覚悟の瞬間(とき)

医療法人 太田整形外科クリニック 理事長 太田剛
おおたつよし

太田剛

福岡県生まれA型
職業:医療法人 太田整形外科クリニック 理事長
趣味:スポーツ観戦、読書
座右の銘:常に前向きに進む

鹿児島ラサール高校、鹿児島大学医学部を経て、九州大学医学部整形外科学教室に入局。九州大学病院、九州労災病院、福岡赤十字病院、別府小児発達医療センター、福岡市立こども病院、原三信病院勤務を経て、平成9年太田整形外科クリニックを開院。平成25年現在地に移転し、デイケアを併設。平成27年リハ特化デイサービス及び介護サポートセンターを設立した。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

幼少期から何故か医師になりたいと思っていて、小学校の卒業文集にも書いていました。そして何故かそのまま医師になり、現在に至っています。そう言えば私の父と祖父は文系だったのですが、曽祖父が医者だったらしく、母親にお医者さんになったらと言われていたような記憶もあります。そういうのもあって、何かしら憧れがあり、やり甲斐がありそうに思えたんでしょうね。現在は、自分の選択が正しかったと心から思っています。

現在の仕事への想い

医師という職業は本当にやり甲斐のある仕事だと思っています。治療がうまく行った時に患者さんが見せる笑顔は何物にも代えがたいものです。そんな中で私は昔恩師に叩き込まれた患者さんに触れるという事を大切にしています。最近は画像診断が非常に発達して、それだけでほぼ診断がつく事ももちろんあります。しかし患者さんの痛みの場所、神経や関節の所見等を診察する事によって得られる情報はたくさんあります。それに画像の結果をプラスする事によってより正確な診断が得られると思いますし、何よりも触れるという事は患者さんを診るという事、即ち人を診るという事だと思っています。ただ、そのために待ち時間が長くなっているというのは問題ですが。

あなたにとって覚悟とは

人生において特に大きな覚悟をした瞬間はないと思います。ただ節目節目に於いての決断はあったと思います。整形外科に入局した時、勤務医を辞め開業した時、移転して介護事業を開始した時、そして別の介護事業を始めた時等それぞれそれなりの覚悟は必要でした。ただそんな中で一番大きかったのは家内の支えでしたが、それ以外にも節目の所で何かと協力して下さる方達がおられて色々と助けて頂きました。本当に私は恵まれていると思います。

カッコイイ大人とは?

自分自身に確たる信念を持っている人。自分なりの目標を持ってそれに向かって努力している人。そして出来ればそれがうまく行っている人。私自身は残念ながらまだうまくいっていると言える状況ではないので、まだまだ努力を続けなければいけません。

今後に向かって

高齢化の時代になって、今後ますます医療や介護の現場の状況は厳しくなっていくと思います。そんな中で自分が出来る事を実践していく。私の診療所は無床ですので手術は出来ません。開業の際にメスという手段を捨てた代わりに手にしたのがリハビリテーションという手段です。クリニック、デイケア、リハ特化型デイサービスに於いて子供さんから年配の方までその病状に応じた適切な治療を提供していきたいと考えています。しがない町医者ではありますが、患者さんのより近くに寄り添う事そして少しでも皆様のお役に立てる事を目標に頑張って行きたいと思っています。

若者へのメッセージ

なかなか見つける事が難しい場合もあるでしょうが、まず何か夢や目標を持つ事だと思います。決して大きい事である必要はないでしょう。そしてそれを得るために努力する事。そして得られた時に、また次にやりたい事が出てくるのではないでしょうか。人生その繰り返しだと思います。それから仕事でも遊びでもメリハリをつける事。何事も中途半端にやらない事と、両立させる事が大事です。どんどん遊びなさいとは言いませんが仕事一辺倒というのも、若い頃には勿体ないです。二度と戻っては来ませんから。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

タイタン 代表 太田光代

タイタン 代表
太田光代

サンバダンサー 工藤めぐみ

サンバダンサー
工藤めぐみ

弁護士(元農林水産大臣) 山田正彦

弁護士(元農林水産大臣)
山田正彦

お気に入り

イニシャル入りキーホルダー

2、3年前に家族にプレゼントされた物で、大切な鍵を全てつけています。

国産ソーラー電池式電波腕時計

10年前に家族でインドネシア旅行に行く前に買った物です。分刻みで動く私には欠かせないアイテムです。大切に使っているのとデザインのせいか今だに新品と間違われます。