覚悟の瞬間(とき)

プロライフセーバー 飯沼誠司
いいぬませいじ

飯沼誠司

東京都生まれA型
職業:プロライフセーバー
趣味:サーフィン、スキューバダイビング、自転車、写真、絵画
座右の銘:今を生きる

日本人初のプロライフセーバー。タレント・モデルとしても活躍。全日本選手権アイアンマンレース5連覇という偉業を達成。1998年全米ライフガード選手権5位入賞、2010年世界選手権銀メダル獲得など国内外のレースで数々の好成績を収める。2006年には有志と共に「館山サーフクラブ」を立ち上げ、現在も水難救助の第一線に立ち、海岸の安全と環境を保全する活動を行っている。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5

幼少~学生時代

スポーツと塾三昧の毎日でしたね。小学校では習字・数学・英語・サッカー・水泳・・・。ありとあらゆる習い事をしていた気がします。子どもなのに、毎日大忙しでした(笑)とにかく動くことが大好きでした。

ライフセービングの道へ進んだきっかけ

もともと虚弱体質で、体質改善のために始めたのが水泳でした。上達する楽しさを感じてからは、自ら両親にお願いをして強いスイミングスクールに入るようになりました。スポーツで競り合って勝つ喜びというのを感じていたので、自然と将来はスポーツに関わる仕事をしたいと思うようになりました。

ターニングポイント

中学~高校を通じて競技としての水泳の壁にぶつかった体験を経て、大学に進学をした時にライフセービングと出会うこととなります。新入部員が鑑賞する部活紹介ビデオを観て、感激したことを覚えています。素直に男性として、憧れを抱きましたね。その後大学3年次になった時、学生選手権で優勝をできた経験がライフセービング競技において大きな転機となりました。

覚悟の瞬間

ライフセービングを一度は辞めた後、また復活して日本代表を目指したときが覚悟の瞬間でした。2010年1月の出来事です。この時以来、ライフセービングに育てられた者として、ライフセービングを広めたり、支える必要があるのだと感じるようになりました。

今後の目標

ライフセーバーのアスリートとしても、まだまだ追求していきたいところはあります。また、現在海に行かない子どもたちもたくさんいる中で、海の魅力を伝えること、ライフセービングの普及・伝達が私の使命だと思っています。ライフセービングスピリッツを持って、子どもたちに将来は日本の海を、守っていってもらいたいと思っています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

アーティスト 影山ヒロノブ

アーティスト
影山ヒロノブ

参議院議員 山本一太

参議院議員
山本一太

宮内建築 棟梁 宮内寿和

宮内建築 棟梁
宮内寿和

お気に入り

カメラ

海や仲間をよく撮影していて好きになりました。

スイミングウェアセット

レースウエア、トレーニングウエアとして最高のもの。普段も必ず車やカバンにゴーグル、水着、キャップの3点セットが入っています。いつでも空いた時間に海に入ったり、プールで泳いだりしたいんですよね。