覚悟の瞬間(とき)

大江洋平法律事務所 弁護士 大江洋平
おおえようへい

大江洋平

北海道生まれO型
職業:大江洋平法律事務所 弁護士
趣味:映画鑑賞、旅行、社交ダンス
座右の銘:人生は自分が主人公の映画だ

慶應義塾大学法学部卒。大阪大学大学院修了。大江洋平法律事務所代表。主に中国に関連する法律業務を扱い、日本の枠を超えて活躍する。中国のテレビ・新聞・雑誌等にも頻繁に取り上げられている。2014年には北京の人民日報本社にて「人民日報海外版日本月刊」理事・法律顧問に任命される。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5

なぜ今の仕事に?

昔から映画が好きでした。特に大学時代は、ほぼ毎日3本くらい映画を観ていました。映画の中に登場する弁護士がとても格好よく、弁護士という職業に興味を持つようになりました。特に「評決のとき」のマシュー・マコノヒーや「カリートの道」のショーン・ペン、「誘導尋問」のジェームズ・ウッズが演じる弁護士は最高です。また、私は独立独歩型の人間で、組織に属して皆で一緒に仕事をするのが好きなタイプではないので、実力さえあれば1人でも大きな仕事ができることも弁護士の魅力でした。

現在の仕事への想い

弁護士に相談するというのは、その人にとって一生のうちで一回あるかないかの、まさに人生の一大事に直面している場合がほとんどです。そのような局面で、クライアントの望みが叶うか否かは、弁護士の腕にかかってくるといっても過言ではありません。会社・法人の場合も同じで、会社の存続・行方を左右する役割を担うこともあります。そうであるからこそ、私は「勝つ」ことにこだわり、決して妥協しません。

そう思うようになった、きっかけ

数年ほど前、ある中国人の方の裁判を担当したことがありました。私は、日本の法律家として、日本の司法制度の公平性について疑いを持ったことはありません。しかし、そのクライアントはとても不安を感じており、自分が外国人であることが判決に何らかの影響を及ぼすのではないかと心配していました。日本の司法制度の公平性を示すために、またクライアントに最大の利益をもたらすためにも、私はその訴訟に必ず勝つと決心し、実際に勝訴判決を獲得することができました。それ以来、私は常に「勝つ」ことを意識するようになりました。

あなたにとって覚悟とは

クライアントが誰であろうと、どんな立場にあろうと、一旦依頼を引き受ければ、全力を尽くしてクライアントの利益のために働くということです。弁護士という仕事柄、国と真正面から戦う場面もありますし、世間から大きなバッシングを浴びている方の弁護をすることもあります。特に私の場合、日中間で国際問題に発展する事案に中国側の立場で関わることもあります。しかし、いかなる状況でも徹頭徹尾クライアントの側に立ち、その利益を追求する。それが私の覚悟です。

今後に向かって

私ほど中国に広範な人脈を持っている弁護士はそう多くはいません。そうであるからこそ、まずは弁護士業務を通じて、日中友好や日中間のビジネスの発展に寄与していきたいと考えています。また、弁護士業務だけでなく、様々な仕事に挑戦していきたいと考えています。現在も、雑誌の編集や映画の脚本の執筆などの仕事をさせて頂いています。「弁護士とはこうあるもの」といった固定概念にとらわれず、自分らしさを大切にして、独自の世界を切り拓いていきたいですね。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

フリープロデューサー 木村政雄

フリープロデューサー
木村政雄

サンバダンサー 工藤めぐみ

サンバダンサー
工藤めぐみ

元日本弁護士連合会 会長 宇都宮健児

元日本弁護士連合会 会長
宇都宮健児

お気に入り

ボルサリーノ

ボルサリーノを愛用しています。やはり他のブランドのハットに比べ、ボルサリーノは格段にエレガントで格好いいですね。秋冬はフェルト、春夏はパナマですが、30個ぐらい持っています。

ウイスキー

お酒は毎日飲みますが、特にウイスキーが好きです。自宅はもちろん、事務所にも数本置いてあります。