野で活躍されているので、私もそういった多彩な分野で活躍できるような人間になりたいです。一つ一つにこだわりを持ちながらお客様にも、それを見ている周りの方にもアートとして楽しんでいただけるものを残したいです。お客様のこだわりに応えられるようにしていきたいです。

今後の展望

街並みづくりが好きなので、自分の作品で街並みでお洒落にしていきたいです。皆様がハワイや海外に憧れなどあると思いますが、ハワイがなぜ魅力的なんだと考えたときに自然が大事なんだと感じました。自然が合う街並み作りをしていきたいです。今後は海外でも認められるようにしていきたいですが、まずは日本の中のコンテストなどで受賞できるように頑張っていきたいです。

若者へのメッセージ

若いからこそ出来ることが必ずあります。私も26歳の時独立した際に周囲からは早いと言われましたが、逆を返せば26歳から始めたからこそ今があると思います。自分がやりたいこと、やりたいものがあれば積極的にチャレンジしてほしいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

北京五輪・女子バドミントン日本代表 小椋久美子

北京五輪・女子バドミントン日本代表
小椋久美子

落語家 露の団姫

落語家
露の団姫

公立豊岡病院但馬救命救急センター センター長	 小林誠人

公立豊岡病院但馬救命救急センター センター長
小林誠人

お気に入り

財布

奥さんからもらったクリスマスプレゼントです。

スニーカー

スニーカーを集めるのが趣味です。これは海外の先行販売で購入しました。