覚悟の瞬間(とき)

一般社団法人日本グローバル・イニシアティブ協会 理事長 綿貫雅一
わたぬきまさかず

綿貫雅一

栃木県生まれA型
職業:一般社団法人日本グローバル・イニシアティブ協会 理事長
趣味:読書・テニス
座右の銘: 一念天に通ず

これまで30年以上にわたり、アジアやラテンアメリカの発展途上国において、経済協力と開発援助の実務に従事。当初は開発専門家として、主に日本とそれぞれ途上国の二国間開発援助に参画。この間、家族でバンコクと中部ジャワに駐在。米国留学、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)を経て、ワシントンDCに本部を置く国際機関の一つ米州開発銀行(IDB)に16年間勤務。特に、ラテンアメリカ諸国への政策支援・対話を専門として、大学や研究機関との共同研究を通し、途上国の人材育成に従事。2014年に帰国し、日米の大学、国際機関、シンクタンク、NPOとの協力のもと、DCを舞台にした実践型研修を通し、次代を担うグローバル人材育成に注力。大学でも「グローバル人材養成」のための授業を担当。海外勤務・訪問40ヶ国、在米通算22年。慶応義塾大学工学部卒、ペンシルベニア大学大学院(地域経済学博士)。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私が2回目の留学で、渡米したのが1994年でした。ちょうど日本はバブルの終末期で、その時に直感していたのは「日本は伸び切っている」という思いでした。その後、21世紀を迎え、中国をはじめアジアが急成長するなか、日本は長期の経済低迷にあえぎ、成長は大きく鈍化し、正に失われた20年を経験するに至っています。日本社会は閉塞感のなか硬直化し、特に若者たちの思考がどんどん内向きになっていると感じていました。世界が大きくグローバル社会に舵を切っているにもかかわらず、日本だけが取り残された状況でした。当時、アメリカに住んでいましたので、外から客観的に日本を見ることができ、日本の将来に対する強い危機感を抱くようになりました。「国際協力・開発」の原点は、「国造りは人造り」。これが、当時の日本に正に欠けていると痛感しました。将来、更に加速する「グローバル社会」に対応できる人材の育成が急務であり、その支援をしていきたいとの思いが強くなっていきました。そして2010年頃から、日本に一時帰国する際に、世界のグローバル化の動きや日本の現状について大学や高校で講演や講義をする機会があり、意識の喚起に努めてきました。しかしアメリカにいてそれを行うのは限界があると考え、日本を拠点に活動することを決意し、2014年春に20年間過ごしたアメリカを思い切って離れ帰国しました。

現在の仕事への想い

現在、次世代を担うグローバル人材育成を支援する活動を行っています。その中心となる活動は、世界でも有数の国際都市ワシントンDCを舞台に、DCの特徴を活かした実践型短期研修プログラムです。ワシントンDCには、国際協力・開発、国際政治、国際関係、外交、経済、教育・文化など多岐にわたる分野において、世界をリードする多くの機関と機能が集積しています。例えば、世界銀行やIMFなどの国際機関や世界的なシンクタンクであるブルッキングス研究所、カーネギー国際平和基金やCSIS(戦略国際問題研究所)などが挙げられます。研修では、このような機関で活躍している世界から集まる多種多様の人材との面談や意見交換を行なったり、またホームレスや貧しい人を支援するボランティア活動にも参加します。この様に、研修では、日本では絶対に体験することのできない国際的スケールでの異文化や多様性を体験する機会を提供しています。日本は将来、内外に未曽有の困難に立ち向かっていかなければならない時代を迎えます。内には人口減少・少子高齢化、外にはグローバル化です。この難題の重要な解決策の一つに、「グローバル人材」の育成が挙げられます。技術革新の進化に合わせ、世界は大きく動いています。この来るべき21世紀の時代の潮流を読み説き、グローバル社会で活躍できる人材です。そのためには、先ず真のグローバル社会を自ら体験することに他なりません。いかにSNSが発達しても、実体験に勝るものはありません。グローバル社会を体験することによって、これまで経験したことのない衝撃、感動をうけます。新たな価値観に出会い、人生の選択肢と生き方に見つけることができます。グローバル社会を体験し、国際社会で活躍する道もあります。また、その経験を難題を抱える日本で活かす道もあります。私は次代を担う若者に、先ず世界基準の真のグローバル社会を体験してほしいと考えています。人を育成するには、相当の時間が掛かります。また、場(機会)が必要です。これまでに色々と指導や世話をしてきた若者が、独り立ちし、次の段階にステップアップしています。長い苦学の末、米国の大学院で博士課程を修了し研究員を目指す学生。米国に根差し、活躍している若者。挫折をバネに外交官になり、現在ロシアの大学院に留学している若手公務員。米国での留学を終え帰国し外資に勤務しながら、次の大きな一歩に踏出そうと考えている若者など、多々います。このような前進志向で自分の人生を生きる若者の育成に携われることは人生意気に感ず、正に「いきがい」そのものです。現在、大学でも「グローバル人材養成」の授業を担当していますが、彼らに続く若者を創出していきたいと考えています。

あなたにとって覚悟とは

自らを信じ、退路を断って行動すること。人は長い人生のなか、必ず幾度かの岐路に立ち、また転機があります。その岐路・転機は、覚悟が試される時です。私も、これまでに、大きく3回の覚悟の時がありました。最初の覚悟は、1980年、初めての転職をした時です。終身雇用が当たり前の当時、敢えて危険を冒し転職するのは、余ほどの物好きか変わり種というのが一般的な風潮の時代でした。当時は20代半ばで若かったこともあり、また海外志向が強い時期で、是非海外で働きたい、何とかできるだろうとの思いから転職。これが、その後、途上国と30年以上に及ぶ係わりの始まりとなりました。2回目の覚悟は1994年、大学院に復学するため渡米した時です。多くの途上国での実務経験を通し、世界に通じるプロフェッショナルとして、国際機関を舞台に、国際協力・開発の最前線で自分の力を発揮したいとの強い思いから、また今挑戦しなければ、将来間違いなく後悔するとの思いから決断しました。年齢は40歳を迎え、私が使える時間は4年。私の人生で、最大のチャンスと挑戦であり、正に「ルビコンの決断」をした年です。家を売り退路を断ち、背水の陣で、家族5人が片道切符で渡米しました。この決断と覚悟が、今の起点となっています。国際競争社会の実態、グローバルな視点、そこに集まる世界からの人材、また国際的な多くの人との出会いなど極めて貴重な体験をすることができ、正に今日の宝であり糧となっています。第三の覚悟は、2014年に20年間慣れ親しんだ米国を離れ、日本に帰国した時です。この背景には、3つの理由がありました。先ず、日本の将来に対する危機感から、次代を担う若者の人材育成をしたいとの思い。次に、3人の子供たちはそれぞれに独立して、親の手を離れ生計を立てるまでに成長したこと。そして最後に、日本に残してきた私と家内の年老いた両親への思いです。一時帰国の折に透析で入院し弱った父を見るにつけ、遠く離れ仕事をしているとは言え、日本に年老いた両親を残す後ろめたさとほろ苦さを感じ、決断する時だと判断しました。これらの覚悟、あるいは経験を通し、得た信条は「一念天に通ず」です。失敗に挫けず、覚悟を決めことに当たれば、人生必ず成るものとの確信に至りました。

カッコイイ大人とは?

人生は、一度しかない。私にとって、カッコイイ大人とは、一度しかない人生を、自分の信念に従い、自分を活かし挑戦してている人です。人にはそれそれ,得手不得手、違った才能があります。自分は生涯をかけ、何をしたいのか?自分にしかできない何かがあります。人から見ればつまらないことでも、門外漢からは一見どうでもいい様なことでも、自分にとっては特に思い入れがあり、他人には譲れない極めて大事なことがあります。人生は、生きた時間の長さではなく、どのように生きたか、その中味です。人生は、何を考えたかではなく、何をしたか実績です。自分が本当にしたい人生の目標に向け、挑戦し邁進している人です。

今後に向かって

現在、大学との連携のもと、グローバル人材育成プログラムを実施していますが、この拡充を今後更に進めていきます。特に、DC研修プログラムは、中核のプログラムであり、「グローバル人材育成」に必要な内容を総合的に含んだユニークなプログラムとして、認知されるようになってきました。来年以降、このDCプログラムに加え、アジアや欧州での研修プログラムも取り入れていく予定です。更に、より実践的なプログラムとして、若手社会人や起業家を対象に、国際協力・開発とイノベーションを融合した社会貢献型のプログラムの立上げを企画しています。現在、世界的な潮流として、持続可能な開発目標(SDGs)の実現に向け、民間企業の技術を活かし、途上国の経済社会開発に貢献するアイディアが注目されていますが、日本での取り組みはまだ端を発したばかりです。日本には、モノ造りとして優れた技術をもつ地方の中堅・中小企業がたくさんあります。しかし、海外との接点がなく取組も極めて限定的です。グローバルな視点を取り入れ、海外とのネットワークを活かし、日本の技術力を途上国の国造り、人造りに貢献できるプラットフォームを提供していきたいと考えています。このプラットフォームを通し、若手社会人や起業家、学生が途上国を体験し、国際協力・開発やイノベーションの概念を理解し、グローバルな社会で活躍できる人材の育成に努めて行きたいと考えています。

若者へのメッセージ

若者たちが生きる21世紀は、先が見えない不確実性の時代です。時代の変化が極めて速く、これまでの常識や概念は全く通用しない時代となります。人生100年時代と言われ、現役時代は半世紀を超えます。仕事に対する概念や働き方も、激変します。この不確実、不透明な時代ですが、幾つか極めて重要な視点があります。先ずグローバル化です。世界がこれまで以上に密接に繋がり、ヒト、モノ、金、情報、技術が国境を越え容易に移動する社会が来ます。このグローバル化は、多大のメリットをもたらす一方、不利益を与えることもあります。日本もこれまで、グローバル化の中で多くの恩恵を受けてきましたが、これから来る本格的なグローバル社会への対応には、大変遅れをとっています。特に、失われた20年の中で育ってきた若者の多くが、内向き志向となっています。避けては通れないグローバル時代を生抜くために、特に若者が身に着けなれればならないことが幾つかあります。よく言われるように、コミュニケーション能力、多様性や異文化の理解、精神的なタフさ、積極性、チャレンジ精神などです。世界に通用するこれらの要件をどのようにして学ぶか?30余年にわたる海外での実務経験から言える結論は、海外に出て世界を体験することに他なりません。日本には、真のグローバル社会が存在しないので、例えばコミュニケーション能力、多様性や異文化を学習するといっても、日本では無理です。これは、正に「日本の常識は世界の非常識」と言われる由縁です。そして、コミュニケーションの重要なツールとして、世界共通語である実践的な英語を習得してほしいと考えます。第二点目の視点は、技術革新です。現在、IOT、フィンテック、ビッグデータ、ブロックチェーン、ロボット、AI(人工頭脳)などこれまでにない最新技術が驚異的なスピードで進化を遂げています。最近の研究で、今後10-20年後に日本の労働人口の約半分の職業が、人工知能やロボットで代替れる可能性があると報告されています。将来、間違いなく仕事に対する概念や働き方が激変します。これらの大きな潮流を先取りし、対処できる力を持つか否かは、将来の人生を大きく左右します。世界の動きに敏感で、色々なことに関心を持ち、積極的に生きて欲しいと考えます。若者の最大の武器は、失うものが無い強さです。失敗を恐れず、挑戦し続ける前向き思考が重要です。不確実性が高く世界が大きく変化する時代にあっては、挑戦しない安定志向のリスクは、挑戦するリスクよりもはるかに高いことは明白です。粗削りでいいから、思いっきり尖った人材たれ。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

経済評論家 池田信夫

経済評論家
池田信夫

元ラグビー日本代表 大畑大介

元ラグビー日本代表
大畑大介

元総合格闘家 髙田延彦

元総合格闘家
髙田延彦

お気に入り

大学時代の工作材料:現在の文鎮

大学の工学部の授業のなかで、ドリルの実習をしたときの真鍮製の素材です。その後40年間、私の人生の友として、当時から文鎮として愛用しています。

米国50州25セント硬貨のコレクション

1999年から2008年まで、毎年5枚づつ発行された米国50州の記念硬貨。米国20年、人生の中で多くを学び、最も貴重な体験をした当時、10年を掛けて収集した記念コレクション。