覚悟の瞬間(とき)

医療法人社団新心会 理事長/歯科医師 冨田和志
とみたかずゆき

冨田和志

埼玉県生まれO型
職業:医療法人社団新心会 理事長/歯科医師
趣味:Jリーグ観戦、サッカー
座右の銘:変わることを恐れるな

明海大学歯学部卒業。都内の歯科医院に勤務後、埼玉県上尾の病院で副院長を務め、その後久喜歯科を開院。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

自分が子供の頃、乳歯が抜けずに痛くて歯医者にいきました。そもそも歯医者に怖いというイメージがあり怖がっていた自分の歯を白衣をきた歯医者さんが笑顔でサラッと痛みをなくしてくれ、それ以来自分もこんな歯医者さんになりたいと目標ができました。そういう経験があるからこそ患者さんをリラックスさせることのできる「笑顔」は必要なんだと思っています。この間自分を診療した後で、お母さんに「歯医者になりたい」と言ってくれた子供の患者さんがいたらしく、これからは自分がそういう存在でいれればと思います。

現在の仕事への想い

ショッピングでの服選びや飲食店を選ぶのと違い、いくらインフォームドコンセントという言葉が一般的になっても、やはり医療は本当の意味で患者さんの希望に沿った治療を提案できてないことがどうしても多いです。実際にあなたは~しかできないよって他の歯医者さんで言われた。という患者さんは多くいらっしゃいます。価値観は様々なので、歯に値段をかけるよりも買い物にお金を使いたい人だっているだろうし、逆もまたしかり。その人々のニーズに本当の意味で答えられる最善の治療を提供したい。そして患者さんにありがとうございましたって言って頂けた時が最も仕事のやりがいを感じます。

あなたにとって覚悟とは

久喜歯科を開院する時です。まだ若かった僕は新しく開業して、果たして患者さんに支持されるのかやはり正直不安もありました。ただどんな結果になろうとも、患者さんファーストの診療をずっと続けていこうと。それを続けることによりきっといつか支持されるはずだから、「患者さんのため」そこだけはブレずにやっていこうという覚悟が本当の意味で決まったのがそのタイミングでした。そのおかけで、今は1病院あたりで来院していただく患者数としては埼玉県でもトップクラスというほど多くの患者さんにご支持を頂けています。

カッコイイ大人とは?

現状に満足せず、常に上を目指せる人です。人間どこかで、ここまでやったら十分だろうと思ってしまいますが、そこが天井知らずの人は本当に尊敬できる人。もちろん有言実行の範囲内でですが。また回りと違う視野で物事をとらえられる人、目線を持っている人はすごいと思うし自分もそうありたいと思います。

今後の展望

歯科治療はひとつだけの答えがあるわけではないからこそ、どれが患者さんにとってのベストかという選択は難しいと思います。この全てが患者さんのための診療というのをもっと広い範囲で色んな患者さんに提供したいです。医療法人社団新心会として、それを久喜だけでなく、埼玉、東京と広めていくことが努めだと思っています。治療を成功させるのは当たり前。その先の患者さんの満足度を高める、そこにゴールはないと思っているので常に向上心をもってやっていきたいと思います。

日本の明るいミライのために

これは、歯科に限ったことではないがどの仕事でも顧客が存在するから報酬がでて、仕事として成り立っているはず。医療の場合は顧客ではなく、患者さんだが、常に顧客第一で考えれば必ずなにかしらの成果はでるはずです。その上で自分自身のアップデートを常に忘れず、より良い自分を作っていけば成功できると僕は信じています。自分もまだまだ若者だと思っています。職場でも自分より下の立場の人にも自分が直すべき所を聞いたりしているし、謙虚な気持ちもずっと持ち続けることは大切だと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

福岡市長 高島宗一郎

福岡市長
高島宗一郎

講談師・人間国宝 一龍斎貞水

講談師・人間国宝
一龍斎貞水

プロビーチバレー選手 草野歩

プロビーチバレー選手
草野歩

お気に入り

ヘアワックス

仕事時は前髪を上げて仕事モードに自分の中で切り替えています。
気持ち的に仕事する上で必要なアイテムです。

大学の卒業記念のボールペン

卒業して歯科医になるときに配られたボールペンを今でも芯を替えて愛用しています。
歯科医師になったときの謙虚な気持ち、初心を忘れないためのアイテムです。