FIDESTA 代表取締役 西田旺功
にしだあきのり

西田旺功

長崎県生まれAB型
職業:FIDESTA 代表取締役
趣味:旅行
座右の銘:言い切る力

2016年 東京農業大学 地域環境科学部 造園科学科を卒業。同年、造園会社に就職。職人とし3年間造園業を学ぶ。2018年 株式会社FIDESTA設立。営業代理店、人材派遣業として活動している。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

小さい頃から経営者一家で生まれ、小さい頃から経営者になるという考え方はありました。実家は造園業を営んでおり、造園業に一度は進みましたが、大学時代に営業や人材派遣をおこなっている会社で仕事をしていたこともあり、その時から着いてきてくれた仲間がいたため、起業に至りました。

現在の仕事への想い

私自身もですが、社員によく言っていることがあります。仕事をする上で、わがままであるべきだと思っています。自分の人生ですし、自分のやりたいことや、目標に向かっていくのに、わがままでいて欲しいと思っています。もちろん、わがままという意味を履き違えてはいけないですが、会社の為に働くという考えはいらないです。会社としての目標やビジョンが、しっかり意識としてある上で、後は自分の能力や将来に向けてわがままであるべきだと思います。そうすることで、私含め社員ひとりひとりが成長できる場であり続けたいと思っております。

あなたにとって覚悟とは

娘が生まれた瞬間だと思います。この子に不自由はさせたくない、やりたいことはやらせてあげたい。その想いを持ったときから今思えばスタートし出し、今があると思います。家族から社員へと気持ちも広がり、社員の家族にも僕と同じ想いを実現するために日々試行錯誤しています。

カッコイイ大人とは?

仕事を通して色々な方とお会いしてきました。その中でも私がカッコいいな本気で思える方は、ビジネスなので利益を追求していくのはもちろんですが、世の中を本気で変えたい、世の中を良くしていきたい。そのためには商品やプロジェクトの追求を妥協しないですし、それ以上に、共に活動していく仲間の大事さを本気で考えられてる方は本当にカッコいいなと思います。気付けばそういう方としか仕事を共にしていないですし、そういう方々に支えられて今があると思っています。私も、今後お会いしていく方々に、そういうカッコいい大人と思って貰えるよう歩んでいきたいです。

今後の展望

私たちは営業会社として、色々な会社様やお客様に支えていただきながら活動しております。営業を更に追求していき、人としても成長していける場を作り出していきたいと思っております。また、仲間たちと新しい文化を作り、世の中を良くしていける会社になりたいと思っております。皆様に認められる第一歩として会社をやる以上は上場を目指し、仲間と共に鐘を鳴らしたいです。

若者へのメッセージ

時間は無限じゃないです。若いというのは、どんなものより武器だと思ってください。どんな金持ちも時間は買えません。自分が小さい頃、20歳の人は大人だなーって思ってたけれども、自分が20歳なって思うと思います。思ったより子供の感覚があることを。それは、30歳、40歳なっても、多少なりその感覚があると思います。何が言いたいかと言うと、若いからという理由で、目上の人の前でも萎縮せず、挑戦してください。挑戦するからには、必ずやりぬかなければなりません。それを若いうちに実行することにより今の30代、40代といった人たちと負けずに戦えます。そして、自分が30代、40代なったときに必ず他の人たちと差がつきます。1秒たりとも今を無駄しないで、今死んで良かったと思えるような後悔しない1日1日を過ごして欲しいですね。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

水中写真家 古見きゅう

水中写真家
古見きゅう

ダンスアーティスト ケントモリ

ダンスアーティスト
ケントモリ

小説家 湊かなえ

小説家
湊かなえ

お気に入り

時計

初めての時計です。

リュック

妻からのプレゼントです。