スワンレディースクリニック 産科医 岩本英熙
いわもとひでき

岩本英熙

大阪府生まれB型
職業:スワンレディースクリニック 産科医
趣味:テニス・将棋
座右の銘:禍を転じて福と為す

早稲田大学政治経済学部卒業。長崎大学医学部卒業。同大学医学部附属病院産婦人科に入局。関西医科大学医学部附属病院(麻酔科/新生児科)、田附興風会北野病院、一佑会藤本病院(産婦人科部長)勤務を経て2019年6月に『スワンレディースクリニック(SWAN LADIES CLINIC)』を開院。(東京メトロ南北線「王子神谷駅」徒歩3分、JR京浜東北線「王子駅」から徒歩11分)

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

産科医になるきっかけは、早稲田大学に在籍し就職活動に励んでいた頃、姉の出産に立ち会ったことです。純粋に新しい生命の誕生に感動したのです。出産ってなんて素晴らしいんだ、それをお手伝いできる産科医はなんて素晴らしい職業なんだと。それから一念発起して半年後に医学部の入学試験を受けました。早稲田の卒業試験も重なって大変でしたが、周囲の理解と協力のおかげでなんとか大学卒業と同時に医学部に入学できました。新しい命が生まれるのをサポートする仕事は本当に意義のある仕事だと思っています。産科医になってからは、自らの医療技術を磨くことに全力で取り組みました。分娩は予期せぬ事態から妊婦さんの容態が急変することがあります。産科医の役目は、様々なリスクを予期して妊婦さんを安全にガイドすること、万が一急変した場合には最善の治療を躊躇なく行うことです。最高の分娩ガイドをするには、高度な医療技術が不可欠なのです。

現在の仕事への想い

「スワンレディースクリニックで出産してよかった」とすべての方に思っていただけるように全力で出産と向き合っています。出産は人生に数回、少ない人だと1回だけです。その方にとって出産体験が感動的なものになるように、人生の最高の思い出になるようにサポートさせていただきたいと強く思っています。不安を取り除いてあげられるように、クリニックに相談にきてよかったと思っていただけるように常に考えています。相談で最も多いのは、出産リスクに対する「不安」と陣痛の痛みに対する「不安」になります。自分も赤ちゃんも大丈夫かどうか、陣痛の痛みに耐えられるかどうか、ということをまず考えられる。それは当然のことですけれども、そればかかりに気をとられるのではなく、楽しい未来をもっと思い描いていただけるようにしたいのです。出産リスクに対する「不安」が先に立つのは、ご病気をお持ちの方と健康な方の出産のリスクを一緒くたに考える傾向があるためかもしれません。健康な方の出産のリスクはほんのわずかですので、もっともっとポジティブに出産をとらえていただければと思います。また、陣痛の痛みに対する「不安」は無痛分娩で解決できます。陣痛の痛みに不安がある人には無痛分娩をおすすめしています。

あなたにとって覚悟とは

医学部を再受験するときも覚悟が必要でしたが、それ以上に産科クリニックを開業する決断をするということが、まさに覚悟の瞬間でした。それは、2つの覚悟からなります。1つは、残された人生すべてを分娩に捧げるという覚悟です。分娩は24時間365日いつおきるかわかりません。産科で開業するということは、24時間働くということ、プライベートな時間がなくなるということです。そしてもう一つは分娩の緊張に耐える覚悟です。産科は医療の中でもリスクが高く常に100%の結果を求められます。そうした中、常に緊張感をもって出産のサポートを産科医はしているのです。しかし、思い描く理想の出産を皆様に経験していただきたいという思いが、開業という覚悟を実現させる原動力になりました。

カッコイイ大人とは?

世間の風潮がどうあれ、他人の価値観に惑わされず、自分の信念を貫いてる大人です。その結果として社会貢献ができればなおいいと思います。まさに今、私はカッコイイ大人を目指して奮闘中です。産科医はまさに3Kの職場です。きつい、きたない、危険で医療業界では産科医のなり手が減ってます。そんな中でなぜ産科医を選んだのか?スワンレディースクリニックで実現している感動出産を一人でも多くの人に経験していただきたいという信念からです。

今後の展望

出産家族旅行のすばらしさをもっと広めていきたいと思っています。もっと多くの人に出産という感動を家族で共有していただきたい。そして、人生の大切な思い出にしていただきたいと思っています。スワンレディースクリニックの出産家族旅行という新しい提案に共感されるかたが増えており、東京23区全域はもちろんですが、さいたま市、川崎市、川越市、横須賀市からも出産に来られています。これだけ遠方から分娩に来ていただける分娩施設は、他にはあまりないのではないかと思います。そしてもう一つは産後ケアを充実させて、妊娠中から出産、出産後のサポートまでマタニティライフを一貫してサポートしていける体制を築いていきたいと考えています。産後うつに代表されるように、子育てを一人で悩まれている方が多くいらっしゃいます。その方々のお悩みを少しでも軽減すべく、関係各所と連携協力し、トータルでフォローアップできる体制を整えていきます。現在は東京都北区、板橋区、足立区の産後ケア施設に認定されていますが、もっと多くの自治体の協力を得たいと働き掛けています。

若者へのメッセージ

出産旅行という新しい提案は、従来の里帰り分娩とは真逆の発想です。故郷に戻って出産する、あるいは近所だから出産するのではなくて、スワンレディースクリニックは素晴らしい場所なのでスワンレディースクリニックに遠方から出産旅行に来てくださいという提案です。例えばそれはきれいな結婚式場で結婚式を挙げ、素敵な場所へ新婚旅行に行きたいというのと同じで、ぜひスワンレディースクリニックのような素敵な建物、設備、スタッフの中で最高の出産を経験してくださいという提案です。皆さんも新しいアイデアとその実現に向かって突き進んでください。そのためには、情熱と努力が必要です。行く手には幾重にも困難が待ち受けてるでしょう。その困難を、禍を転じて福と為るように前向きにとらえて立ち向かってください。皆さんの熱意が周囲に波及して、共感を呼び、色々な人がサポートしてくれます。目標を立て、アイデアを練り、それを実現して社会貢献してください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

アテネ五輪・競泳メダリスト 中西悠子

アテネ五輪・競泳メダリスト
中西悠子

メンター 会長 藤田隆志

メンター 会長
藤田隆志

宮内建築 棟梁 宮内寿和

宮内建築 棟梁
宮内寿和

お気に入り

スワンレディースクリニックのオリジナルボールペン

スワンレディースクリニックのロゴいりオリジナルボールペンです。スワンレディースクリニックのロゴがとても可愛くて気に入ってます。お母さんの白鳥と子供の白鳥が描かれています。

スワンレディースクリニックのオリジナルハーブティーとカフェインレスコーヒー

妊婦さんでも飲めるおいしいハーブティとカフェインレスコーヒーをスタッフと一緒にブレンドしました。スワンレディースクリニックで販売もしていてとてもおいしいと好評です。