覚悟の瞬間(とき)

iROHA 代表取締役 石川拓磨
いしかわたくま

石川拓磨

東京都生まれA型
職業:iROHA 代表取締役
趣味:映画、外食
座右の銘:毎日に気付きを

20代前半は保育園と製薬会社で勤務。某大手オーディションを経て、ボーカルユニットSONORITYとして全国デビュー。その後は、富山県、石川県を中心にタレント活動や作詞、作曲等のプロデュース活動を行う。2022年6月、iROHA株式会社を設立し、現在は自身もメディアに出演しながら、北陸地方のエンタメ制作に力を入れ実業を展開中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

25歳くらいから、自身の芸能活動のために動画やデザイン、音楽制作を独学で学び始めました。はじめは自分のために身につけた能力でしたが、いつしか他人のために作りたいと思うようになり、知っている会社のパーティーの動画をプレゼントしたり、勝手にCDジャケットをデザインしてプレゼントしたり、そんなことをしているうちに、いつしか謝礼を頂戴するようになり、それがどんどん増えていって仕事として成り立っていったという感じです。独立しようと思ってしたというよりは、気付いたらこうなっていた、というところです。

現在の仕事への想い

レスポンスの速さと、相手の意図を読み取ることを常に意識しています。制作物は、熱しやすく冷めやすかったりするので、クライアントの作りたいタイミングで、作りたいものを作れるようにイメージを広く、柔軟に持って取り組んでいます。もう一つは、住んでいる地域の特性や県民性を少し意識していくことです。僕は、北陸地方に住んでいるのもあり、ここはかなり重要視しています。高いクリエイティブよりも、親しみやレスポンスの速さを求めているクライアントがいらっしゃったり、全く違う角度を大事にしている方もいらっしゃいます。地方だから、というわけではないですが、多くの件で制作をしていて、その県の特性的なものは多かれ少なかれあると思っているので、それを無視しないようにアンテナを張っています。とにかく、相手ありきの仕事なので、少しでも相手の気持ちになり、その中で自社のエッセンス入れていけたらなとは、常に思っています。

あなたにとって覚悟とは

「やらない覚悟」何かをしたいと思ったり、挑戦しようと思うことが大事なのは10代の頃から感じてきていたので、覚悟=踏み出すこと、とは思っておらず。今はやるべきじゃないな、と判断し我慢して温存したり、時を読んで先送りするのも一つの我慢な気がしてます。「10年後もやる覚悟」反面、何かを踏み出すとしたら、10年間続けられることでなければやるべきではないと考えてます。例えば、今日から絶対遅刻しないでおこう、と決めたら10年後も守っているべきだと思うので、そこに観点をおいて、覚悟と感じてます。

カッコイイ大人とは?

人を残せる人間です。お金や時間を持っている人は、ある程度見てきたつもりです。ただ、その中でリスペクトしている人の共通点は、「いい人」を残しているイメージです。「いい人」の定義は、仕事ができる人、だけではなく、いい奥様やおこさま、友人など、広い範囲で、どこを持って「いい」とするかは、本人がとても幸せそうであり、周りにも愛されている人ですかね。そこは、少し感覚的です。

今後の展望

自分の会社にしかできないエンターテイメントを作っていきたいし、次の世代がそれを真似して更に大きなエンターテイメントを作ってほしい。漠然としてますが、北陸地方では一番と呼ばれるくらい、華やかかつ、想いやりが詰まったエンタメの会社になればなと思っています。当然、抽象的なことだけではなく、企業規模としても同業他社が追いつけないほどの売上市場を作っていけるよう日々精進していきたいと思っています。

若者へのメッセージ

やりたいことを見つけなさい!みたい言葉は若者にしたら重いのかなと感じていまして、自分が好きなことに気付いてほしいなとは感じます。例えば、「気が付いたらもう何年もサッカーをやっているなぁ」とか、「自分っていつもこの音楽聴いてるなぁ」とか、無意識に自分が夢中になったり、好きになっているものが結構あったりします。それに気付くことで、自分に向いていることが分かったり、新しい夢が見つかったりします。それがない人は、とにかくパワーがある人に会い続けてほしいですね。パワーがある人は自分にきっかけをくれたり、全く違う角度で自分を評価してくれたりするので、必ず自分の未来の力になってくれます。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元パラリンピック車椅子バスケット選手 京谷和幸

元パラリンピック車椅子バスケット選手
京谷和幸

元サッカー選手 釜本邦茂

元サッカー選手
釜本邦茂

脳科学者 澤口俊之

脳科学者
澤口俊之

お気に入り

パソコン

一日の中で何より一緒にいるものであり、自分が作り上げてきたものや、やってきたことが全て詰まっているものです。

香水

動物ではないですけど、いい匂いでいると、いい人が寄ってきてくれそうな気がしています。節度の範囲内でつければ、第一印象が良くなる気がするので常に持ち歩いています。