覚悟の瞬間(とき)

一般社団法人埼玉生活支援協会 理事 井上昇
いのうえのぼる

井上昇

北海道生まれB型
職業:一般社団法人埼玉生活支援協会 理事
趣味:市民マラソン
座右の銘:心頭滅却すれば火もまた涼し

横浜国立大学卒業。大手銀行にて融資担当を経験後、システム開発を経験し幅広い業務をシステムの視点から見ることを学ぶ。早期退職後、日本にアメリカ型のFPを広めようとしていた人と出会い、FPに興味を持ち、独立を決意。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

銀行での早期退職にあたり、再就職先を検討していた時に、雑誌で独立プログラム養成講座を知り参加しました。他にも自分ができる職業があるかどうか転々としましたが、銀行で培ってきたスキルと経験を活かすことができる仕事だと判断し、独立を決断しました。システム部に在職していたので、再就職支援会社は関連企業を多々紹介してくれましたが、システムはひとが絡むことが少なく個人的には人と話すことが性に合っていたためFPを選択しました。北海道と東京の両方で事務所を開くことも可能と判断し、実家の親の面倒も見れるので思い切ってこの道で飯を食っていこうと考えました。

現在の仕事への想い

FPの資格はアメリカから井畑敏が日本に持ち込み、田中和男がFP資格保有者を拡大しFP協会は20万人を超える数となりました。ただ残念ながらFPの実務科はほとんどいないという現実をみたこと、また上記のお二人から、FP業界を何とか確立したいという思いを託されたのもあり、NPO法人JCPFP(旧:日本FP普及協会)の代表を引き受けることにしましたが、ファイナンシャル・プランナーが収益を上げることが難しく、この課題を何とか打破すべく日々、施策を検討しています。若い方がFPとして独立し、子供を育てて、住宅ローンも借りられて、ゆとりある生活を謳歌できる業界の確立を望みます。

あなたにとって覚悟とは

早期退職を決断した時、子供のこと、妻のこと、親のこと、今までのキャリアのこと、ありとあらゆることがめぐり、決断ができない状態ではありましたが、自分のやりたいことを優先させることとし、家族や親には了解を取らずに退職を決めました。また、独立してからはクライアントと接するときにはともに心中する覚悟にて相談を受けることにしています。とことんクライアントに付き合う覚悟がなければ当然ですがが、クライアントも心許して相談者と認めてくれません。何があっても金の損得を度外視して、クライアントの課題、悩みに向きを気構えを大事にして後進のFPにも伝えています。

カッコイイ大人とは?

無為自然な人です。周りの環境に流されず常に自由である人はカッコいい大人だと思います。また”自分で決断することができる人”は、無理せず素直に皆さんの要望を受け入れて、そのうえで自然に振る舞うことができる人はカッコいいです。

今後の展望

渋沢はその時代「高く広い視点で時代が要請するものを見極め」、天下国家のためという意識のもとに種々の施策を推進しました。私たちFPも「個人の資産形成という視点で時代の流れを見極め」セミナーの聴講者や相談者のため、一人ひとりにあった解決策を提供・提案していきます。渋沢は国家の未来創造のために全エネルギーを注ぎました。一方、我々FPも、一般市民の将来設計(未来創造)に日々邁進していきます。「人は石垣、人は城」、武田節ではありませんが、個々人が国の基盤です。個々人が豊かになって初めて国(日本)が活気を取り戻します。

若者へのメッセージ

渋沢は国家の利益が最終的には国民の利益につながると考えていました。私は個人の安定した生活が本人の、そして企業の、最終的には日本という国の利益につながると考えています。個々人の生活を豊かにすることがFPのミッションです。若い埼玉のFPの皆さん。個人の安定した生活を創設すべく私とともに社会インフラ作りをスタートさせましょう。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元サッカー日本代表 ラモス瑠偉

元サッカー日本代表
ラモス瑠偉

作家 よしもとばなな

作家
よしもとばなな

放送作家 鈴木おさむ

放送作家
鈴木おさむ

お気に入り

腕時計

40年以上前のソビエトを想起します。

万年筆

保険会社にハワイへ招待されたときに頂いたものです。