覚悟の瞬間(とき)

グランアーキテクト一級建築士事務所 代表取締役 浦広志
うらひろし

浦広志

長崎県生まれO型
職業:グランアーキテクト一級建築士事務所 代表取締役
趣味:心安らぐひと時を過ごすこと
座右の銘:未来は明るい

熊本大学工学部卒業。大手ハウスメーカーと地方工務店で営業・設計デザイン業務を学び、2020年に独立。現在は、住宅や店舗、リノベーションを主としつつ、他業種とのコラボレーションにより、様々な活動をしている。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

多種多様な仕事をしている親戚の中で、叔父と叔母が建築関係の仕事をしていました。そこまで頻繁に会話をしたりする仲ではなかったのですが、その自宅にあった製図道具を見つけ、目を輝かせて勝手に触っていたことを覚えています。幼い頃から絵を描いたり物を作ったりすることが好きだった自分にとって、プロの道具に触れて世界を想像することができたことは衝撃的でした。そんな中、両親が住まいを建築したのは私が小学校2年生の時で、棟上げ時の餅まきも経験し、みんなの笑顔を見た時に、なんとなくですが建築というものが様々な方の集合体でできており、明るい未来へ向けて共に良い効果を及ぼすものだということがわかりました。そのようなことがきっかけとなり、漠然と建築関係に進みたいと考え、中学1年生の時に将来は建築のお仕事をしたい、と心に決めました。

現在の仕事への想い

私はいわゆる「遅咲きの建築士」です。咲いてる花は小さいですし、咲いているかすらわかりませんが。大学で建築を学び、設計として社会に出ると決めた瞬間に迷いが出ました。将来的に独立を考えておりましたので、営業力のない設計なんて世の中に必要とされないのではないだろうか?と考えたのです。設計というものは一人ではできません。多くの飛び交う意見をまとめて設計するには営業力も必要だと考えました。そして熟慮の結果、その考えを貫き、入社式の少し前に営業職としてお仕事をさせてほしいと直訴し、新卒入社から約7年の間は営業マンとして経験を積ませて頂きました。そして様々な方との出会いがあり、支えられ、助けられ、チャンスを頂きながら現在に至ります。現在の仕事は一級建築士事務所の経営ですが、私にチャンスを与えてくださった方のように様々な方と会話し、知り、受け入れ、関わる全ての方に幸せを感じて頂けるような仕事をしたいと考えております。

あなたにとって覚悟とは

ある経営者の言葉を聞いた瞬間に覚悟を決めたのかもしれません。それは「忘己利他」という言葉でした。己を忘れ他人のために尽くすことが究極の慈悲、だというものです。誰もが経験したことがあると思うのですが、人のために尽くすと本当に自分にとって良い形で返ってきます。その経営者は普段から酒癖も悪く、女性が大好きで、いつもどこか不真面目で、多くの方の批判の対象でした。ですが、その方が何か人のために尽くす行動を起こした際の真剣な目が非常に印象に残っており、その言葉を伺った瞬間のことは忘れられません。人がどんなにその方のことを批判しても、私はその方が大好きでした。残念なことにその方はお酒が原因で不慮の事故に遭い、お亡くなりになられましたが、私にとっては大切な言葉を遺してくださった大恩人であり、偉人だといつも考えています。私はその経営者から「忘己利他」という言葉を頂いた時に、「自分に関わる方のためになにか尽くしたい」ということを覚悟として抱いた気がいたします。

カッコイイ大人とは?

「人のために実際に行動できる強さを持った人」だと思います。成功することも失敗することも、生きてるとたくさん経験しますが、その都度なにか責任感を持って行動するってなかなかできないことなのかな、とよく感じます。私の大恩人であり、尊敬する経営者のひとりに、ある工務店やコンサル代表のSさんという方がいらっしゃいます。その方は見た目は金髪だったり茶髪だったり、性格はストレートすぎて、すぐになじめる方は多くはないのかもしれませんが、とにかく表裏がなく、頭の回転が半端なく早く、なにより笑顔がめちゃくちゃ素敵です。そしてなにより、関わった方はどんな方でも絶対に一生見捨てませんし、裏切りません。この方こそ「人のために実際に行動できる強さ」を持っていらっしゃいます。私の中では本当に最高にカッコいい大人だといつも思っています。私も少しでもそうありたいといつも考えています。

今後の展望

まだ事業も始めたばかりですし大したこともできてはいません。まずはチャンスを与えてくださった方、私を信じてくれた社員のみんなに感謝し、忘己利他の精神で今後も一歩ずつ歩んでいきたいです。私の中では当たり前なのですが、よく周りからいいねと言われることがあります。私にとって大切な社員やお客様に「共に未来へ歩んでいく」という想いを踏まえて、オーダーシューズをプレゼントさせて頂いています。始まったばかりの会社に数千万円のお金を託すお客様の存在や、一緒に笑い頑張ってくれる社員は私にとっての宝物ですから当然のことですよね。今後やっていきたいことはいくつかありますが、今のところまだ他では聞いたことのないこともあります。それは自分一人では到底達成できません。人に尽くし、人と歩み、人と喜び、人と人が助け合い、みんなでHappyになれたらいいな、と考えています。そのために己を律し、磨いていかねばならないとすごく感じています。今もこれからも謙虚に学び続けていきたいですね。

若者へのメッセージ

私は自分の経験を伝えることはそれなりにはできますが、その経験を押し付けることは絶対にしません。当然ですが、私の経験は私自身でのスキルですから、その経験を押し付けるということは、その押し付けられた方の才能や成長を、私のレベルごときで止めてしまうことになりかねないからです。世の中の若者は本当に様々な感覚と才能をお持ちです。私にない才能を持つ素晴らしい若者が活躍する場を、どんどん広げていきたいと常に思っています。いつの時代も若者が進化させていっているはずですよね。素晴らしいことです。若者の感性や考え方って本当に楽しいですし、想像以上の発見があり、私自身が成長させて頂いています。すべての若者へ伝えたいことは「忘己利他の精神で、自分の120%を表現し続けてほしい」ということかなと思います。そして大人はそれを否定せず、受け入れて、そっと後押ししてほしいかなと切に願っています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

サッカー日本女子代表 澤穂希

サッカー日本女子代表
澤穂希

米国NPO法人コペルニク 共同創設者・CEO  中村俊裕

米国NPO法人コペルニク 共同創設者・CEO
中村俊裕

水中写真家 古見きゅう

水中写真家
古見きゅう

お気に入り

時計

独立するときに購入したジャガー・ルクルト製の時計です。盤面が反転することができ、独立時の目標が達成されたときに、裏面に想いを刻もうと考えています。

パワーストーンのブレスレット

仕事がかなり不規則なため、帰宅した際に少しでもリラックスできるように、と多くの効果がある頂き物のブレスレットです。帰宅し、時計を外す際に入れ替えで装着しています。