覚悟の瞬間(とき)

クーパー動物病院 獣医師 黒田美奈子
くろだみなこ

黒田美奈子

兵庫県生まれO型
職業:クーパー動物病院 獣医師
趣味:歴史小説、映画、動物と一緒にいること
座右の銘:清濁併せ吞む

大阪府立大学農学部獣医学科修士卒業。付属病院で研修後クーパー動物病院開院。2005年獣医ホメオパシー専門医。2022年現在、日本獣医ホメオパシー学会JAVH会長、国際獣医ホメオパシー学会IAVH副会長。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

子供のころから動物や生き物が好きでした。特に身近にいる虫やトカゲなどの小さい生き物や鳥の生態を観察することが好きでした。小さい頃よりずっと動物や生物に関わっていきたいという気持ちが強かったと思います。片っ端から捕まえては、ビオトープのようなものを子供ながらに作って飼おうとしました。ことごとく失敗しましたが・・。獣医になろうと決定的だったのは、小さい頃より尊敬していた漫画家、手塚治虫先生のブラックジャックが高校生のころの愛読書だったことかもしれません。当時、私自身の飼い犬がひどい皮膚病になった時に、最初の病院での治療内容が納得できず、次の病院で全く違う方法で良くなりました。自分で判断できる力が欲しいと思ったことも後押しになりました。

現在の仕事への想い

病気を治療する側の獣医師でもありますが、犬や猫と生活する一飼い主の視点も忘れないようにしています。ヨーロッパの伝統医療の一つであるホメオパシーを学んでからは、症状一つ一つに対処するというより、体の中ではすべてつながっているという動物の身体全体を診て治療するというホメオパシーの概念がもともと持っていた自分の考え方にあっていたことを認識し、今では自分の診療の根幹となっています。また海外の獣医師との交流の中から日本での犬や猫との接し方の違いなどを知り、良いところは取り入れていくようにしています。

あなたにとって覚悟とは

阪神淡路大震災の激震地で被災したことです。いろいろなものを失いました。建物は幸い残っていましたが、家族や犬猫、家を亡くした飼い主の皆さん、震災後、大事な動物たちを手放さざるを得なかった人、遠方に転居せざるを得なかったひと。思い出の品物だけでなく、人と人とのつながりも失いました。同時に、カードが使えなくなった公衆電話で残ったコインを並んでいる後ろの方に手渡していったこと、食べ物が無いでしょうとお弁当を買ってきてくれた患者さん、人と人との小さな助け合いの温かさも感じました。この時に、形のあるものはいつか壊れて無くなっていってしまうけれども、培ってきたもの、経験してきたことは決して無くならないと思うようになり、ある意味、物への執着心が無くなったと思います。次は死ぬかもしれないと余震の中で思ったとき、命より大切なものはないと肌で感じました。その時、自分の中ではっきり何かが大きく変わったと思います。悔いのない命の時間は誰にとってもかけがえのないものだと。

カッコイイ大人とは?

自分の信念をたやすく変えない人です。また間違えたときに心から詫びることができる人です。あるがままの姿でいることや、自分を過剰に大きく見せることせず、偉そうに見せることはしないように私も心掛けています。看護師は若い人が多いですが、若い世代の人からも、学ぶ姿勢をもって、分からないことは、分からないから教えてと言える人でありたいと思っています。常に何かを学ぶこと、特に自然の中に存在しているものから学び取っていきたいと思っています。

今後の展望

今は昔と違って、犬や猫の値段が本当に高くてびっくりします。お金が無ければ動物を家族に迎えられないのだろうか。シェルターから引き取りたいと思っても、条件が厳しすぎて、今まで動物をきちんと世話してきた家族でも却下されてしまう話を耳にします。お金持ちの人でなくても、普通に犬や猫が飼える世の中にしていきたいです。高齢の方も動物と一緒に生活することで、健康寿命が延びると確信をもっています。犬や猫たちは人の健康維持にこんなにも貢献していることを認めてほしいです。飼い主が病気になった時など安心して動物を飼える仕組みがあったらいいなあと思っています。

若者へのメッセージ

希望の学校や進路に行けないこともあります。そこは希望したところでないかもしれないけれど、そこでの経験は次の自分にきっと生きてくる、役に立つはずです。若いうちには、人に迷惑をかけない心配させない範囲なら、じゃんじゃん失敗しておくことです。大人になったら恥ずかしくてなかなか失敗できなくなってしまいます。若い時にどれだけたくさん失敗しておくか、とりあえず関係ないことでも一生懸命やってみることが、知らず知らず自分の引き出しを増やしていってくれて、かけがえのない財産になります。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

俳優 田中要次

俳優
田中要次

栃木県知事 福田富一

栃木県知事
福田富一

放送作家 元祖爆笑王

放送作家
元祖爆笑王

お気に入り

ローバー社のミニクーパーの絵皿

私にとって車とはミニクーパーです。免許取りたての時から今もローバーのミニに乗っています。あまりに好きで病院の名前にも付けたくらいです。これはそんな私に患者さんが作ってくださった、当時私が乗っていたミニを描いた絵皿です。

手塚治虫先生のコミック

子供のころから手塚治虫ワールドにどっぷり浸って育ちました。小学生のころから初版本を探したり、お年玉を握りしめて古本屋の常連になっていました。自宅には思い入れのある本がたくさんあります。今の私の少なくとも半分は手塚コミックによってできていると言っても過言ではないはずです。