覚悟の瞬間(とき)

株式会社ライフプラスハウス 代表取締役社長 嵯峨根和正
さがねかずまさ

嵯峨根和正

京都府生まれB型
職業:株式会社ライフプラスハウス 代表取締役社長
趣味:バドミントン、ゴルフ
座右の銘:夢を見ることができればそれは実現できる

天理大学体育学部卒業。小学から大学卒業までバドミントンに心血を注ぐ。大学卒業後は父の会社で集客と営業を一任される。2018年に独立し、ライフプラスハウスを設立。「住まいを必要とする全ての方に貢献する」という理念のもと、自社で新築の提案をする傍ら、家づくりに悩む方の力になるため、Webメディア【おうちの悩み.com】も運営している。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

大学4回生のとき、IT関連のベンチャー起業への内定が決まっていましたが、工務店を営む父に、「会社を手伝ってくれると嬉しい」と言われたことがきっかけで建築業界に入りました。父の会社では集客と営業を一任してもらっていて、ありがたいことに活動初年度からたくさんのご契約を頂けました。ご契約頂いたお客様の家が完成し、お引き渡しをするとき、とても喜んで下さいました。お客様が喜んで下さる瞬間が最高に嬉しくて、「私はとても価値のある仕事をしている」と、やりがいを感じました。そして、もっとたくさんの方にご建築して頂き、豊かな生活を手に入れるお手伝いをしたいと考えるようになりました。父の会社は高い建築技術を持っていましたが、集客は得意としていなかったため、集客には限界がありました。そこで、もっと多角的にお客様にアプローチする手段が必要だと考え、ライフプラスハウスを設立しました。

現在の仕事への想い

ライフプラスハウスは「経済的・精神的に、今よりもさらに豊かになる家づくりを追求し、お客様にご提案する」という企業理念を掲げています。新築マイホームを建てることだけが目的になってしまっているお客様もいらっしゃいますが、新築をした後に豊かにならないような家づくりならしないほうがいいと考えています。だから、絶対に「売りこまない」ことを大切にしています。正直言うと、色々な理由を並べて家が必要だと思い込ませることもできると思います。そうすると、売り上げはあがるかもしれません。でも、それでは建てた方は絶対に幸せにはなれませんし、私自身、仕事に誇りを持てません。そんな仕事はしたくないので、私は絶対に売り込みません。お客様の現状や要望をしっかりとヒヤリングし、家を建てることで今よりも豊かな生活をおくれると確信した方のみご契約頂いております。

あなたにとって覚悟とは

私が最も覚悟をしたのは、父の後を継がないと決意した瞬間です。父の会社に入った時点で、私は勝手に父の後を継ぐものだと決めていました。恐らく父もそのつもりだったと思います。しかし、一級建築士の父は職人気質で、私はどちらかというと集客や営業が得意でした。建築士の仕事は、私のやりたいものではなかったんです。でも、勝手に父の後を継がなければいけないと決めていたので、面白くないと感じながら仕事をしていました。そんな状況が3年ほど続きましたが、何かを変えなければいけないと思って飛び込んだ経営の勉強会で、「お父さんとあなたがやりたいことが違うのは当たり前だ」と言って下さった方がいて、その言葉で父の後を継がないことを決心しました。その覚悟を決めた瞬間、世界が驚くほど広がり、仕事も楽しいものへと変わりました。今は父とは違う方法で、父の会社を大きくすることを考えています。すでにあるものや思い込んでいるところから飛び出すのはとても勇気がいりましたが、あのとき父の後を継がない決心ができなければ、今でもつまらない仕事をしていたと思います。

カッコイイ大人とは?

お金が行動基準じゃない方はカッコイイと思います。こんなことを言うと綺麗事だと思われる方も多いと思いますが、結局お金を追いかける人って幸福度が低いと思うんですよね。成功の頂点を極めたスティーブ・ジョブズが残した遺言の中に、「無限の富は死を目前にして何の意味も無くなっていった」という一説があります。もちろんジョブズは誰の目からみても成功者です。でも、本人は後悔を残して亡くなっているんです。彼ほどの富を築いても、最後には意味をなさないと言っている。彼にはるかに届かない富であれば、なおさらですよね。だから、目の前のお金でしか行動できない人間はとてもカッコ悪いと思いますし、反対に、お金が行動基準ではない人を見るとカッコイイと思います。自分が得られるものばかりを追いかけるのではなく、まずは人に与えられる大人になりたいです。

今後に向かって

私は「住まいを必要とする全ての人に貢献する」という人生のミッションを定めています。そのミッションを達成することが、今後の大きな目標です。目標達成の手段として、2つの施策を考えています。まず一つ目は、ライフプラスハウスのフランチャイズ展開です。ライフプラスハウスをフランチャイズ展開することにより、より多くの方に今よりも生活が豊かになる家づくりをご提案します。もう一つは、Webメディア【おうちの悩み.com】の拡大です。現在月間約40万PVの当メディアですが、さらに多くの質問に答える記事を投稿し、家づくりの疑問を検索された方の悩みを解決していきます。

若者へのメッセージ

若者へメッセージを送れるほどの立場ではないので恐縮ですが、何か一つお伝えするとすれば、やりたいと感じたことに対して必要以上に怖がらないことでしょうか。誰でも新しいことに挑戦するのは怖いです。でも、とりあえず行動しなければ、あなたが臨む結果は絶対に得られません。何もしないことこそ、最大の失敗なんです。挑戦すればうまくいくかもしれませんが、挑戦しなければ確率はゼロなので。失敗しても大丈夫です。死なない限り何度でも挑戦できます。カーネルサンダースがケンタッキーフライドチキンを設立するために、チキンのレシピを営業して回った際、1009回断られたそうです。しかもそのとき65歳。それでも折れなかったからこそ、今のケンタッキーフライドチキンがあります。65歳の人が1009回立ち上がれるんですよ?10回失敗したって大したことないですよね。必要以上に怖がらず、挑戦してみてください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

モデル 長谷川理恵

モデル
長谷川理恵

落語家 露の団姫

落語家
露の団姫

元自転車競技選手 長塚智広

元自転車競技選手
長塚智広

お気に入り

時計

結婚前に妻にもらった時計。おしゃれに疎い私が初めて身につけたもので、今でもでかける際は必ずつけています。

MacBook Pro

2代目ノートパソコン。常に持っていて、この一台があればどこでも仕事ができます。最近では持っていないと不安になることも。