覚悟の瞬間(とき)

チルドレンセンター 代表 松田幸都枝
まつだこずえ

松田幸都枝

東京都生まれO型
職業:チルドレンセンター 代表
趣味:水泳、料理
座右の銘:笑っていること、感謝すること

豪州シドニー大学卒業。オーストラリアとコモンウェール諸国(カナダ等)における特別支援級、初等教育教員資格取得。在学中より現地の自閉症、学習障害などをもつ子どもたちを指導。欧米、豪州、日本で現地公立/私立学校・インターナショナルスクール学校にて指導をする。2008年、チルドレン・センターを創設。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5

幼少~学生時代

3歳の時に、医師に「自閉症、10歳までは生きないよ」と診断されました。1970年代の医学なので、おそらくダウン症と混同していたのかもしれません。悲観した父が「思い出作り」のため全財産をかけて海外に連れて行き、滞在先のハワイの小児科で「自閉症ではない」と言われあっさりと帰国。以後、活発になり、中学では吹奏楽、演劇部に所属。都立青山高校に進学後、きれいな女子先輩の誘いを断りきれず、水泳部に入部。最初はマネージャー希望だったが、肩幅の広さを指摘され選手に転向。タイムが一番遅い副部長となりました。大学は親に内緒で留学の準備を進め、幼稚園からの貯金で渡豪。週末は日本人観光客相手のガイドの仕事をしながら金銭的にも能力的にもかなり苦労をして、国立シドニー大学に入学、卒業。外国人というハンディはあったものの、無事国立の教員試験に合格。最初の公務員としての仕事は、男子校の臨時教員でした。

現在の道へ進んだきっかけ

自分自身が担任の先生に「救って」もらえたので、何かそうした仕事ができればいいとずっと考えていました。オーストラリアで、4年間あった実習先でも気になる児童は、発達障害を持つ児童たちでした。実際に指導を開始すると、おそらく児童の「想定外」の授業のため、子供たちの動機が向上し、それが学力につながるケースが多々あっただと思います。応用行動分析の考え方は科学的でかつ動機を上げる点、また子供が確実に成長しているのかを確認しながら指導を行うことができます。自閉症や発達しょうがいと診断をされても、子供であることには変わりなく、きちんと指導をすれば、どの子どもにも可能性があることを経験しました。自分に機会を与えてくれた人への少しでも恩返しがしたいとこの仕事を始めました。

ターニングポイント

大学に付属している「チルドレンズセンター」にて、小学2年生のトルコ人で発達障害児童を担当することになりました。英語が母国語でない、難読症、肢体に不自由がある、アスペルガーとかなりの問題児であったので、誰も担当を希望していませんでした。私が立候補するとクラスで冷笑の笑いがおこったことを覚えています。確かに英語が母国語ではない私が難読症の子供の担当などあり得ない話でしょう。初めてのセッションの際に、本をくるくる回している彼を見て、なんとか彼の世界を広げたいと思いました。2か月経過後、彼が突然私の方を見て、にやーっとしました。「I CAN READ!!」と自分で自覚した瞬間でした。彼はホームランを打った選手のように教室中を「I CAN READ!!」といって走り始めました。それは何もできないと思っていた自分とその周囲にも大きなターニングポイントとなりましたね。

覚悟の瞬間

さまざまな困難が重なり、精神的にはかなり厳しい時期にぶつかったころのことです。今後何をするべきなのか真剣に考えました。まずは自分の子どもに対して、自分の役割を果たそうと考えました。次に浮かんでくるのは温かい笑顔のスタッフ達でした。確かにスタートは大変だったものの、子供たちの成長やそれを支えるスタッフとの仕事は、夢のような時間でした。同じものはできないが、もう一度自分も勉強をし直してやはり子供たちの役に立ちたいと強く思った瞬間でした。2か月後、たった一人の会社ではあるが、「チルドレン・センター」を設立することにしました。

今後の目標

世界一のエージェンシーになることが目標です。それは担当させていただいた子どもにとって、「世界一」という意味で、その子供の能力を最大限まで発揮できるように支援する、結果をだすという意味があります。個人的には現在世界資格を取得するために、米国の大学院にて勉強を続けています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ボーカリスト 宇都宮隆

ボーカリスト
宇都宮隆

編集者 見城徹

編集者
見城徹

国立ファーム 代表 高橋がなり

国立ファーム 代表
高橋がなり

お気に入り

ボールペン

チルドレン・センターを設立したその日に、銀座・伊東屋に行き購入。ご家族とのミーティングでも、学校での行動観察でも絶対に欠かせないアイテムです。

うわばき

行動観察の際やシャドー指導の際に学校や園で着用。客用スリッパでは、万が一こどもが走ると追っかけることができないため必需品。チルドレン・センター開設直後、ある自閉症の療育機関で研修をするために購入しました。作業所にいらした女性で自閉症の方と仲良くなった際に「うわばきがとてもかっこいい」と、ほめていただきました。