ハコデザインプランニング 代表取締役 久下立身
くげたつみ

久下立身

滋賀県生まれB型
職業:ハコデザインプランニング 代表取締役
趣味:マリンスポーツ、ゴルフ、旅行
座右の銘:石の上にも3年

大阪の大学を経て、地元工務店へ入社、その後、不動産会社への転職を経て、再度、地元工務店へ復帰し、独立。現在は、建築設計事務所の経営を軸として、他業種との人脈を活かしてワンストップサービスを掲げるトータルプロデューサーとして活躍。メディア出演は、雑誌「Anchor 令和3年4月号」、「2021年度版 今の大ヒットはこれだ!!」等多数。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

アルバイトとして材木店で働き始めたことがきっかけで、建築業界に入りました。大工の丁稚奉公のような形で修業させていただき、住宅ができあがっていく様子、お客様に喜んでもらえるやりがいを感じました。最初、地元の中堅工務店に入社し、現場監督で建築の知識を学びました。その後、別荘販売の不動産会社へ転職し、営業のノウハウ、住宅ローンや税金の知識等を学んだ後、地元工務店へ復帰しました。復帰後は、営業職として、7年間、トップセールスとして活躍しました。独立開業当初は、住宅リフォームなども手がけましたが、テナント改装に関わり、新規開業のお手伝いをしていく中で、現在のビジネスモデルが作られていきました。

現在の仕事への想い

弊社にご依頼をいただくお客様は、これからお店をオープンしようというお客様ですが、その中でも、初めてお店を出す方がほとんどです。お客様にとっては、人生を賭けた一大プロジェクトであり、店舗の設計、デザインは、お店の運命を担っているといっても過言はありません。そのようなお客様の立場にたち、常に最高の仕事をしようと日々取り組んでいます。お客様の立場に立ち、そのお店の成功をイメージし、形にしていくこと、さらにお客様の想像を超えるデザインを提供し、お客様に驚きや感動、弊社に頼んで良かったと思っていただくこと、それが当たり前になるように日々努力し、成長していきたいと思っています。

あなたにとって覚悟とは

まず最初の覚悟は独立したときです。独立して仕事があるのか、お客様が弊社を選んでくれるか、また、お客様の一生に一回の大きな買い物に自分の仕事が関わること、不安がいっぱいでした。お客様にとってお店をオープンするというのは、お客様の人生を賭けた一大イベント、お客様の人生のターニングポイントに立ち会っている瞬間です。そのような大事な場面で満足して頂けるサービスを提供していかなくてはなりません。もう後戻りはできないという覚悟を持って、この仕事に取り組んでいます。

カッコイイ大人とは?

カッコイイ大人というのは、時間を有意義に使い、仕事もプライベートも充実しています。また、カッコつけずに、ありのままの経験値や考え方、色々な物事に対するストーリーをオープンに話せる大人だと思います。例えば、自分の失敗談やマイナスに感じたようなことでも、そこから得た経験や自分が感じたことをプラス思考で捉えられる人、そのことを自然に当たり前のことのように話せる人がカッコイイと思います。最後に、自分の考えや発言に一本の芯が通っている人、自分の決断に対して決して言い訳せず、躊躇せずに全責任を背負える、そのような大人がカッコイイと思います。

今後の展望

ハコデザインプランニングのブランディングを強化し、「テナント改装ならハコデザイン」と思っていただけるようになりたいと思います。そして、弊社と関わったお客様のお店が10年後、20年後も繁盛し、地域の看板店になって、地域活性の中心となっていただくこと。社員を増やし、仲間を増やし、イキイキとやりがいを持って仕事を続けていくことが目標です。営業売上を現在の10倍に伸ばし、社員や仲間、その家族が幸せになれる会社を目指していきます。

若者へのメッセージ

まず、最初に言いたいことは、夢は大きく持っていただきたいです。それは、今の自分にとっては無謀だと思えるものでもかまいません。次にその夢に向かって、目標を立てますが、もちろん最初から大きな目標を立てると諦め、挫折を繰り返すことになります。目標は、小さい目標、例えば、1件のセールスを成約させること、それだけでも最初は難しい目標です。経験を積むごとにその目標は少しずつ大きくなっていくはずです。くじけそうになることがあるかもしれませんが、その壁をどうすれば超えることができるのか、他に考えられる道はないか、人に意見を聞いても構いません。必死に考える、絶対にあきらめない、自分を信じる、それが大切だと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

千葉県知事 森田健作

千葉県知事
森田健作

元プロ野球選手 入来祐作

元プロ野球選手
入来祐作

北関東循環器病院 院長 南和友

北関東循環器病院 院長
南和友

お気に入り

ボールペン

7年前に他界した父親の形見で、仕事に行き詰ったときに使用すると、アイデアが出てきます。

電卓

起業から使用している電卓です。この電卓を使うと、商談がスムーズに進みます。