ガイアスジャパン 代表取締役 岡野茂春
おかのしげはる

岡野茂春

長野県生まれA型
職業:ガイアスジャパン 代表取締役
趣味:温泉巡り
座右の銘:羽目になったときは天の意である

東京工科大学工学部機械制御工学科卒業。1992年株式会社メイテック入社。父の会社倒産により借金を抱え長野に帰省。昼間は、的屋業を行いながら夜はラーメン屋と塾講師のアルバイトを掛け持ちで借金を返済。その後、上田市内の製造業とWeb企画会社で働く。人生を模索していた時、ある方との出会いが今の事業に参入するきっかけとなる。個人事業から始まり、2006年7月株式会社ガイアスジャパンを設立。カーライフの負担を軽減できる乗り方「定額エコノリくん」を12年8月より販売開始。現在全国に展開中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

20代後半のころ、自分は何をすべき人間なのかを毎日気が狂うぐらい考えていました。人生の迷路状態の時代です。当時は、自分が情熱をもってできる仕事は何かという職種にこだわっておりました。経験がない自分は、もう一度東京に出ようと思い就職情報誌と日経新聞が当時の私の愛読書でした。しかしながら希望した会社には採用されず、諦めかけていた時に人のご縁で車の業界に入りました。そもそもこの業界は考えてなく、それもいきなりやる羽目になり繋ぎのつもりで最初は考えていました。車を並べていれば何とかなるぐらいにしか考えてなかった私は、半年間で得た収入は20万円で商売というにはあまりにも悲惨な状態でした。そんな矢先に車の師匠が現れました。3年間、過酷なまでの“虎の穴”教育で商売の基本や考え方を徹底的に教えて頂きました。その教えが、今の事業の原点になっています。

現在の仕事への想い

新しいサービスは、その業界の既成概念に囚われていると生み出すことができません。お客様にとって何がお得なのかを考えたときに、業界の既成概念が壁になってきます。世の中の仕組みは、大企業の論理で創られているケースが往々にしてあると感じます。しかし、一度それが崩れると業界全体が動き出します。その一例として「定額エコノリくん」がスタートした結果、車の定額サービスが世の中に数多く登場してきました。カーライフの負担を軽減することが私たちの理念であります。その理念を追求していった結果、業界が動いたと自負しています。困難を突破するには、常に理念に立ち返り追求することにあると考えます。

あなたにとって覚悟とは

今まで人生の転機は、自分の望んだこと以外で起きてきました。父の会社の倒産もそうですし、この業界に入った時も、車屋をやろうと思ってなく突然やる羽目になってしまいました。この羽目になった時どうするか?この時の対応が人生を大きく左右する分岐点になると感じます。生きて行く上で自分の思い通りに事が進むことはあまりありません。常に羽目の連続です。その時、羽目になったら天の意と思って、そこに立ち向かうことが私にとっての覚悟だと思います。そうすることで自分が思っていない違った未来が開けてきます。羽目を超えたときの未来は、結果的に自分にとっての天命となっています。

カッコイイ大人とは?

ズバリ、一つのことを追い続けている人です。要するに自分の人生や生き方の芸術作品を創ろうとしている人ですね。野球界で言うとイチローさんみたいな。たった一つのことでも深く掘り続けることで結果的に広がっていくことになる。自分の視野ややれることが増えてくる。ところが多くの人は、他に何かないかとよそ見をし自分を見失っていく。振り返ると積み重ねがない。結局、狭い範囲でのパフォーマンスしか出来なくなる。一つのことを追い続ける人生それは、利他も利己も超越した、言うなれば絶対利己心の領域を追い続ける生き方ですね。

今後の展望

自働車業界も今後10年間で自働運転や電気自動車などの技術革新が進みます。その中ですでに羽目の領域に居るのが私たちの業界です。業界全体が、その動向を模索しているのが現状です。今や車は所有から移動する手段としての位置付けが近年強くなってきています。そうした中で、移動を手助けするサービスや利便性を追求したサービスの提供が、今後の主流になってきます。IoTとAIを駆使したモビリティ革命が今後起きてきます。「定額エコノリくん」の取り扱い企業が今後増えていく中で、私たちガイアスジャパンは、モビリティ革命を推進する企業として変革していき、世の中の発展に貢献していきます。

若者へのメッセージ

20代の頃、私は人生を模索していました。何をしたらいいかわからないし思い通りにいかない自分、毎日が不甲斐なく感じていました。就職、借金、結婚、子育てとだんだんと身動きが取れなくなり束縛が多くなってきました。そんな中でも世の中の為に何かしたいという思いだけは消えていませんでした。そこを追い続けていると突然、羽目の出来事に出くわします。その羽目を一生懸命こなすとまた別の羽目が出てきます。そしてまた、その羽目を一生懸命こなすとまた別の羽目が出てきます。羽目の連続ですが、羽目が変わるごとにステージが変わってきていることに気づきます。それを繰り返していくと目の前にだんだんと光が見えてきます。その光が、自分の天命と気づいたとき一気に人生が開けてきます。環境が変わってきます。とにかく目の前のことを一生懸命やることでステージが変わり人生が天命へと運ばれていきます。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

愛知県知事 大村秀章

愛知県知事
大村秀章

腹話術師 いっこく堂

腹話術師
いっこく堂

フリーアナウンサー 中村江里子

フリーアナウンサー
中村江里子

お気に入り

本(バシャール)

私の原点になった本のひとつ。今では有名ですが30年前は、当時はほとんどの人が知らなかったです。

セカンドバック

いつでもどこでもいっしょに連れて歩いています。お財布からはじまり全ての個人情報が入っています。