ミライベース  代表取締役 加藤雅章
かとうまさあき

加藤雅章

埼玉県生まれA型
職業:ミライベース 代表取締役
趣味:麻雀、ドラマ、映画鑑賞、マンガ、読書、カラオケ、絵画
座右の銘:プライドを捨てることが俺のプライド

早稲田大学教育学部英語英文学科卒業、新卒で商店街ホームレスに。その後ベンチャー企業立ち上げに参画し、2012年、コーチングサービスで独立。次々と事業を立ち上げ譲渡し、現在は、1on1のライブ配信アプリケーションや、社内の貢献を見える化するアプリのリリースなど、連続した小さなGood Inpactを起こすために奔走中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

基本的にその場のノリと勢いで生きているので、やりたい!と思ったから、としか言えません。直感でやりたいと思ったら、即動いてきました。その即動くということでもちろん迷惑をかけたり周りを振り回したりなども今までも、たくさんありますが、その繰り返しの結果、今にたどり着いているのかなと思っています。未来はどうなるか僕にはわかりません。しかし、情報を浴びることと、多くのものに触れること、自分の直感を信じること、可能性を信じて自分らしくやること、怖くても前へ踏み出すことをしてきたことが経緯なのだと考えます。

現在の仕事への想い

自分がまず一番楽しむことが大事だと思っています。まずワクワクして働く。自分らしく働く。遊び心を持つ。大人にならず、子供心を大事にする。それが社員や、周りの方々に伝染して周りもハッピーになっていきます。あとは、常識に縛られないことですね。常識を疑ってあえて「逆に」を考えてみる。あとは、成功よりも、成長。伸び伸びと自由な風潮だからこそ、それぞれが成長していくんだと思います。利益は空気なので目的にはしない。目的は社会を良くすることです。税金を納めることが社会への貢献。楽しくないと思うことはやらないようにしています。

あなたにとって覚悟とは

よし、覚悟しようと思って覚悟したことはない気がします。やっていくうちに、覚悟に代わっていったというか。ただ、今の妻が10歳年上で、子供が既にいた時に付き合った時点で、就職をせずに自分の力で食べていくという決心をしたことがある意味覚悟だったのかなと思います。選択肢を捨てたことによって、その道で生きるという覚悟に変わるのかなと思ってます。それが今の自分を作っていると思うので、結果としてよかったと思っています。あとは最近ですとコロナ禍での事業転換は自分の中でも大きな決断でした。コロナ禍に影響されて売り上げが大幅に下がることが予測されたため、一気に事業の方向転換をして、事務所も新設し、会社で一丸となって新規事業に取り組めたことがかなり大きいです。

カッコイイ大人とは?

どこまでいっても、自分が自分をかっこいいと思えるか、素敵やん!と思えるかだと思います。もちろん他人からの評価軸も必要ではありますが、あくまで自分で今の自分に納得できているかどうか。そこに尽きるのかなと思いますし、僕はまだ今の自分に納得できてない部分が多いので、納得できる理想像を目指して突き進んでいる感じです。なので、まずは自分の理想像を思い描き、そして、今の自分を知り、未来とのギャップを書き出し、理想に行き着くまでに来る課題や壁を叩き壊して乗り越えていくことだと思っています。その理想へ向かう姿が、周りからかっこいいと思われるのではないでしょうか。

今後の展望

いろいろありますが、死ぬときにたくさんの人からあいつは面白かった、最高だった!と思われて死んでいきたいというものがあります。人としてどこまで行けるのかに挑戦したいです。多くの方が自分らしく輝けるような、そんな世界を作っていきたいと思ってます。個人的な目標としては、多くの起業家を輩出して、お小遣いをもらって生きていくという野望、VRやARなどでの仮想国家設立と運用、その前の流れで、仮想街づくりや仮想村作り、仮想商店街などに挑戦していきたいと思っております。会社としては、小さなGoodInpactを起こし続けるというミッションを抱えてますので、100事業達成に向けて直近では動いていこうと思っています。

若者へのメッセージ

やりたい!と思ったらできない理由を探す前に、どうやったら出来るのか?を考えてください。そして、即動いてください。人生は有限です。失敗を恐れて動かずに時間だけが過ぎてしまうと本当に後から後悔します。規模とか、収入とか、体裁とか、世間の目とか、そういうのを気にするよりも、自分の心を信じて、心躍ることをどんどんやってください。やるなら、今しかありません。やりたいことをやることが、自分を取り巻く世界を変え、やがてそれが世界を変えていくことにつながります。共に世界を変える同志となりましょう。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

栃木県知事 福田富一

栃木県知事
福田富一

フランス料理人 坂井宏行

フランス料理人
坂井宏行

脚本家兼演出家 西田大輔

脚本家兼演出家
西田大輔

お気に入り

ipad&apple pencil

今では欠かせないツールです。Macbookのディスプレイにしたり、メモを取るのに使ったりなど、相棒と呼んでも良いツールです。

iphone12 Pro

ほぼiphoneで仕事をしていたり、LinePayで支払いをしたり、ほとんどスマホがあれば何でもできてしまうため、フル活用をしています。スマホだけで事足りてしまうライフスタイルなので、他に持ち歩くものがありません。