覚悟の瞬間(とき)

衆議院議員 柴山昌彦
しばやままさひこ

柴山昌彦

愛知県生まれA型
職業:衆議院議員
趣味:空手(和道流二段)、カラオケ、星を見ること、映画鑑賞
座右の銘:正直者がバカをみるのはまっぴらゴメン

東大法学部卒業後、住友不動産に勤務、その後司法試験に挑戦。1998年に合格し、企業法務等での弁護士活動を経て、2004年衆院埼玉8区補選に立候補するにあたり、自民党が始めて取り組んだ全国公募に応募して、81人の中から新人候補に選ばれ初当選。外務大臣政務官等を経て、現在3期目。

オフィシャルサイト オフィシャルブログ

来歴

1 2 3 4 5

幼少~学生時代

子どものころから、いろいろなことに興味を持ち、「追求」することが好きなタイプでした。幼稚園の時のあだ名は『学者』。幼稚園の先生を質問攻めにして、困らせてしまったこともありましたね。当時、流行っていたヒーローものを見て、子どもながらに小さな正義を感じていました。もしかすると、私の正義感の根本はこの時に培われたのかもしれません。大学の時は実は歌手を目指していました。叶わぬ夢に終わってしまいましたが・・・(笑)

政治家の道へ進んだきっかけ

大学を卒業した後は大手不動産会社に入社をしたのですが、法曹界への気持ちを断ち切れず司法試験に挑戦することになりました。退社から7年後、念願だった司法試験に合格し、事務所に所属するようになりました。地元で弁護士として働いている時に、地元の選挙区から選ばれた議員が公職選挙法違反で逮捕をされ、辞職するという出来事があったんです。当時の幹事長・安倍晋三氏は自民党初の全国公募を行うことを発表しました。この時に「自分しかいない!」と稲妻のような衝撃が走ったことを覚えています。これが政界の扉を開いたきっかけです。

ターニングポイント

全国公募に立候補したものの、自民党議員の不祥事であることやまったくの新人であることから、世論調査では戦況は劣勢と予想されていました。しかしながら、当時イラク戦争下で起きたイラク日本人人質事件の電撃開放という最良の結果を受けて、私には追い風が吹いたのでした。所沢市で行われた小泉首相(当時)の街頭応援演説には10000人の人々が押し寄せました。劣勢と予想されていた中で、2004年初当選を果たせた背景にはさまざまな幸運な要因も存在したのだと今振り返って感じています。

覚悟の瞬間

会社を辞め、司法浪人をしていたころの出来事です。ある友人から一冊の本をプレゼントされました。その本に書かれていた言葉は今でも強く印象に残っています。「チャンスはタクシーのようなもの。今行き過ぎたのが最後の一台。」この言葉を知って、本当に何か決めなければいけない時には、一歩果敢に踏み出して決断しなければいけない、と強く思うようになりました。その決断を逃してしまったとしたら、後で取り返すことはできません。覚悟の正しさを裏付けるのは経験や熟考だと思います。しかしながら、最終的に覚悟を決める時にはインスピレーションが重要になってくると思うんです。直感を信じて、これからも覚悟を持ち続けていきたいですね。

今後の目標

政治家というのは利権とのつながり・相対する情勢のバランスを取る調整役というように認識されがちですが、私の政治家としてのスタンスはそれとは異なると思っています。あくまで現場の声の代弁者であることを忘れてはなりません。自分の信念を加味し、法律や政治をダイナミックに変えていく・・・。そういう政治をこれからも追求していきたいと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ロダン21 代表 品川隆幸

ロダン21 代表
品川隆幸

総合格闘家 所英男

総合格闘家
所英男

海洋冒険家 白石康次郎

海洋冒険家
白石康次郎

お気に入り

かばん

車に乗らずにバック1つで走り回っている政治家といえば私だと思います。それくらいバックは必需品でなくてはならないものです。

電子翻訳機

外国人の方とのコミュニケーションの際に使っています。やはり同じ言語を使うほうがコミュニケーションが円滑になります。5年ほど前から使用しています。