覚悟の瞬間(とき)

宮島悠旗ブライトオーソドンティクス 代表、フリーランス矯正歯科医 宮島悠旗
みやじまゆうき

宮島悠旗

愛知県生まれB型
職業:宮島悠旗ブライトオーソドンティクス 代表、フリーランス矯正歯科医
趣味:バドミントン、ジョギング、様々な人と会話する、食レポ、ゲーム、旅行
座右の銘:相手を勝たせて自分も勝つ

愛知学院大学歯学部卒業。東京歯科大学病院にて研修医終了。東北大学大学院歯学研究科顎口腔矯正学分野に入局し、歯学博士、日本矯正歯科学会認定医を取得、助教として勤務。2013年独立、現在はフリーランス矯正歯科医として12件の歯科医院で矯正治療の診療を担当し、矯正治療に関する執筆・講演・監修など多方面で活躍中。著書『国際人になりたければ英語力より歯を”磨け”』(幻冬舎)

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

一番のきっかけは勿論両親とも歯科医師だったということです。さらに私の場合は幸いにも、生まれ育った自宅が両親が仕事しているみやじま歯科医院と併設していたため、幼い頃から両親が歯科医師として楽しそうに仕事している姿を目にすることができましたし、診療時間外であれば診療室で遊びながら歯科医院の器材に触れることもできたため、歯科医師という職業に当然の様に興味を持ちました。小学校の卒業アルバムにも将来の夢は「歯科医師」と迷わず書きました。両親の様に歯科医師になって患者さんを幸せにしたい、という具体的な夢を持っていたため、勉強がつらいと感じた時も頑張ろうと思い、乗り越えて行くことができました。歯科医師になってから考えたのはどの分野のスペシャリストになるか、ということでしたが、一通り病院実習で全ての分野を見て一番興味を持ったのはやはり父と同じ矯正歯科でしたので、矯正歯科医になりました。

現在の仕事への想い

医療技術が日進月歩で発展している今の時代、医科と同様に歯科も1つ1つの分野の技術がとても深くなってきているため、もはや一人の歯科医師が全ての専門分野をマスターすることは不可能な時代です。だからこそこれからの歯科治療では、歯科医師も専門性が大切になってくると考えています。「患者様にとってベストな治療の形は何か?」と考えた時、”各分野の最先端の歯科医療の技術を修得したスペシャリストの歯科医師同士が、同じ歯科医院でチーム医療を行って一人の患者様に理想的な治療を提供する”という結論に辿り着きました。ですから私は矯正歯科のスペシャリストとして、積極的に全国の色んな歯科医院で患者様にとってベストな治療を提供するチーム医療を行いたいという思いで、あえてフリーランスの矯正歯科医という働き方をしています。矯正治療の現場で大事にしていることは、患者様1人1人に対してしっかりコミュニケーションを取り、日常生活の中に潜む歯並びに悪影響を与える習慣を見逃さないこと、少しでも不安や疑問に思うことがあれば気軽に質問できる関係を築くこと、専門的な難しい事を理解しやすい表現で説明すること、そして患者様にとって最小限の努力で最大限の結果を出す治療法を提案、提供することです。

あなたにとって覚悟とは

私にとっての覚悟の瞬間は、”フリーランスの矯正歯科医”というスタイルで働こうと決めた時でした。複数の歯科医院で診療している矯正歯科医はたくさんいますが、通常はどこか1か所で常勤として働きながら数か所でバイトしているというスタイルで、完全なフリーランスとして診療しているという矯正歯科医はまず居ません。ですから、当初はこのようなスタイルで仕事として成り立つのか、という不安はありました。しかし、フリーランスとして仕事を始めて初期に契約した数件の歯科医院で、間もなく矯正治療の患者様が増えて結果が出てくると、院長先生達や業者から口コミで次々と新たな歯科医院を紹介していただいたり、ホームページに直接問い合わせをいただいたりした結果、有り難いことに現在では12件の歯科医院と契約して矯正治療を行うことができています。フリーランスとして東京・名古屋・大阪周辺で仕事してみて、矯正治療のニーズはもの凄くあるということを実感し、今ではフリーランスというのはむしろ今の時代に合ったスタイルだと確信しています。

カッコイイ大人とは?

私にとってのカッコイイ大人とは、ファッションセンスも良く清潔で健康で、普段は個性的でユーモアがあって多様性、しかし”いざ仕事”となれば、頼りになって誰にも負けないパフォーマンスを発揮する映画やドラマの主人公の様な大人です。フリーランスの矯正歯科医になろうと思ったのも、この様なカッコイイ大人のイメージを持っていたことが影響していると思います。また、常に夢を描いていて、心に懐く夢を叶えるために情熱を傾けることで、何歳になってもアクティブで若い大人に憧れていますし、自分もそういう大人でありたいと思っています。そして、年を重ねて高齢になっても”生涯現役”で、夢に向かって情熱を傾ける、そんな大人がカッコイイ大人ですし、そのような大人になることが私の長期的な目標です。もう一つ別の視点から言えば、家族に理想的な生活を提供できる、経済力と思いやりを持った大人は、カッコイイです。

今後に向かって

「歯並びは身嗜みの一環」という感覚を日本人の常識にして、日本人の歯並びに対する認識を欧米並みに高めることが、私の夢です。日本は先進国ですが、日本人の歯並びや歯の健康に関する意識は、他の先進国とは比べ物にならない程低いのが現状です。世界的に見て日本人は、お洒落で、清潔で、教養があり、約束を守り、勤勉など、基本的なイメージは良いのに、なぜ歯並びは悪いままにしているのか奇妙なのです。むしろ欧米人と対面する時、歯並びが悪いまま放置しているということによって、最初に挙げた長所を全て覆す程の悪いイメージを与えてしまう可能性があります。私は日本人ですし日本という国が好きなので、歯並びが悪いことがどれ程健康に悪影響を及ぼすか、矯正治療を受けることでどんな良いことがあるのか、という正しい情報を伝えることで矯正治療を受ける人口を増やし、日本人を世界から見てもカッコいい誇れる人種にしたいと思っています。

若者へのメッセージ

現在の学生さんは将来の自分の夢を持たずに、なんとなく進路を決めてしまっていることが多い様に思えます。自分の仕事にやりがい、充実感を持って働いている人の割合が少ないのはこのためではないでしょうか。それはとても残念なことに思えてなりません。自分の才能を活かして自分に合った仕事を見つけるためには、自分の得意不得意や自分の特徴をよく知ること、それと併せて社会の仕組みやどんな職業があるのかをよく調べることが必要です。自分にどんな才能が有るかを知る方法は、勉強、習い事、運動、アルバイトなど何でも本気でやってみるということです。”学生が勉強をする理由は自分自身を知るため”と言っても過言ではないと思います。そして、社会で活躍している色んな職業の人と積極的に会って話すことこそが、社会の仕組みと職業を知る一番の方法ですが、実際会うのが難しければ、”覚悟の瞬間”などインターネットを活用して興味を持って調べることから始めてみて下さい。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元ラグビー日本代表 大畑大介

元ラグビー日本代表
大畑大介

埼玉医科大学国際医療センター心臓血管外科 教授 新浪博士

埼玉医科大学国際医療センター心臓血管外科 教授
新浪博士

モデル 長谷川理恵

モデル
長谷川理恵

お気に入り

PRADA iPhone case 手帳タイプ

お洒落な上に、SuicaとエキスプレスカードのICカードを内ポケットに入れられるので、機能的で気に入っています。

WATERMAN ボールペン

妻がバレンタインデーのプレゼントで選んでくれた上品なボールペン。「Y.Miyajima」の名前入り。今やカルテの記載、手帳のメモなどにかかせないアイテムになっています。