鶴泌尿器科クリニック 院長 鶴信雄
つるのぶお

鶴信雄

兵庫県生まれO型
職業:鶴泌尿器科クリニック 院長
趣味:ジョギング
座右の銘:実るほど頭を垂れる稲穂かな

浜松医科大学医学部卒業後、浜松医科大学泌尿器科学教室に所属。静岡県内の総合病院で排尿障害、泌尿器科がん治療、腎移植などに取り組み、母校で学位を取得。故鈴木和雄院長とともに新都市病院で600例を超える腹腔鏡手術、約400例の前立腺レーザー手術を行い、前立腺がんと前立腺肥大症の治療に携わる。2017年に浜松市南区に鶴泌尿器科クリニックを立ち上げ、日帰りで行う前立腺肥大症のレーザー手術を実施している。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

母方の祖父は内科医で軍医を務めた後、福岡市で開業していました。家族親戚で私以外に医師になった人はいませんので、医学部に入ったとき、祖父は喜んでいたようです。子どもの頃、漫画ブラックジャックのファンで医師になりたいと思いました。高校生の時は成績が悪く、医学部は諦めていました。浪人中に必死に勉強して、浜松医科大学に合格できました。浜名湖のうなぎ踊る、合格おめでとう、の合格通知電報をもらったときには本当に嬉しかったです。大学ではボート部で活動していましたが、それ以外にもサークル活動など、楽しい6年間でした。一番魅力的だった浜松医大の泌尿器科学教室に入局しました。実際に研修医として仕事を始めると、がん治療、腎移植、尿路結石、腎不全、排尿障害など多様な専門領域があり、診断から治療まで一貫して行うことが出来ることにやりがいを感じました。これからの高齢化社会では排尿のトラブルで悩む方が増えていきますので、今後しっかりと役割を果たしたいと思います。

現在の仕事への想い

患者さんの訴えを大事にすること。訴えの中に必ずヒントがあります。その症状を解決できる方法をできるだけ一緒に考える、私から決して諦めない気持ちでいます。患者さんに信頼してもらうためには、常に正確な、新しい知識と情報をあたまの中に入れておく必要があります。本当のことだから、自信を持って伝えることが出来ると思っています。

あなたにとって覚悟とは

開業を決めたときです。医師として22年、今まで大学病院や大きな総合病院で働くことしか考えていなかったですが、50歳という節目に当たって、自分のやりたい仕事を続けて行くにはどうしたら良いか、考えたときに自分でクリニックを立ち上げることを選びました。不安はたくさんありましたが、開業する場所も決まって、資金も目処が付いて、やるしかない、と思った瞬間が覚悟の瞬間でした。最後に後押ししてくれたのは、「あなたは今まで、誰よりも頑張ってやってきたのだから、心配する必要は全くないよ」という妻の一言でした。これまで培ってきた知識と技術、それから誠実な態度があれば、きっとうまくいく、少しずつ不安を自信に変えながらようやく2年半が過ぎたところです。

カッコイイ大人とは?

弱音を吐かない人、人の悪口を言わない人、いつも笑顔で怒らない人、話を聞ける人、偉そうにしない人など、尊敬できる人はカッコイイ。スマートで髪が薄くなくて、服の着こなしがおしゃれで、靴や鞄などにお金をかけている人。こちらは外見重視ですが、見た目の若さはアンチエイジングでもありますから。年齢に関係なく、新しいことに挑戦して、知識を蓄えることが出来る人、伝統や文化を守り、家族やコミュニティーを大切にする。4人の子どもがいますが、彼(彼女)らにカッコイイと思われるような大人、父親でありたいし、彼らにもいつか、その格好良さを自分のものにして欲しいと思っています。

今後の展望

レーザー前立腺手術は毎回、新しい発見があります。この発見を元に、現在よりさらに体にやさしい手術を目指していきます。女性患者に対する排尿障害の治療は現在、薬物療法と行動療法だけですので、日帰りで出来る手術や新しいレーザー治療にも取り組んでいきます。開業医の立場で新しい治療に取り組むには、資金と自己研鑽が必要になりますが、全ての人を笑顔にしたい、という気持ちが、最大のモチベーションです。

日本を背負う若者へメッセージ

内にこもっていないで、外に出て行くべきだと思います。情報はスマホやパソコンで容易に得ることが出来る時代ですので、人と会ったり、話したりしなくても生活には困らないかもしれません。逆に人と会うことがストレスになったり、煩わしいことに巻き込まれたりするかもしれません。ただ、人間として大きくなり、社会で成功するためには、自分をより多くの他人に知ってもらうことが必要です。出来れば、一つのムラ社会だけでは無く、いくつかの違う分野に顔を出して見知らぬ人との出会いを楽しめるようになれば、人間の幅が広がると思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元参議院議員 松田公太

元参議院議員
松田公太

文部科学大臣政務官 義家弘介

文部科学大臣政務官
義家弘介

美容家(美肌顔師) 佐伯チズ

美容家(美肌顔師)
佐伯チズ

お気に入り

ローレックスエクスプローラーⅡ

医者になって6年目に自分へのご褒美で買ったものです。数年でデイトナに買い換えるつもりでしたが、愛着がでて25年、四半世紀使い続けています。10年でオーバーホールが必要だと聞いていたのですが、一度も手入れをすること無く、動き続けています。寝ている間も付けているため、スマホで時間を確認する習慣がありません。朝は自然と目が覚めますので、目覚まし機能が無くても困っていません。長男が成人したら形見として渡すつもりにしています。

次女からもらったメッセージカード

今年の誕生日に中二の次女からいただいたメッセージカードです。自分は絵心がないため、良く描けるなと感心すると同時に、そのメッセージがとても嬉しかったです。うちの暮らしは家内のおかげでもありますが、外食も少なく、質素な生活ですが、賑やかな家庭です。一番反抗期の強い次女がくれたメッセージだけに、育て方は間違っていなかったと一安心しています。