覚悟の瞬間(とき)

矯正歯科専門認定医 小林英範
こばやしひでのり

小林英範

東京都生まれA型
職業:矯正歯科専門認定医
趣味:家族旅行
座右の銘:心技体

2000年日本歯科大学卒業。矯正専門医院勤務後、日本矯正歯科学会認定医取得。現在、むらおか歯科矯正歯科クリニックを含め8つの歯科クリニックで矯正治療を担当する傍ら歯科医を対象にした講演会、執筆等で活躍中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

父親が歯科関係(歯科技工士)の仕事をしており歯科という存在が短かにあったためか気付いたら歯科医師を目指していました。矯正専門医を目指した理由は単純に大学の実習で歯を削るよりワイヤーを曲げることの方が楽しかったからです。

現在の仕事への想い

自分の治療法を一方的に押し付けるのではなく同じ症例でも人それぞれ違った悩みを抱えていると思いますので患者さん個々にあった治療プランをご提案させて頂くなど患者さんのとのコミュニケーションを第一に考えています。よく話すというところから信頼関係が生まれてくると思います。

あなたにとって覚悟とは

矯正治療は1つの歯を削って詰めて終わりというわけにはいきませんので個々歯を全体的に動かし再構築して平均2年間という時間も掛かります。また人によっては悪い歯並びが全身的な問題に影響してくる場合もあります。逆に言えば矯正治療は患者さんの日常生活にも悪影響を及ぼしかねないということです。患者さんにとってはその2年という長い期間を掛けて治療は終わりではなくその後も自分の歯で50年も60年も生活していかなければならないのです。ですので人の歯を治すということはその人の人生を背負うことだと感じた瞬間です。

カッコイイ大人とは?

自分の言ったことに対して責任が持て、何に対しても余裕があり人に楽しく優しく接することのできる方だと思います。またそんな大人に憧れ私自身もどんなに忙しくてもどんなに気持ちが乗らなくてもどんなシチュエーションでも(私自身気持ちがが暗くなるようなことはほとんどありませんが)常に心の中のどこかに笑顔を持てる余裕を持つようにしています。

今後の目標

幼少期に将来の夢は?と聞かれればほとんどの子が固有名詞を答えることができると思います。ある程度年齢を重ねていくと漠然とした目標や夢などは持つことが難しく、ただ平穏な日々を時間と共に過ごすということに陥るのが怖いので自分の人生の中で常に生きるモチベーションを持つようにしています。私の生きる活力は家族がいた上での仕事です。ただ両方揃わないと私には意味のないものだと思います。プライベートが充実した上での仕事、最高です。ですので今後も矯正治療の素晴らしさを多くの患者さんに広め、家族との時間もより充実させていきたいです。

若者へのメッセージ

過去は運命、未来は可能性。自分が思っていた以上に人生ってあっという間だと思います。後悔のない人生の意味、40才を過ぎて初めてわかりました。それは自分のやりたいこと、夢があればそれを信じて突き進めば必ず叶うということです。自分の描いていた夢と全く同じではないかもしれませんがそれに携われることは必ずできます。自分を信じることから始めよう!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

文部科学大臣政務官 義家弘介

文部科学大臣政務官
義家弘介

旭山動物園元園長 小菅正夫

旭山動物園元園長
小菅正夫

順天堂大学医学部心臓血管外科教授 天野篤

順天堂大学医学部心臓血管外科教授
天野篤

お気に入り

999.9のサングラス

移動時の必需品です。いつも8つの歯科クリニックを周っているため、移動がかなりあるのですが、車移動でトンネルに入ってもレンズの色が薄いため外す必要がありませんし、軽いのでつけ続けても疲れません。

家族写真

時間に追われる忙しい毎日の中でも、家族と過ごす時間はとても大切にしています。その時間があるからこそ仕事により集中できているので、家族の存在は、仕事のモチベーションにもなっています。