覚悟の瞬間(とき)

整体院立花-RikkA- 院長 松倉貴弘
まつくらたかひろ

松倉貴弘

群馬県生まれO型
職業:整体院立花-RikkA- 院長
趣味:音楽演奏(ギター・ピアノ)、作曲、スノボー、アウトドア
座右の銘:継続は力なり

東京リハビリ専門学校卒業。多摩緑成会緑成会病院入職。退職後、腰痛専門の整体院立花-RikkA-を独立開業。同時に日本疼痛リハビリテーション協会の認定講師として東京都を中心に、疼痛治療のセミナーなど多方面で活躍中。また、全国の雑誌をはじめ複数のメディアとして「たまひよ」「mina」「Ray」「はつらつ元気」「COMPANY TANK」「ハピスタTV」などで取り上げられています。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

当時、私は5年間リハビリ病院に勤務をしていましたが実際に働いてみると病院はさまざま制約があり、患者様に対して自分の治療技術を思うように発揮ができなかったのが、今の仕事を選択したきっかけになっています。また、実際に臨床の現場には痛みがある故にその方が目標を達成できなかったり、痛みがあるまま我慢をして、リハビリを行っている人が殆どでした。それなら、今自分が1番やるべきことは何だろうか?と考えた答えは痛みに対する徒手療法を身につけるべきだと思い、色んな治療のセミナーに通い始めました。思い返すと約4年間近く病院勤務をしながら痛みの勉強を続けてきて、その甲斐もあって担当以外の患者様からご指名を頂いたり、中には開業はしないのか?と聞いてくださる方も多くいらっしゃいました。もともと、私自身、開業を頭のどこかで考えていたのもあり、患者様からの声が最終的に後押しとなって整体院立花-RikkA-を開業しました。

現在の仕事への想い

「あなたを絶対に見捨てない」という言葉を一番大事にしております。もともと若い時に腰痛を患っておりまして、病院や整形外科にいくつか通いましたが良くならなくて、そんな時にお世話になった整体師の方が最後まで私に付き合ってくれたんですね。なのでそういった心は大事だと思うし、忘れてはいけないと思うので、この経験を踏まえて私が今後患者さまにやっていきたいことは最後まであなたを諦めない、見捨てないという思いをしっかりと受け継いで、携わっていきたいと思います。

あなたにとって覚悟とは

「立花」という名前には意味がしっかり込められていまして、立花の「立」は「立川市で凛と咲く花のように、痛みから救出する唯一無二の整体院」でありたいという想いを込めて「立」という字を使いました。また、立花の「花」は「いつでも花のように暖かくあなたを迎え入れます」という意味が込められているので、これが仕事への想いでもありますし、私の「覚悟」です。まとめると、覚悟を決めたから整体院立花-RikkA-を開業しました。

カッコイイ大人とは?

自分に嘘なく覚悟を持って生きている人はかっこいいと思います。やっぱり自分に嘘がない人は、自分に信念を持ってどれだけ自分と向き合えるのかだと思うんですね。自分の人生は自分でつくっていくものだし、自分のレールをきちんと決めて生きた方が絶対に後悔しないと思います。後悔してもそれは自分の責任だし、誰の責任でもないと思います。

今後の展望

現在、他店舗展開を徐々に進めている段階で、立川市で2店舗目を出店していく予定です。その後も、東京都を中心に店舗数を4店舗までは増やしていこうと考えております。また、分院の院長候補として自分がどこまでやれるのかを試してみたい人。 何かのためにお金を稼ぎたい人。独立開業したい人を募集しています。

若者へのメッセージ

自分が思い描く未来や夢は決して簡単に掴めるものではないと思いますが、それは自分自身が限界を決めてしまっていたり、言い訳をしてしまっていることが夢を掴むチャンスを逃してしまうことに繋がってしまっていると思います。ですので自分自身に嘘なく、覚悟を持って生きて欲しいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

 パラリンピアン 中西麻耶

パラリンピアン
中西麻耶

ファッションデザイナー ドン小西

ファッションデザイナー
ドン小西

小説家 湊かなえ

小説家
湊かなえ

お気に入り

MacBook Pro

整体院の開業と同時に購入したMacBook Pro。これがなかったら何もできません。私の仕事の全てが入っています。

iPhone 13 Pro Max

彼はシンプルかつ高機能といった唯一無二の存在。また、私とお客様をつなぐ唯一無二の存在です。