覚悟の瞬間(とき)

医療法人 西山歯科 理事長 岩瀬啓介
いわせけいすけ

岩瀬啓介

愛知県生まれA型
職業:医療法人 西山歯科 理事長
趣味:サウナ巡り
座右の銘:自分の限界を作らない

朝日大学卒業。岐阜市歯科医院で勤務(分院長兼任)。その後、医療法人西山歯科理事長に就任し現在に至る。日本インプラント学会、日本顎咬合学会、ITI国際インプラント・再生医学学会、ITIスタディークラブ、東京SJCD、中部インプラントアカデミー、MDIスタディークラブ所属

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私は、両親が歯科医師という環境で生まれ育ちました。昔から運動が好きで、とくに野球が大好きで小学生の頃は毎日友達と朝練をしたり部活動をしたりで野球に没頭していました。小学校6年生の時には愛知県大会で優勝することも出来ました。そして、幼少期からあこがれていた高校野球も経験し、残念ながら最高の結果を得る事は出来ませんでしたが、高校生活をがむしゃらに一つの目標に向かって突き進む大切さ、喜び、辛さ、厳しさなどを体験出来ました。現在の自分の礎になっているように感じます。今後の自分の人生をどうするか、正直、高校3年生の夏までまったく考えていませんでした。その頃は、美容師になりたいとか福祉の方に進みたいとか漠然の思いしか有りませんでした。父と話し、歯科医師ってこんな感じだと初めて歯科という仕事について聞き、姉も歯科大学に進んでいたので、身近な存在からの話も日々聞く事が出来ました。それらをふまえ自分自身と向き合い考えた結果、歯科医師になろうと決断しました。

現在の仕事への想い

常に「なぜ?」を考える事です。なぜ虫歯になったか、なぜ詰め物が取れたか、なぜ痛みが出たかなど物事には必ず原因があるはずです。原因を除去しない限り必ずといっていいほど再発を繰り返します。再発をしない為には、原因を取り除く事が大切で、その為には患者さんごとの基本資料を採取して問題点を抽出し、診査・診断をして治療計画を立案する事が我々の仕事のベースになると考えています。患者さんには現在の状態をお伝えして、将来おきうる可能性がある事を出来限りお伝えします。私の一番の想いは、患者さん自身が自分と向き合い、今後どのような生活を送りたいかをご自身に問いかける時間を持って頂きたい事です。口の中は、体に物が入る入り口のです。歯は物を食べ、生きる為の栄養を体に取り込む大事な役割を担い、また食べる事で多くの幸せを感じる事が出来るので、お口の健康・歯の健康をもっと皆さんに感じて欲しいです。

あなたにとって覚悟とは

振り返ると色々な瞬間で自分なりに覚悟を決めて前に進んできたのかなと想います。その中でも、歯科医師のライセンスを取れた瞬間が私にとっては一番の覚悟の瞬間だったと想います。この道で一生を捧げる覚悟・人の為に決して手を抜かない覚悟・自分の自由な時間・お金を削って自分自身のアップデートを欠かさない覚悟などです。私自身は、自分を雑草だと想っています。決して頭も良くないし、取り分け何かの才能が秀でてもいません。過去にたくさんの失敗を経験してきました。ただ、その分失敗から学んだ事も人一倍多く、一つ一つ小さな目標を立て、小さな成功体験を多く体験した事で、諦めない事の大切さを学びました。自分自信に限界を決めない事が私の強みになっています。最近では、父がこれまで守り抜いた医院を伝承し、去年改装して自分の想いを込めて設計した自医院と共に、地域の方々に少しでも恩返しが出来るように残りの歯科人生を捧げると決めた事も覚悟の瞬間です。

カッコイイ大人とは?

まずは、「男として男に生き様がかっこいい」と想われる人物に今後はなりたいと想います。私の周りにはプロフェッショナルが多くいます。60歳を過ぎ、まだ向上心を持ち休みの日にはセミナーに出られている先輩方や70歳を過ぎてなお、海外に講演をしにいかれている方などです。歯科医師としての志を体を張って伝えて下さるので、若手の私たちが手を抜く事など到底出来ません。素晴らしい諸先輩方が周りにいらっしゃるので私は幸せです。また、歯科医師以外にも歯科界には、歯科技工士さんや歯科衛生士さん歯科助手さんなども活躍されている方は多くいらっしゃいます。男女・年齢問わず、歯科に対して本気で取り組み悩み、知恵を出し合って切磋琢磨している人達には、尊敬が出来、かっこいいと想います。

今後に向かって

私の歯科医師としての人生は残りおそらく35年前後しかありません。年を重ねるごとに一年、一年が早く過ぎ去っていくように感じます。大きな枠で考えると、日本の歯科会がもっと盛り上がるように微弱ながらも貢献していきたいです。アメリカでは、なりたい職種で歯科医師は第一位になった事もあるそうですが日本では…。目先の目標としては、噛めない事で悩んでいる方に対しては、診査・診断力や治療の腕をあげて永続性のある治療の立案・マネージメントをしていきたいですし、「予防歯科」にも力を入れています。痛い・辛い・怖いで来院して頂くより、歯を失わない事を目的に、日頃から定期検診に来て頂き、悪くなる前に健康な口腔内環境を維持して行くことが今後は大切になると想います。もう一つは「育成矯正」・「成人矯正」です。問題点が将来的に起こりにくいように、歯並びや口腔内外の習癖を取り除く事を目的に行います。考えば考えるほど歯科医師として、やりたい事・やるべき事はたくさん有るので大変ですが楽しみでいっぱいです。

若者へのメッセージ

まだまだ私自身が駆け出しの若輩者なので、大それたことは言えませんが、私自身はとてもやりがいがある職業だと感じています。人と接する事が多い職業ですので相手の事を想う事ももちろん大切ですが、まずは自分と向き合い自分を知る事がスタートだと想います。年数を重ねるごとに出来る事が増え、出来た気になるのですが、あくまでも過去の自分と比較して評価をしているだけなので本当の意味での成長にはなりません。早くご自身の師を見つけ、学び・まねび他人の評価を受け自分の立ち位置を常に素直に受け取って下さい。誰しも大きなジャンプは出来ないので、数年後の自分の姿は現在の小さな一歩一歩が作り上げた結果です。己を的確に知る事で、現在の技量を知りそのステージ毎に患者さんに提供出来る事は変わってくるはずです。自分が着飾り・背伸びしても、結果的に患者さんにつけがまわるのは悲しい事です。そして自分の限界を決めないで欲しいです。目の前に立ちはだかる壁は、自分の成長への糧になるはずです。しっかりと向き合いましょう。超えられない壁はきっとやって来ないはずです。私はそう信じます。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

国立天文台 副台長 渡部潤一

国立天文台 副台長
渡部潤一

第97代内閣総理大臣 安倍晋三

第97代内閣総理大臣
安倍晋三

プロハンドボール選手 宮﨑大輔

プロハンドボール選手
宮﨑大輔

お気に入り

腕時計

自分自身で初めて買った大人の時計。休みの日に身に着けて、眺めたりしています。付けているとやはり気が締まります。

ボールペン

患者さんにいただいたもの。元々両親がしていた歯科医院に息子である院長が帰ってきたことに喜んでくれた患者さんが「これからも勉強頑張って」といただいたものです。