覚悟の瞬間(とき)

社会医療法人財団慈泉会 相澤病院 理事長・院長 相澤孝夫
あいざわたかお

相澤孝夫

長野県生まれB型
職業:社会医療法人財団慈泉会 相澤病院 理事長・院長
趣味:クラシック音楽鑑賞、スポーツ観戦、読書(歴史小説)
座右の銘:徳の人と才の人あり、徳の人は大将の器足るべし

1973年に東京慈恵会医科大学卒業後、信州大学医学部附属病院に勤務。1981年に特定医療法人慈泉会相澤病院の副院長に就任、1994年理事長・院長に就任。2008年社会医療法人の認定を受け、社会医療法人財団慈泉会相澤病院理事長・院長として現在に至る。日本病院会副会長、全国病院経営管理学会会長等を務める。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

祖父も父も医師で病院をやってきたので、生まれた時から医師になるべきだという環境でした。その環境に生まれたのは偶然であり1つのチャンスだと思いこの道を進みました。

現在の仕事への想い

熱意を持って真摯に向き合い、天に恥じない王道を歩む。患者、患者さんの家族に与えられるのは病気を治すだけでなく夢と希望を与え美しい人生を一緒に創っていくそんな役割が医療にはあると思います。

あなたにとって覚悟とは

決意をするということ。ちょうど父が亡くなった時赤字軽々が続き、人も辞めて行きました。その時に職員をひとつにする事が出来ないかと考えたことが病院祭になります。ただ、初めはなかなか理解してもらえず大変でした。そんな時に一生懸命私の意見を尊重し手伝ってくれる職員が現れたんですね。そんなメンバーと病院を駆け回って活動をしていたら徐々に変化していきました。自分1人では凹んでしまっていたかもしれませんが、仲間に支えられたおかげで今でもなにかあると頑張れる源になっています。

カッコイイ大人とは?

公平ではなく公正を重んじ、情熱を傾けて天から授かった自らの役割に真摯に向き合い、時を失せずに行動する。正しいと思ったら決断をする人だと思います。また、決断をしたらいち早く行動に移す事だと思います。周りから何を言われても筋は通し生き様を持つ大人がかっこいいですね。今後に向かって少子高齢化社会で、社会の有り様も変わってきています。今現場で何が困っているのかを聞くと住まいと答える人が多いので街を作っていくことが大事だと思います。効果的にサービスを提供できる姿が大事だと思います。これから街づくりをしていくことが私の責務だと思いますので形にしたいなと思ってます。

今後に向かって

地域住民が安心して住み続けることのできる地域の医療介護と街づくり。また、地域から発信する医療の国際化を目指していきたいと思っております。

若者へのメッセージ

失敗はあって当たり前という割り切って情熱を持った挑戦をして欲しい。経験を智恵に変えるしたたかさを持って欲しい。前向きで明るい姿勢をどんなときでも貫く強さを持って欲しい。人生って、辛いこと悲しいこと大変なことの連続だと思いますが、楽しいことも転がってます。自分がこれだっ!と思うものを見つけて頑張ってください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

WBC世界ストロー級初代王者 井岡弘樹

WBC世界ストロー級初代王者
井岡弘樹

バレーボール全日本男子監督 植田辰哉

バレーボール全日本男子監督
植田辰哉

総合格闘家 山本 KID 徳郁

総合格闘家
山本 KID 徳郁

お気に入り

万年筆

還暦の時のプレゼント

腕時計

父の遺品