覚悟の瞬間(とき)

株式会社ハウスゲート不動産売却センター 代表取締役 武本啓司
たけもとけいじ

武本啓司

大阪府生まれA型
職業:株式会社ハウスゲート不動産売却センター 代表取締役
趣味:ゴルフ
座右の銘:有言実行

大阪工業大学高等学校卒業。24歳の時に不動産業に入社。不動産仲介をメインに不動産業を経験。後に宅地建物取引士・空き家相談士の資格取得。2016年独立。売主様の売却物件を預かり、仲介販売を中心に活動。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

元々、建築業に勤めており、時代の流れにより仕事が少なくなってきたところ、転職を考えました。その際に今までの経験を活かせる業種が良いと考え、不動産業を選択しました。

現在の仕事への想い

小さな約束から守ることです。口先だけで人と話すのが苦手なので、真摯に人と向き合いたいと思い、常に心掛けております。売主様からすると所有不動産は大きな財産で有り、その大事な部分を仕事として委託される訳ですから、大きなことを適当な意思で伝えたくはありません。心から通じるお客様との仕事は気持ちの良いものと感じております。

あなたにとって覚悟とは

正直、深く意識して行動している訳では有りません。ただ守ろうとすると行動が小さくなるイメージが強く有り、今の瞬間を納得いく行動をと思い、勤めていた考え方が、今の独立に繋がっていると思います。

カッコイイ大人とは?

自分自身の考えを持ち、その考えを行動に移し、結果を求めている方です。部下の時代に大柄な態度で指示だけ出す、口だけで意識と行動は全く見えてこない理不尽な上司を多く見てきました。良い結果は上司、悪い結果は部下のせいと都合良い上司ばかりでした。そのような上司の反面教師的な思いがそうさせたのかもしれません。

今後に向かって

今の瞬間を笑える時間で過ごすことです。お金や売上細かい事はたくさんあるのでしょうが、過去を振り返ってみても今の瞬間の自分自身を楽しめていたように感じます。色々な思いを持ち過ごす瞬間はあったのですが、振り返ってみれば全てが思い出となっております。語れる思い出は良い思い出なのかともと思っています。不安なども多いですが笑える毎日を過ごせるようにするのが目標です。

若者へのメッセージ

1か100か、損か得か、意味があるのか、無いのか。などなど自分に都合の良い答えだけを求める方が多いように感じます。過去の自分自身が今の自分を作っており、今の自分は将来の自分を作っております。この瞬間に答えが出る事など無く、やり遂げる力が自分自身を育てるのでは無いかと思います。今置かれている自分自身の立場を楽しんで納得のいく気持ちになれるよう瞬間を楽しんで行けば、自ずと目的に近づいていけるのではないかと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

フランス料理人 坂井宏行

フランス料理人
坂井宏行

シンガーソングライター 嘉門達夫

シンガーソングライター
嘉門達夫

岡山大学臓器移植医療センター 教授 大藤剛宏

岡山大学臓器移植医療センター 教授
大藤剛宏

お気に入り

ボールペン

高い商品を扱う仕事という事で大分昔になりますが、プレゼントで頂いたボールペンを未だに愛用しております。

手帖

今まではスマートフォンでスケジュール管理していたのですが、アナログに昨年戻しました。荷物はかさばるのですが、手帖の方が内容把握には便利です。