DSK 代表取締役 佐々木雄太
ささきゆうた

佐々木雄太

千葉県生まれA型
職業:DSK 代表取締役
趣味:車
座右の銘:仇も情けも我が身

調理師の専門学校を卒業後、料理人として働いた後、23歳の時に新たな挑戦として解体業界に飛び込み、技術とノウハウを得る。30歳で独立し、2015年に株式会社DSKを設立した。大手企業の2次請け企業として、公共施設やビルなどの大型建築物に対するはつり工事のほか、重機を使った解体工事などを手がけている。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

漢の中の漢の職業というイメージだったので興味本位でアルバイトをはじめたのがきっかけです。斫りは人力でコンクリートを壊したりすることがメインの仕事なのですが、その奥深さに心をうたれてここまで続けてきました。昔ながらのやり方で、人力で作業することが多くスポーツマンや自衛官であっても斫りが一番厳しいといわれているので、そこが一番の魅力だと思っています。

現在の仕事への想い

仕事で一番大事なものは、仕事に対する熱意です。お客様のニーズに応えることが一番のモットーに掲げて仕事に取り組んでいます。職人の質がいいか悪いかで、この会社はもういいやとなってしまうこともあるのでその中で弊社の能力値が高いと評価していただいているからこそお客様に喜んでいただき、リピートに繋がっています。

あなたにとって覚悟とは

一番覚悟した時は独立した時です。僕一人だけではなく、社員、家族にご飯を食べさせなければいけないという責任があるので、とてもプレッシャーでした。いろんな人たちの想いを背負って独立したので、若い世代の職人を育てていくためにも、教育に力を力をいれているところです。

カッコイイ大人とは?

先輩方を尊敬でき、まっすぐ正直に生きている人がかっこいいと思います。継続は力なりという言葉がすごく好きで、常日頃から精進することが僕の力だと思っています。これからもこの斫りという職種を極めていけるように継続して努力していきたいと思います。

今後の展望

今やっていることを継続して、弊社のスタイルが間違っていないということを知っていただきたいです。若い人にも入ってきてもらいたいですし、この業界は正直、偏見を受けていることはあるのでその偏見を少しでもなくしていき、自分の仕事を家族、身内に誇れる仕事なのだという、理解を深めていきたいです。

若者へのメッセージ

失敗を恐れないでください。失敗してもくよくよする子が今多いですが、くよくよせず、一歩一歩、1センチずつでも前に進んでください。後ろを向いても何もはじまりません。常にポジティブに自分の道を切り開いていってください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

小説家 湊かなえ

小説家
湊かなえ

デザインディレクター 川崎和男

デザインディレクター
川崎和男

脚本家兼演出家 西田大輔

脚本家兼演出家
西田大輔

お気に入り

時計

結婚記念日に妻と一緒に購入したものです。

ジッポライター

私が好きなブランドでラッキーナンバーが入っているものを妻が誕生日にプレゼントしてくれたものです。