法務事務所経営(司法書士・行政書士)/ 不動産会社経営 福田亮
ふくだりょう

福田亮

東京都生まれA型
職業:法務事務所経営(司法書士・行政書士)/ 不動産会社経営
趣味:運動、映画・DVD鑑賞、TVゲーム、グルメ等
座右の銘:望むなら、動け

中学校受験をし、都内の中高一貫校(男子校)に入学。
環境の変化が原因で体調を崩し、高校2年時に自主退学。残りの1年で通信制高校を卒業。
将来に悩みつつ就職と退職を繰り返すこと2年間。雇われないで生きていくことを決意する。
『生き方』優先の人生を送ろうと決心し、20歳の夏に資格試験の勉強をスタートする。
宅建士・行政書士・司法書士と立て続けに難関資格を取得し、25歳時の平成20年9月にふくだ総合法務事務所を設立。その後平成28年にリーガル不動産株式会社を設立。
現在は債務整理・各種登記・成年後見・未収金回収・不動産仲介等幅広く業務を展開している。
中でも得意なのは不動産がからむ債務整理案件の解決である。
なお、貸金業者から回収した過払金の累計額は12億6800万円にのぼる。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

自分の将来の道を真剣に考えた時、雇われるのではなく、自分の力で生きていく結論に達しました。あと、子供の頃から、人に頼られるのが好き(今でもそうです)な性格なんです。人に頼ってもらえて、それを生活の糧にできることに魅力を感じ、結果、法律家(司法書士)になって開業する道を選びました。数年前には不動産会社も立ち上げましたが、これは依頼人からの要望が多かったからです。『依頼人に最大限の成果を提供する』を信念に、業務を行っています。現在までに累計14億円以上もの過払金を貸金業者から回収しているのも、上記信念の賜物であると自負しております。

現在の仕事への想い

何とか資格をとり、現在は多岐に渡る司法書士業務と不動産の売買仲介を中心に仕事をさせていただいております。資格をとる際に決めた、『生き方や信念を優先した生活』を送れていると思います。これはうちに依頼してくれる方のおかげなので、依頼人の方々には本当に感謝しております。ただ、欲も出てきまして、今後は自分(事務所)の価値や魅力を高めて、「ふくだ事務所に依頼したい!」「この依頼をきっかけに、ふくだ事務所と関わっていきたい!」と思われるようになっていきたいですね。今の仕事を始めるときに「依頼人の方に最大限の成果を提供する」というのを事務所の信念にしました。今の仕事は一生続けるつもりですが、この信念をずっと守っていけるようにしたいです。

あなたにとって覚悟とは

今思うと、サラリーマンになるのをやめようと考えて、泥水すすってでも自分で仕事をしていこうと決めた時が覚悟だったんでしょうね。その覚悟があったから、合格率3%の難関といわれる資格を取得できて、今まで10年以上事務所を継続出来ているんだと思います。あと、小さい覚悟といえば、依頼を受ける時の覚悟ですよね。事務所を開業した際の「依頼人に最大限の成果を提供する」という信念、これを目の前の方に提供できるか?毎回依頼を受ける前に自問します。そこで、「よし、依頼を受けよう!」って覚悟を決めて受任しています。

カッコイイ大人とは?

重複しますが、『自分の信念や生き方を貫いて生きてる人』がカッコイイと思います。別に成功していなくても、お金持ちじゃなくてもいいですよ。俗世間から離れて仙人みたいな生活している人とかも「カッコイイ!」って思いますよ。ただ、決められたルール、まあ法律とか守るのは当然ですけど、人を騙したり、弱みに付け込むような人はダメですよね。それは本当にかっこ悪い大人だと思います。あと、大人であればきちんと責任をとることも大事ですよね。

今後の展望

もっとたくさんの人の悩みを解決して、依頼人や社会に貢献していきたいですね。その為には日々の仕事をしっかりやるのはもちろん、何よりうちの事務所や会社に依頼をしていただく、うちを選んでもらう必要がある訳です。その為に必要なのは自分の価値をどんどん上げて、それをアピールしていくことが必要だと思っています。もっと勉強して、実務能力を磨くことも必要ですし、「福田っていうちょっと面白い司法書士がいる」って認知してもらう必要があります。その為の活動に今後力を入れていきたいと思っています。

若者へのメッセージ

目の前の依頼人の悩みを解決すること、そうすれば依頼人本人が幸せになり、その家族も幸せになります。それを繰り返すことによって、やがて地域が、国が良くなっていくのでは?と考えています。自分ができることを全力でやって、依頼をしてくれた人を幸せにすることだと思います。あと、最近、自分がかつてどうしようもないニートだったことをいかせないか?と考えています。私はニートを丸3年間も経験して、今はこうやって人前でお話しできるようになった訳ですけど、世の中の中にはニートのままで何十年いってしまう方も多いじゃないですか?そういう人に自分の経験とか立ち直り方をアドバイスすることで、社会に貢献することができるかも知れないと思っています。
いつか、ニート問題の解決には関与していきたいと思ってます。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

パラリンピック競泳金メダリスト 河合純一

パラリンピック競泳金メダリスト
河合純一

書道家 武田双雲

書道家
武田双雲

構成作家 今浪祐介

構成作家
今浪祐介

お気に入り

司法書士手帳

1年に一度、所属団体から支給される手帳です。私の予定はこれに全て記載されます。もう10冊以上になりますが、全て保存しております。たまに過去の手帳を見返し、開業当時の初心を忘れないように心がけています。

携帯電話、スマートフォン

ガラケーとスマートフォン、常に2台持ち歩いています。ガラケーは通話と簡単なメール用、スマートフォンはネット検索とデータのやり取り用と、2台を使い分けています。夜間や土日祝日は転送で依頼人の連絡を受けているため、常に手放せない存在です。筋トレの最中もパーソナルトレーナーに預けて、鳴ったらすぐ渡してもらって、出るようにしています(笑)。