KASSORO 代表取締役 杉本悠翔
すぎもとゆうと

杉本悠翔

兵庫県生まれB型
職業:KASSORO 代表取締役
趣味:ピアノ
座右の銘:途中で休むな。最後に休め。

1993年兵庫県生まれ。京都産業大学外国語学部イタリア語学科に進学するが、起業家になるべく中退。光回線の営業会社の立ち上げから携わり、優秀な人材を多数育てた経験と実績から、起業を目指す学生の教育・支援事業に乗り出しました。2019年株式会社KASSOROを設立。同年10月に情報通信業で、11月には飲食業で学生起業家を輩出。自身の誕生日である、2020年2月13日には小説テイストの若者向け啓蒙書「飛ぶチカラ」を出版。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

高校生の頃より、お金持ちになりたい、芸能人と付き合いたい、かっこいい大人になりたいと思っており、スポーツの才能も芸術のセンスもなかったので、かっこいい一流の大人=社長しかないと、経営者を志しました。ただ学生時代は『起業、社長ってかっこいいな』と思っているだけで、親のスネをかじって遊んでばかりいました。そんな時、ある教授から『自力で生活をしたこともない人間に起業なんて不可能。今すぐ大学を辞めなさい』と叱咤され、目が覚めました。その後、大学を中退し自立しました。知人の紹介で光回線の営業を始めたところ、結果が出て、組織構築やスタッフ育成などを一任されました。この実績と経験から「学生起業のサポートこそ、自分のやりたいことだ」と、KASSOROを立ち上げました。

現在の仕事への想い

こいつの為なら死ねるくらいの仲間づくりを掲げており「人」をとても大事にしています。それは教育においても同じで、野球部の強豪校をモデルに「人として」個々人の人間力の成長に注力しております。その中で最も意識しているのは「やりきる力」です。主体性を大事にしながら成果に対して働きかけ、壁(課題)を常に与え続けます。日本の義務教育の弊害である何事にも受動的な姿勢や、社会・自分の当たり前をぶち壊し、固定概念に縛られず、自分で選択・決定できる「自律した人材」に育て上げます。

あなたにとって覚悟とは

自分の弱さを認めること。そして飛躍するために必要なことです。人生で最も覚悟したと思うエピソードはないです。なぜならその点でとらえる覚悟とは、死を覚悟するとか、倒産を覚悟するとかだと思いますが、そういった経験はないからです。ただ覚悟とは、線での捉え方もできて、挑戦するものにとって常に存在し続けるものであり、また大きくなっていくものと考えています。そしてその覚悟から得たものは今の自分です。

カッコイイ大人とは?

細かいところでいうとたくさんあるのですが、一言でいうと、今の自分が人生史上最高だと言い切れ、目を輝かせれる大人です。そしてそういう大人になるためには、常に死を意識し、昨日の自分に打ち勝ち続けることが必要不可欠だと思います。

今後の展望

半年に1回のペースで、学生スタッフがやりたいことを事業として立ち上げさせ、独立を支援します。学生時代に1社、20代のうちに複数社の経営者になれる起業家の育成を目指しています。今後はここから飛び立った起業家とシナジーを起こし、KASSOROという圧倒的な力を持つ集団を形成し、KASSOROをホールディングス化したいです。そして今のSoftBankやユニクロのような企業をつくりたいです。またこれは個人のビジョンになるのですが、最終人生を終えるときに、共に苦しみを共有した共闘者たちに看取られながら「お前らとの絆こそが俺の人生の意味やった」と名言を残して死にたいです。笑

若者へのメッセージ

とにかくやれ!グダグダ悩まずに、今選択し意思決定しろ!悩むのであれば、その選択・決定を正当化するために悩め!そして目を背けることなく、ひたすら目の前のやれることをやり続けろ!志とか無理やりつくろうとせんでもいい!世のため人のためもいらん!まずは自分のことだけでいい!突っ走ってたら人間として大きくなり、うちから滲み出てくるから!志とか、大義のほうから寄ってくるから。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ソムリエ 田崎真也

ソムリエ
田崎真也

放送作家 元祖爆笑王

放送作家
元祖爆笑王

プロ卓球選手 四元奈生美

プロ卓球選手
四元奈生美

お気に入り

飛ぶチカラ

人生に悩んでいる若い子たちにこの本を読んでいただきたいです。

コースター

価値観を変えてくださった女性にいただいたものです。常に持ち歩いているお守りのようなものです。