楸ながやま皮膚科 理事長 長山功佑
ながやまこうすけ

長山功佑

大阪府生まれA型
職業:楸ながやま皮膚科 理事長
趣味:読書
座右の銘:継続は力なり

奈良県立医科大学卒業後、同大学附属病院で臨床研修医として勤務。その後、同大学皮膚科学教室に入局。公立病院や診療所などにて勤務。その後、奈良県立医科大学大学院博士課程にて研究に従事し、医学博士を取得。平成28年、ながやま皮膚科を開設し、現在に至る。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

高校卒業後、他大学に入学したのですが、そのときたまたま手にした本がきっかけで医師になりたいと強く思うようになりました。その本の内容は「尊厳死」に関するものでした。私は医師というと診療所の先生というイメージしかなかったため、尊厳死と向き合う医師の姿に大変衝撃を受けました。そのことが今でも強く心に残っています。医師は病気を治すだけではなく、いかにその人が尊厳を持って死を迎えられるかをお手伝いするひとりとして存在していました。医師という職業の新たな一面を知った瞬間でした。その後、医学部に再入学し、尊厳死とは違う分野にはなりますが、目で見て直接診断が下せる皮膚科にダイナミックさを感じ、皮膚科を専門にすることにいたしました。大学病院では皮膚科診療を基礎からしっかりと教えていただきました。そして、自分の理想とする診療を行うため、クリニックを開設し、今に至っています。

現在の仕事への想い

仕事では特に医療理念を大切にしています。1.来て良かったと喜んでいただける医療をご提供します。2.私達スタッフはチーム一丸となって、皮膚診療に取り組みます。3.ホッと落ち着ける空間づくりを追求します。4.常に笑顔で、礼儀正しく接します。5.最新の皮膚診療の知識習得に励みます。1.について、例えば、患者さんは自分の病気に対して不安や悩みを持って受診されるので、それらをできる限り和らげることができれば、笑顔になって帰ってもらえると考えています。2.について、医師一人では診療は成り立ちませんので、スタッフ全員が同じ方向を向いて診療を行えば、大きな力が出せると考えています。3.について、患者さんは少なからず緊張して受診されますので、院内でリラックスできる雰囲気作りを行っています。例えば院内の配色や温度、匂いなどに気を配っています。4.について、例えばスタッフが笑顔で仕事をしているお店はとても雰囲気が良く、お客さんも一緒に笑顔になっています。そんなクリニックにしたいと思い、笑顔を大切にしています。5.について、これは患者さんの利益につながることですので、新しい治療法があれば、それを提供しています。

あなたにとって覚悟とは

医学部を再受験したこと。他大学に在籍していましたが、どうしても医師への道が諦められませんでした。この先のことを考えると、未来像を全く描けず、恐ろしい気持ちになりました。このままだと人生絶対に後悔すると思い、医学部を再受験しようと決めました。両親にそのことについて話をすると、大学を卒業してからでもいいのではないかと言われました。しかし、このまま大学生活を送っていてもしんどいだけなので、大学を辞めさせてほしいと強く伝えました。そうすると両親は、自分のやりたいようにやれば良いと言ってくれましたので、すぐに退学届を提出し、退路を断ちました。その後は、すぐに医学部に合格できることはなく、大学を辞めてから2年後にようやく医学部に進学することができました。そのときに、こんなところで繋がっていたのかというエピソードがあります。その年の試験問題に、何と「尊厳死」についての小論文が出題されていました。それを見た瞬間、鳥肌がたったのを今でも覚えています。尊厳死について何冊も本を読んでいた私にとっては、何の迷いもなく書き終えることができ、無事に合格できました。

カッコイイ大人とは?

仕事も遊びも全力でできる大人がかっこいいと思います。仕事には一生懸命でも、遊びになると急に後ろめたさを感じて、一生懸命になれない人が多いと思います。人生一度きりなので、遊ぶことにも全力になれる、そんな大人が魅力的だと思います。そのためには、仕事一辺倒にはならず、自由な時間をきちんと確保し、バランスの取れた人生にしていくことが必要だと思います。もちろんそれには健康も大切ですので、体調管理には気を配ることも大事だと考えます。もし、今、やりたいことがあっても我慢していることがあるならば、明日からそのやりたいことをやる、それがかっこいい大人だと思います。そうすると、視野が広がり、新たな発見や自分の思わぬ才能に巡り会えるかもしれません。「トムソーヤの冒険」の著者であるマーク・トウェインは、「あなたは、20年後、やったことに後悔するのではなく、やらなかったことに後悔するだろう」と言っています。今やれることを今やる、そんな大人が魅力的です。

今後の展望

当院のスタッフがもっと働きやすい、あるいは休みやすい環境を整えたいです。毎日たくさんの患者さんが受診されますが、スタッフがテキパキと動いて仕事をしてくれているので、遅くまで残業をすることはありません。そんな優秀なスタッフにとって、もっともっと居心地の良いクリニックを作りたいと思っています。ハード面だけではなく、ソフト面でも充実させ、安心して仕事ができる環境を作れたらと考えています。例えば、今は完全に休みなのが、日曜・祝日と木曜日が月に数回だけですので、もう1日増やして連休を作りたいなと思っています。また他にやりたいこととしては、会社を立ち上げ、新規事業を行いたいと考えています。医療法人では活動内容が制限されることがありますので、別で会社を立ち上げ、新たなステージへ行こうと考えています。事業の内容は現在進行形ではありますが、完成すれば喜んでくれる人がたくさんいると思っています。

若者へのメッセージ

いろいろな分野のスキルをたくさん身につけることをオススメします。いわゆる自己投資です。それにより、生きていく上での選択肢が増えるからです。自分にとって何が向いているのかなんてすぐにはわからないと思います。たくさんのことを経験し、触れていく中で見つかっていくのだと思います。今何をしていいかわからない、将来のことは何も考えられないと思っている方は、選択肢が少ないからだと思います。例えば、白いキャンバスに自由に絵を描いてもいいよと言われても、筆や絵具、パレットや絵を描く対象物がなければ何もできません。その筆や絵具などにあたるのが、スキルだと思います。自由な人生を歩もうと思うとやはり選択肢を増やすためのスキルが必要だと思います。ですので、もし時間を無駄に過ごしていることがあるなら、その時間を少しでも自己投資に使い、明るい未来へ進んでもらえたらと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

プロ野球選手 上原浩治

プロ野球選手
上原浩治

岡山大学病院 心臓血管外科長 佐野俊二

岡山大学病院 心臓血管外科長
佐野俊二

落語家 桂米團冶

落語家
桂米團冶

お気に入り

時計

初めて買った「いい時計」です。今後ビジネスとかを始めた時にしっかりとした時計は欲しいと思っていたので数ある中で、どれが一番いいかわからなかったので見た目で選びました。診察中はつけませんが、大切なシーンで活用します。

ボールペン

昔は製薬会社さんからいただいたボールペンなどをよく使っていたのですが何か大切な契約する時、サインをするときなど残したい文字を書く時にはいいペンを使いたいなと思い購入しました。