覚悟の瞬間(とき)

作家 竹田恒泰
たけだつねやす

竹田恒泰

東京都生まれA型
職業:作家
趣味:
座右の銘:敷島の大和心の雄々しさは

1975年、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。 慶応義塾大学法学部法律学科卒業。専門は、憲法学・史学。作家であり、また慶応義塾 大学法学研究科講師(憲法学)として、「特殊憲法学(天皇と憲法)」を教えている。 また、未来を担う若者に真実の日本を教える「竹田研究会」という会員制の勉強会を展開している。会員数は、日本全国で6,000人以上。(2012年現在)

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5

幼少~学生時代

明治天皇の玄孫と言われるように旧皇族の家庭に生まれた訳ですが、私自身は日常の生活において「私は旧皇族の出身者だ」といった態度を取った事は一度もありません。皇室を守るために国益になると判断した場合に、話題を使用する事はありますが、私自身は民間人として育っていますので、特別な事はありません。それでもやはり菊の紋を背負っている、もしくは日の丸を背負っているという意識はしています。箸の上げ下げ、靴のそろえ方など身の回りの事に関して、子どもの頃、父母や祖父母の教育は大変厳しかった事を覚えています。

現在の道へ進んだきっかけ

学生時代から会社を経営していました。イラク戦争が始まる直前、バグダットへ行く機会があり、その時に友人50名を失いました。その経験があって、自分の会社がどうなるか、自分の地位がどうなるかといった事がものすごく小さな事だと思うようになりました。また、大学生の時に中国にて、たまたま乗車したバスが正面衝突事故を起こして、5名の方が亡くなりました。たまたま私は後方の座席でしたので生きていましたが、もしそれが前方の座席であったら亡くなっていたかもしれません。その時に生きているという事がどれだけ幸せなのか、どういう価値があるのか、そこから自分の心の中に「公」という意識が芽生えました。そこで、せっかく日本人に生まれたのだから、日本の国の為に生きてみようと思い、会社経営を全て辞めました。「ペンは剣よりも強し」という言葉がありますが、次に進む道を言論に決め、どこまでいけるかやってみようと決意しました。

覚悟の瞬間

最初に本を出版するタイミングは、私にとって相当な覚悟の瞬間でした。内容がほぼ書き終わった頃、「私の発言自体が皇族の統一見解にもとられかねない」という意見があり、出版できないところまで追いつめられました。意気消沈した私は伊勢の神宮と神武天皇の御陵に向かいました。祈りを捧げ念じた瞬間、ものすごい数の烏がすごい勢いで羽ばたいたことを覚えています。その時に神武天皇を大和の地に導いたのは八咫烏だったことを思い出しました。この出来事に力をいただき、瀬島氏に改めて手紙を送ったところ、出版の後押しをしていただけることとなりました。あの烏が飛び立っていなければ、今日の自分はなかったかもしれません。

今後の目標

私がテレビに出てコメントする時、活躍する時は、皇室の危機や日本の危機であると考えています。私が「こういう本を書かなきゃ!」という気持ちになったり、活躍したりしないような日本であり続けることを祈っています。

日本のアカルイ未来のために

教科書には書いていないので知らない方も多いのですが、日本という国は建国から2000年以上の時が経っています。世界192カ国もの国家がありますが、現存する国家の中で最も古い歴史を持つのは日本なのです。私たちが日本人として生まれてきたことはすごいことなんだと、今一度考えていただきたいと思います。日本は本当に良い国だと思います。若い世代の皆さんが、日本人である事の誇りを持って、真っ当な日本人として営みをするのであれば、日本の将来は前途洋々たるものがあると信じています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

レーシングドライバー 佐藤琢磨

レーシングドライバー
佐藤琢磨

ボーカリスト 宇都宮隆

ボーカリスト
宇都宮隆

三味線演奏者 吉田良一郎

三味線演奏者
吉田良一郎

お気に入り

万年筆

太い万年筆と細い万年筆を2本持ち歩いています。万年筆はメンテナンスを施す必要がある等、手間がかかりますが、その手間を必要とする事を良しとする事を楽しんでいます。この一見無駄なものを楽しむという考え方は、環境学にも通じており、日本人ならではの奥ゆかしさや風情を楽しむ文化にも通じているように思います。

財布

山梨県にて武士の甲冑を作る技術で作られており、漆で模様を入れる事で丈夫な生地になっているお財布です。お金さんに気持ちよく入ってきてもらうために、1年に1度新調しています。大切なものを入れるものですので、敬意をはらい大切に使用し、若い世代の方へお譲りしています。