覚悟の瞬間(とき)

株式会社逸材は君だ 代表取締役 酒井翔平
さかいしょうへい

酒井翔平

埼玉県生まれA型
職業:株式会社逸材は君だ 代表取締役
趣味:テニス、映画鑑賞、読書、美味しい飲食店を開拓すること
座右の銘:知識こそ人を変え、誰もが無限の可能性をもつ

1994年生まれ。埼玉県出身の24歳。慶應義塾大学経済学部を2018年3月に卒業。在学中の20歳の時から起業し2017年7月に若い世代向けに無料で研修を行い転職を支援する株式会社逸材は君だを設立。現在は慶應義塾大学や東京工業大学で講演をおこなったり、映画のスポンサーとしても2作品と関わり、さらに2018年6月にはテレビ出演をするなど活躍の幅を広げている。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

現在は転職したい方や仕事で悩まれてる方向けに無料でウェブマーケティングの研修を行なって、スキルアップした状態で今よりもいい会社に紹介するサポートをやっているのですが、もともと僕はウェブマーケティングというのを学んでからものすごく人生が変わりました。単純に自分でお金を稼げるようになるくらい仕事ができるようになったのもそうですが、プライベートも充実する事で人生そのものが豊かになりました。それはなぜかというとウェブマーケを学ぶとお客様がどうやったら満足してくれるのか?商品を好きになってくれるか?信頼してくれるか?など顧客心理を常に考えて自然とコミュニケーション能力が上がります。僕は人と話すがの苦手な人間でしたが学びを経て自信をつけて今は様々な人と絡むのが楽しいです。なので僕は運よくそのスキルと出会い学ぶことができましたがこれは日本全国誰もが学んでメリットしかないスキルだと思うので、もっとこの事実を色んな方々に知っていただきたいというのがあります。

現在の仕事への想い

今弊社でやってる事業は仕事で悩んでる人にとっても企業にとっても社会全体にとってもいい事ばかりだと思っています。ウェブマーケティングを学べば仕事にも有利ですし人間関係も良くなるので人生全体で見た時にいい事づくしです。また企業にとっても現状いいもの、面白いものはたくさんあれどウェブを活用して広める人間が全くいないので、宝の持ち腐れになってしまっててポテンシャルが十分に発揮されてない企業を多数見てきました。さらには例え良くないものでもウェブに強くて広める人間がいるだけで多くの人に広まってしまうということがあるので、これはあってはならないことだと思います。なので僕はウェブに強い人材を育てて人がワクワクするものや喜ぶものが日本中、そして世界中に広まるようにすれば日本の国力も上がり、働く人の環境もそれに応じてどんどん良くなるような社会を目指しています。

あなたにとって覚悟とは

僕が大学1年の夏に起業するときは今思えば自分の人生を左右するターニングポイントだったと思います。起業する前はとにかく暇で退屈でつまらない人生を送っていました。何をするにしても熱中することができず消化不良の毎日が続いていました。このままだと大学の4年間で時間が大量に余ってるにも関わらず特に何もすることなく時間を浪費して成長することなく卒業を迎えてしまうのではという漠然とした危機感がありました。ただそんな危機感はあれど何をすればいいかわからないという時に出会ったのが起業という選択肢です。正直起業なんてしたいと思ったことは1度もありませんでした。でも実際に起業されてる方の話が面白かったり自分もその世界を見てみたいという気持ちは当時計り知れませんでした。当然起業するなんて最初は何が起こるかわからなくて怖かったですが、僕は退屈な毎日に戻る方がもっと怖いと思ったので勢いで起業の道に進むことにしました。僕にとってこの覚悟があって上手くいったからこそ道に迷うことがあったとしても現状維持より成長を選んで突き進むことがベストだと判断できるようになりました。

カッコイイ大人とは?

カッコいい大人とは常に学び続ける人に僕は憧れますし、自分もそうありたいと思ってます。年を重ねると人はだんだん考え方が固定化されて新しい発想を受け付けなくなったりして身動きがとれなくなってしまう場合が多いです。ただ僕の周りにいるカッコよくて尊敬する大人は常に感覚が若くて新しいことにチャレンジして、例え年下からであろうが、貪欲に学んでなおかつ謙虚で余裕ある方が多いです。僕は魅力的な人の条件として常に進化してるというのが当てはまるのではと思います。色んな経験をしてたくさんインプットして、それを周りの人に楽しそうに毎回違った面白い話が出来る人って周りの人から常に尊敬されて慕われます。そして周りにいる人は刺激を受けて成長をどんどんしていきます。そうやって周りにいい影響力を持つ人は本人も楽しくて周りも楽しませることができるので、みんな幸せになって最高かなと思います。

今後に向かって

今は残念ながらマーケティングという言葉に対して知ってはいるけども何やってるかよくわからないし価値を感じてる人が非常に少ないです。ですが人がマーケティングを学んだときに得られる効果は計り知れません。僕自身マーケティングを学んで大きく人生が変わった1人なので、まずはマーケティングそのもの自体の価値を日本全体で底上げできるくらいの影響力を僕は持たなければならないと思っています。現状、仕事に不満はあるけれど何をやればいいかわからない人や売上を伸ばそうにも効率的な手段が思いつかない企業が多いので、そういったときに新たな選択肢としてウェブマーケティングを学ぶということが当たり前になるような社会を作りたいですし、1人でも多くの色んな方々の人生をより良くするきっかけに僕が少しでも力をサポートできるような存在になりたいと思っています。

若者へのメッセージ

僕は今でこそ事業をおこして経営者として自分がやりたいことを実現させようと邁進していますが、昔は何も夢などなく毎日が暇で退屈で将来に希望などありませんでした。そんな状況で不安や諦めとかはありましたが、ただそれでもやりたいことを見つけたいという気持ちを捨てないで何でも若いうちにとにかく経験したのは良かったかなと思います。まだやりたいことがないという人が多いかと思うのですが、それは別にしょうがないと思います。だってまだ何も経験してないことばかりでそこから自分の好きなことを選ぶのは至難の技です。だからこそ何をやるべきかというととにかく何でもいいから無駄だと思ってしまうようなことでもとにかくチャレンジして経験し続けて自分の世界を広げることが全てだと思います。僕も起業なんて最初からしたかったわけではないですが、気づいたらやってて楽しくなり意外にも自分にあってるんだなと気づかされました。世の中やってみないことばかりなので失敗することはすごくいいことです。1番良くないのは何も挑戦しないことなのでそれだけは絶対に気をつけてください。特に若いうちだと時間が無限にあると思ってしまうものなので、危機感を持って日々行動することが大事だと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

漫画家 倉田真由美

漫画家
倉田真由美

腹話術師 いっこく堂

腹話術師
いっこく堂

映画監督 井筒和幸

映画監督
井筒和幸

お気に入り

時計

僕が起業するきっかけになった恩師から今年の誕生日に頂いた時計。これまでちゃんとした時計を身につけていなかったので大切に扱っています。

MacBook Air

仕事する上で必要不可欠なもので、もう3年以上は使っています。これは起業してからずっと愛用してるもので相棒のような存在です。