ディーセントワーク  代表取締役 髙橋秀成
たかはしひでなり

髙橋秀成

東京都生まれO型
職業:ディーセントワーク 代表取締役
趣味:カラオケ、トレーニング、晩酌
座右の銘:人の考えている事こそ最も不可解なものだ

大手求人媒体社に入社し、中途採用媒体の企画営業に従事。広告代理店に転職し、会社の創業から関わり、経営企画から実行まで広く携わる。その後、証券系人材会社を経て、独立系紹介会社に入社。同社初の総合商社への就業支援やコンサルティングファームへの支援に成功。退職後、戦略系コンサルティングファームとの共同出資で、株式会社リエゾンアーキテクトを設立。代表取締役として従事。事業譲渡を経て、2015年に株式会社ディーセントワークを設立。その他、マーケティング会社の社外取締役、過去に支援した求職者様が設立したベンチャーのアドバイザーも兼務。Barのオーナーやエシカルなビジネスへの投資業務なども行っている。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

母子家庭で、母親が仕事に困っていた事が原体験かもしれません。「仕事が無い事」でこんなにもきついのか、と感じ、10代の時に雇用領域の仕事に漠然と関心はありました。そういった原体験があり、仕事の領域が強くなればいいと思い、求人広告に入りました。求人広告の営業時代に、「文字やイラスト等の視覚情報を通じてではなく、直接支援を行いたい」と思って人材紹介業へ転職しました。

現在の仕事への想い

立場をわきまえる事は大切だと思っています。転職エージェントは斡旋者です。斡旋者として、伝えるべき事は伝え、理解する事は理解するが、当事者にしかわからない事や言ってはいけない事は言わないようにしています。特に、「優秀かどうか」「良い会社かどうか」を主観では絶対に判断しないです。また、中途採用は偶然がつながっているので、再現性がなかなか出しづらいですが、私たちは会社様をよく理解しているからこそ、比較的可能になっています。ご本人様含め両者が納得するまで伴走させていただきます。

あなたにとって覚悟とは

覚悟というかわかりませんが、「利に走らずに利を得る」という事です。自分が担当している案件でも、「求職者や企業の不利益」になる可能性があるなら勧めないです。また、未来のことはわからないので、転職が決まった後は毎回覚悟しているのかもしれません。これでよかったのかなって正直に思ったりもします。

カッコイイ大人とは?

楽しみ続ける事です。「楽しんでいる」ではなく、良い事だけではなく、ネガティブな事も含めて「楽しみ続けている」という事です。旅行で道に迷っても、迷った事も思い出にできる様に、車で渋滞に巻き込まれても、車内のゆっくりとした時間をどう過ごすかを楽しめる人なんだと思います。「楽しむ癖」がついている人は周りを不幸にしないと思うので、そういう人でありたいです。

今後の展望

色んなものから解放されることを願っています。時間や場所すらからも解放されることです。また自分の会社の最後の目的は、世の中から不要とされる事です。仕事を通じて叶えたい事が叶えられる、お互いの働き方やキャリアの在り方を認め会える、それらが当たり前になった時、自分達のニーズがなくなるわけですから、それが最終的な目標なんだと思います。

若者へのメッセージ

青春は若いうちに終わっているわけではなくって、30代の青春、40代、50代の青春だってあるのです。仕事や私生活も打算的にならずに、自分が生きている年代を、その年齢相応に楽しんで欲しいと思います。これからくる青春に向けて頑張ってほしいなと思います。応援しています!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ソムリエ 田崎真也

ソムリエ
田崎真也

順天堂大学医学部心臓血管外科教授 天野篤

順天堂大学医学部心臓血管外科教授
天野篤

バレーボール全日本女子監督 眞鍋政義

バレーボール全日本女子監督
眞鍋政義

お気に入り

タンブラー

晩酌に使っているタンブラー。良い仕事をしっかりやって、美味しくお酒を飲むのが日課です。

重曹

洗い物をするときに欠かせないグッズです。効率良く家事を行う事も良い仕事をする上で大事だと思っています。