覚悟の瞬間(とき)

ゼロ・イチ研究所 経営者 中喜隆
なかよしたか

中喜隆

広島県生まれA型
職業:ゼロ・イチ研究所 経営者
趣味:ドライブ、旅行、バーベキュー、音楽鑑賞、演奏
座右の銘:千里の道も一歩から

九州工業大学情報工学府博士後期課程卒業、博士(情報工学)取得。日本機械学会若手講演フェロー賞を受賞。大学卒業後に三菱電機株式会社に入社。SiCパワーモジュールの研究開発に従事。在籍時に先端技術総合研究所所長賞を受賞。その後、自分で事業をしたいと思い2017年独立、2018年ゼロ・イチ研究所株式会社を創立。現在は研究者の考え方を身近な課題解決のツールとして仕組み化し、お客様の笑顔創造に邁進しております。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

幼少期から周りの人が笑顔になっている状態が好きで、人々に夢や希望を与えて笑顔にしている偉人の生い立ちを書いた本が好きでした。大学の研究室に配属され、初めて研究というものに触れましたが研究自体を好きになることはできませんでした。その時は企業に就職して自分が関わった商品を世の中に早く出したいと思っていました。しかし、恩師から博士課程への進学を進められ、博士号を取得する中で、研究者の思考はいろんなことに応用できると気づきました。実際、友人から相談された時に研究者の思考で整理すると課題が解決して笑顔になるのです。そんな研究者の思考をもっと社会に役立てて、もっと喜んでもらいたいと思って起業しました。

現在の仕事への想い

会社の経営理念に掲げている「研究開発を通じて新しい価値を創り続け、笑顔あふれる社会を実現する」ことが私の行動理念でもあります。笑顔あふれる社会には、自分も、家族も、従業員も、お客様も、社会を構成する人も含まれています。私はまずは自分や自社のできる範囲でにはなりますが、依頼いただいた方の課題を解決して笑顔にすることを最初に考え、自分や自社で足りなかった部分は次は解決できるように自社サービスを進化させるようにしています。常に変化・成長できる自由闊達な会社とし、より多くの笑顔を生むようにしたいというのが、私の大事にしている想いです。

あなたにとって覚悟とは

私にとっての覚悟とは、会社を維持、発展させることです。最初個人でやっていた時は、きつくなったら辞めても良いやと思っていたと思います。個人で創業しましたが、その後寿命の無い法人に変えて、経営状態が苦しい中でも共に歩んでくれる従業員もいて、自社のサービスを喜んでくれるお客様も増えて、この会社があることで笑顔になる人が増えるのだと実感しています。この会社を発展させることで、これまでに私や会社を応援してくださった人たちへの恩返しができると思っています。何がなんでも絶対に笑顔を増やす会社を後世に受け継ぐという想いで事業に取り組んでいます。

カッコイイ大人とは?

自分で決めて、自分で進める人です。自分で進むためには、私たちが社会の中で生きている以上、当然謙虚に学ぶことや、他人のことも考えないといけません。しかし、全ての根幹に自分で決めて、自分で進めているんだという自覚がないと、他人のせいにして、進まない人生になってしまいます。自分で決めたことを自分で進んで極めている人!やっぱり自分ごととして、一人称で語っている人はカッコイイです。私もそうありたいと思います。

今後の展望

さらに実績を積んでいき、自社のサービスを発展させて、喜んでもらえる人の数を増やしていきたい。そのためには、従業員を筆頭に仲間をどんどん増やしていくことが必要です。仲間となってくれる従業員も自分の強みを発揮できる仕事を通じて自分の夢を実現できる会社にしていきます。そうやって社内も社外も共に喜び笑顔になれる状態を築いていきたいと思います。その結果研究者の思考に興味を持つ人が増えて、その人たちが自分の道を開拓することができれば、日本社会の活性化に少しは貢献できるのかなと思っています。

若者へのメッセージ

私も若いので、大したことは言えませんが、簡単に諦めるのではなく、自由闊達に議論できる仲間と共に、毎日一歩でも前に進んでいければ良いと思います。過去は変えられないが、未来は変えられるので。研究には、予想と結果が違った、目的を達成できなかったという事実はあっても、失敗という概念は存在しません。なぜなら、今最新の研究も次世代では過去の研究になるからです。つまり今の失敗と思える事象も未来の研究の礎になっている可能性があるということです。失敗をあえてする必要はないですが、常に前を向いて進めればと思います。これは私も常日頃から意識して切磋琢磨しております。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

プレイヤー・ディレクター 夏木マリ

プレイヤー・ディレクター
夏木マリ

WBC世界ストロー級初代王者 井岡弘樹

WBC世界ストロー級初代王者
井岡弘樹

元プロ野球選手 広澤克実

元プロ野球選手
広澤克実

お気に入り

時計

祖母→祖父→父→私と贈られた時計です。代々大切にしている人に贈られてきた時計なので、私にとってはお守りみたいな存在です。ロンジンというメーカーの時計で、材質がチタンと珍しいので、時計に興味のある方と話すきっかけになることもあるので、初対面の人と会う時はつけていくことが多いです。

ネクタイ

妻のお母様が誕生日プレゼントに買ってくださったネクタイです。このネクタイを初めてつけて臨んだ商談が成功し、お仕事を受注したことから、パワーアイテムです。