覚悟の瞬間(とき)

コーチ・アイエヌジー 代表 生嶋幸子
いくしまさちこ

生嶋幸子

奈良県生まれO型
職業:コーチ・アイエヌジー 代表
趣味:旅行、映画鑑賞、マッサージ
座右の銘:どうせやるならのってやれ

1987年自動車販売会社にて営業・教育トレーナーを担当。1995年人材派遣会社にて教育部門を立ち上げ、人材ビジネスのトータルプロデュースに携わる。2002年吉本リーダーズカレッジ(現:リーダーズカレッジ)を卒業し、現在も笑いのセンスを探求中。2003年独立し、エグゼクティブコーチングやリーダー研修、講演などを中心に活躍中。国際コーチ連盟マスター認定コーチ、米国NLP協会認定NLPトレーナー(2005年)、日本コーチ協会大阪チャプター副代表、一般社団法人 i 愛NLP協会理事。2010年に「草食系男子×肉食系女子どちらが育つか?」(ファーストプレス)を出版。

オフィシャルサイト オフィシャルブログ

来歴

1 2 3 4 5

幼少~学生時代

奈良の自然豊かなところで育ったので、幼少のころは夕方まで一日中、田んぼや神社、公園で走り回って遊んでいました。春はれんげの首飾りや指輪をつくったり、つくし取りに熱中したり、四つ葉のクローバー探しに夢中になったりと、自然の中で育ちました。テレビアニメの「アタックNo1」や「エースをねらえ」の影響を受け、小学校~短大までは、バレーボール部やテニス部に所属しクラブ活動やサークル活動など、スポーツ大好き女子でした。将来こんな社会人になりたいという夢や目標は特に持っていませんでした。

現在の道へ進んだきっかけ

人材派遣会社に勤務していた1998年に、東京の知人からコーチングがアメリカから日本に入ってきたとの情報を得ました。紹介された私の反応は、「コーチングって何?」というものでした。知人の説明から人材育成の体系づけられたものがコーチングだと知りました。さらにカウンセリングなどと比較検討しているときに、営業に来ていた女性が持ってきたコーチングの記事がきっかけで、コーチングを学びはじめました。当初は、独立するつもりはなく、その当時の自分の仕事・マネジメントに活用するつもりではじめました。これがコーチングとの出会いです。コーチという天職に出会えたことにとても感謝しています。

ターニングポイント

社会勉強のつもりで1年だけ勤めようと思って入社した自動車販売会社が最初のターニングポイントです。そこで、私の生き方が変わりました。「学生時代は嫌なことから逃げられたけど、もうできないんだ。じゃあどうせやるなら、楽しくやろう」と思うようになりました。この言葉は、今も私の指針になっています。6か月の研修期間で、学生気分が抜けていない新人の私に、仕事の意味や楽しさ、働きがいややりがいを教え、気づかせてくれました。

覚悟の瞬間

新しいことをはじめる時、何かをやめる時には、いつも決断・覚悟の瞬間があります。独立する前に、人材派遣会社で約8年間勤務。当時、教育事業部の立ち上げ責任者としての任務、新規プロジェクトリーダーなどさまざまな仕事を任され、毎日終電まで働いていました。任される仕事の幅は広がり、やりたい教育事業からはどんどん離れていった2002年5月に、管理部門・社長秘書への異動が発令されました。辞令が出た時、「同じ時間を使うのなら、やりたいことをやる人生を歩もう」と退社を決断し、上司に辞表を涙ながらに提出しましたが、説得、慰留され翌2003年4月まで退社時期を延ばす決断をしたことです。留まる決意をした自分を客観的に見て、「100人いたら99人は辞める方を選ぶだろう」と思ったことを今でも鮮明に覚えています。後輩からの激励メッセージや上司の立場や職場全体の最適を考えて、留まる選択をした自分がすごいとわれながら思ったことを今も思い出します。

今後の目標

NLPコーチングを通して、個人や組織、そして社会が笑顔で、元気な「ハッピーワールド」の実現の応援を続けていきます。「人が源。すべては人からはじまる!」 そして、日々、関わる目の前の人をハッピーにしていきます。個人的には、著書『草食系男子×肉食系女子どちらが育つか?』がドラマ化されることです。私たちの職場の日常のテーマである「人を育むときの本質的な考え方と実践」をドラマで楽しく学ぶことで共有できたとしたら、社会への貢献の一つになると考えています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

講談師・人間国宝 一龍斎貞水

講談師・人間国宝
一龍斎貞水

バレーボール全日本女子監督 眞鍋政義

バレーボール全日本女子監督
眞鍋政義

プロテニスプレーヤー クルム伊達 公子

プロテニスプレーヤー
クルム伊達 公子

お気に入り

アロマスプレー

国内海外を問わず、出張のお伴です。部屋の四隅にスプレイするだけで、クリアに浄化してくれる優れものです。また、気分をリフレッシュするときにも使っています。

電子辞書

最近のお気に入りです。環境を問わずいつでもどこでも、英語や日本語、ことわざなどを、瞬時に訳してくれるので、とても重宝しています。